また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 51938 全員に公開 沢登り丹沢

表丹沢/布川水系 藤熊川本流上部

日程 2009年11月26日(木) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ時々曇り(暖か)
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

菩提峠10:42−
10:45入渓−
10:52水沢林道−
11:004m涸棚−
12:20二ノ塔12:33−
12:40日本武尊の足跡入口12:53−
13:18菩提峠
コース状況/
危険箇所等
藤熊川本流上部

 ■藤熊川は、二ノ塔南東面とヤビツ峠からの流れを合わせ
  札掛でタライゴヤ沢と合流し、布川として宮ケ瀬湖に流れ込む。
  どれが本流なのか何ともいえないが、位置的、高度的に見て
  二ノ塔から発生する沢を本流と位置づけてみた。
  菩提峠に車を置き、少し富士見山荘方面に戻って
  最初に横切る涸れ沢から入ってみる。

 ■概要
  ・水沢方面に横切る林道までは堰堤が3つ。
   沢の名前がどこかに記載していないものか探るが
   何もなかった。
  ・林道を越え、最初の堰堤を過ぎ少しでようやく水がチョロチョロ。
   その先の二俣、支流の左俣から水は沸いているようだ。
   本流の右俣は涸れ沢。
  ・右俣に入りすぐにようやく4m涸れ棚が現れる。(教蘢度で簡単)
  ・右に傾いた植生保護柵をやり過ごすと再び二俣。
   支流である右俣の奥に4m涸れ棚があった。
   本流は左俣。
  ・滝にはカウントできないほどの簡単な棚を越すと
   左から支流が入り、その先にも左から入る沢状があるが
   これはインゼルのよう。
  ・少し登ればまた二俣。右俣には3m涸れ棚がかかっている。
   方角が似ているのでどちらが本流か迷うが、左である。
  ・石段の続く沢状は次第になくなり、二ノ塔山頂が近づくと
   仕事径や鹿径が交差している。
   一番高いところを目指せば、二ノ塔山頂ベンチに飛び出る。

日本武尊(ヤマトタケル)の足跡

 ■二ノ塔山頂から葛葉の泉方面(二ノ塔尾根)へ約7分ほど下ると
  登山道左手に白い標識が出てくる。
  右側はパラグライダーのテイクオフで山頂よりも展望がよい芝地。
  ここで一般道をはずれ、左側の踏み跡に入る。
  菩提峠まで約30分ほど。
  下り出し少しの間、尾根や沢があまり整然としない地形なので
  踏み跡の見極めを確実にしたい。
  方角的には南南東〜東南東、最後は南東。
  以前たくさんついていた標識等は入口と出口しかないが
  踏み跡は比較的明瞭。

携帯電話通話状況

 ・菩提峠 ドコモFOMA 1-2本 通話確認

ご注意)当ルートはバリエーションであり、沢登り技術、読図技術をマスターし、
    装備も万全を配している方向きです。
    一般登山のみの方はご遠慮いただき、同様のルートを行こうとする場合は
    ベテランと同行されるとか、必要な技術を講習等でマスターして下さい。
ファイル 20091126ninotousawa.xls (更新時刻:2009/11/26 00:16)
過去天気図(気象庁) 2009年11月の天気図 [pdf]

写真

菩提峠と大山
今日は最高の秋日和
2009年11月26日 10:34撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菩提峠と大山
今日は最高の秋日和
富士見山荘に少し戻って
ここから沢に入る
2009年11月26日 10:36撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見山荘に少し戻って
ここから沢に入る
林道まで3つの堰堤あり
2009年11月26日 10:41撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道まで3つの堰堤あり
水沢方面への林道が横切る
2009年11月26日 10:46撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢方面への林道が横切る
ようやく出てきた4m涸れ棚
左から容易に越える
2009年11月26日 10:55撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく出てきた4m涸れ棚
左から容易に越える
第2の二俣は左へ
2009年11月26日 11:07撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2の二俣は左へ
第2の二俣で右俣を見に行くと
4m涸れ棚があった
2009年11月26日 11:10撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2の二俣で右俣を見に行くと
4m涸れ棚があった
滝というほどではない涸れ棚状
2009年11月26日 11:13撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝というほどではない涸れ棚状
詰めの様相
2009年11月26日 11:47撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めの様相
沢状がなくなり高いところをとにかく目指す
2009年11月26日 12:07撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢状がなくなり高いところをとにかく目指す
二ノ塔山頂の標識
日本武尊の足跡へは菩提・葛葉の泉方面へ
約7分ほど下る
2009年11月26日 12:29撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔山頂の標識
日本武尊の足跡へは菩提・葛葉の泉方面へ
約7分ほど下る
日本武尊の足跡入口の標識
2009年11月26日 12:51撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本武尊の足跡入口の標識
日本武尊の足跡
2009年11月26日 12:59撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本武尊の足跡
日本武尊の足跡
2009年11月26日 13:06撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本武尊の足跡
日本武尊の足跡
菩提峠が眼下に見えてくる
2009年11月26日 13:11撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本武尊の足跡
菩提峠が眼下に見えてくる
菩提峠に戻る
2009年11月26日 13:12撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菩提峠に戻る
菩提峠の日本武尊の足跡入口
2009年11月26日 13:12撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菩提峠の日本武尊の足跡入口

感想/記録
by kamog

先日、岳ノ台の展望台から眺めた二ノ塔に切れ込む谷が気になった。
記録も何もないので、沢登りとしての遡行価値はおそらくないのであろうが
気になりだしたら止まりません。
重箱の隅を突こうが、地形図上のへこみ好きだろうが
何事も経験してみなくては。
と思い、講習が空いた秋空の一日遊んできました。

結局、水もなく、滝らしい滝も簡単な4mの涸れ棚がひとつ程度でしたが
へこみ歩きとしては満足。
ここは人もまず来ないであろうし
鹿さんたちの憩いの場所のようで
途中はとても鹿臭かった・・・
また鹿径(しかみち)も結構踏まれており
少しだけ助けられました。

下りは二ノ塔から日本武尊(ヤマトタケル)の足跡を久しぶりに使用。
25分ほどで菩提峠へ下降完了。

富士見山荘辺りで沢の名前がわからないものかと探しましたが
堰堤含め記載なし。
地形的に見ても高度的に見ても藤熊川本流でよいかな。
どなたかご存知なら教えてください。
訪問者数:2457人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 右俣 左俣 堰堤 遡行

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ