また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 51473 全員に公開 沢登り丹沢

表丹沢/布川水系 沖水沢

日程 2009年11月21日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候曇り時々晴れ(秦野市街は晴れ時々曇り)
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

県道70号/陣賀橋9:40−
9:50BOSCOキャンプ場−
10:00前水沢合流点
10:30中水沢・沖水沢二俣
10:55沖水沢2条4m滝
11:05 3段5m滝
11:35多段15m滝合流点(湧水滝)
12:35蓬平尾根(仮称)13:00
三ノ塔東尾根(仮称)下降
13:10水沢林道
13:30二ノ塔北東尾根
14:05前水沢合流点
14:10BOSCOキャンプ場
コース状況/
危険箇所等
布川水系 水沢
 ・水沢はBOSCOキャンプ場から三ノ塔へ突き上げる沢で
  南から「前水沢」「中水沢」「沖水沢」の三本が主な水系。
  その内、前水沢は出合から治山工事用の道が沢を埋めていて
  当日も工事を行っていた。(2010年2月まで工事とのこと)
  その後はどうなるのであろうか。
  また中水沢は、この水系の本流であろうが、中盤から詰めまで
  おびただしい数の堰堤が連続していて(しかも高い)
  沢登り対象の姿ではなくなってしまっている。
  現在は沖水沢のみほとんど景観を損ねることなく
  小滝の続くよい沢の姿を残している。

沖水沢
 ■遡行グレード:1級
 ■ポイント
   ・中水沢との二俣は水量比1:1だが、少し藪に囲まれ
    葉の多い時期だと沖水沢を見過ごしやすいかもしれない。
    二俣になってから少しの間、痩せた尾根を挟んで
    両沢が並行に走っているが、岩が鎮座したところで離れていく。
   ・2条4m滝−−右岸から高巻ける。
   ・3段5m滝−−下流から見ると岩に半分隠れて落ちている。
           10mほど戻って右岸から高巻ける。
   ・水源は左からの支流である多段15m滝。
    本流の右俣はここで水が涸れている。
   ・詰めは地形図に従い本流を最後近くまで詰められる。
    詰めあがると、長尾根(札掛〜三ノ塔の途中にヨモギ平がある
    気持ちの良い尾根)最後の手前に飛び出る。
    三ノ塔山頂まではすぐのところである。
 ■下降ルート
   ・一般道を使うならば表尾根を菩提峠やヤビツ峠まで。
   ・今回はBOSCOキャンプ場へ降りたかったので
    三ノ塔東尾根(蓬平尾根(仮称)の一本南側の尾根)〜水沢林道〜
    二ノ塔北東尾根を使って、前水沢と水沢の合流点に降りた。

ご注意)当ルートはバリエーションであり、沢登り技術、読図技術をマスターし、
    装備も万全を配している方向きです。
    一般登山のみの方はご遠慮いただき、同様のルートを行こうとする場合は
    ベテランと同行されるとか、必要な技術を講習等でマスターして下さい。
ファイル 20091121okimizusawa.xls (更新時刻:2009/11/20 11:56)
過去天気図(気象庁) 2009年11月の天気図 [pdf]

写真

キャンプ場内に流れ込む水沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場内に流れ込む水沢
前水沢(左の道路。埋められている。)と
水沢の合流点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前水沢(左の道路。埋められている。)と
水沢の合流点
水沢に入ってすぐの4つの小滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢に入ってすぐの4つの小滝
中水沢(手前)と沖水沢(奥)の二俣
注意していないと見過ごしそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中水沢(手前)と沖水沢(奥)の二俣
注意していないと見過ごしそう
中水沢と沖水沢は少しの間
この中間尾根を挟んで並行する
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中水沢と沖水沢は少しの間
この中間尾根を挟んで並行する
沖水沢に入ってから初めて滝らしい滝。
2条4m滝。
右岸(左側)から巻く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖水沢に入ってから初めて滝らしい滝。
2条4m滝。
右岸(左側)から巻く。
2条4m滝を高巻き途中から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条4m滝を高巻き途中から
岩に半分隠れた3段5m滝
これも右岸(左側)から高巻く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩に半分隠れた3段5m滝
これも右岸(左側)から高巻く。
その上の二俣(3:2)。
沢床から左俣が本流であろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上の二俣(3:2)。
沢床から左俣が本流であろう。
左俣に入ってからの小滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣に入ってからの小滝
先に滝が見え出した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に滝が見え出した。
その滝こそこの沢の湧水地になっているようだ。
多段15m滝。
本流ではなく左から入る支沢である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その滝こそこの沢の湧水地になっているようだ。
多段15m滝。
本流ではなく左から入る支沢である。
本流である右沢は水涸れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流である右沢は水涸れ
詰め。
尾根が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰め。
尾根が見えてきた。
三ノ塔手前で尾根に出る。
この尾根を下れば蓬平を通る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔手前で尾根に出る。
この尾根を下れば蓬平を通る。
下降は三ノ塔東尾根にとる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降は三ノ塔東尾根にとる。
中水沢の詰めが眺められる。
本当に高い堰堤が下から詰めまで連続している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中水沢の詰めが眺められる。
本当に高い堰堤が下から詰めまで連続している。
反対側を見ればヨモギ平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側を見ればヨモギ平
林道から見た中水沢の堰堤
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から見た中水沢の堰堤
水沢林道途中から二ノ塔北東尾根に入る。
出だしは平地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢林道途中から二ノ塔北東尾根に入る。
出だしは平地。
前水沢との合流点に戻ってきた。
これが沢の姿なんて・・・
(奥で工事が実施されている)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前水沢との合流点に戻ってきた。
これが沢の姿なんて・・・
(奥で工事が実施されている)
沖水沢遡行図
2009年11月21日 19:26撮影 by CanoScan 8400F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖水沢遡行図
1
訪問者数:1990人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ