また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 551478 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

金岳は恐くて危険な山だった(自分基準)

日程 2014年11月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅龍勢会館に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
1時間51分
合計
6時間9分
S道の駅龍勢会館08:2409:22510m峰西の肩09:3409:56松場橋10:36無名峠10:5111:01P55111:48P511(金岳曲)13:1214:33道の駅龍勢会館14:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
金岳は危険箇所多数。充分な装備無しでの登山は無謀だった。
その他は危険箇所なし。
過去天気図(気象庁) 2014年11月の天気図 [pdf]

写真

道の駅龍勢会館から出発。この道を入る。
2014年11月22日 08:26撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅龍勢会館から出発。この道を入る。
3
暫く行くと砂利道に変わった。
2014年11月22日 08:31撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く行くと砂利道に変わった。
1
地形図に人家記号のある所。右手の高台にも家が見える。妙に静かだが誰か住んでるんだろうか。
2014年11月22日 08:35撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図に人家記号のある所。右手の高台にも家が見える。妙に静かだが誰か住んでるんだろうか。
6
少し先の対岸に大きな岩屋。
2014年11月22日 08:40撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先の対岸に大きな岩屋。
3
ここまでは道が確りしており、枯れ枝などは道路脇に寄せられていて車でも来れそう。この先は倒木・草薮で荒れ放題。
2014年11月22日 08:44撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでは道が確りしており、枯れ枝などは道路脇に寄せられていて車でも来れそう。この先は倒木・草薮で荒れ放題。
2
地形図破線の終点、二又の沢。左又に引き続き道形らしき地形が続いている。
2014年11月22日 08:51撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図破線の終点、二又の沢。左又に引き続き道形らしき地形が続いている。
2
このピンクテープは林業関係の物らしい。意味不明の数字などが書き入れられている。
2014年11月22日 08:53撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このピンクテープは林業関係の物らしい。意味不明の数字などが書き入れられている。
2
橋が在った。多分ここで分岐して、左岸尾根に乗る道があったんだろう。このまま沢筋を行く。
2014年11月22日 08:57撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋が在った。多分ここで分岐して、左岸尾根に乗る道があったんだろう。このまま沢筋を行く。
2
いつの間にか沢の源頭を過ぎ、なだらかな窪地になった。
2014年11月22日 09:09撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか沢の源頭を過ぎ、なだらかな窪地になった。
2
うん? もう空が見える。
2014年11月22日 09:17撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うん? もう空が見える。
1
特にヤマ場が無いままあっさり稜線に出た。510m峰の西肩辺り。ここで一休み。
2014年11月22日 09:22撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特にヤマ場が無いままあっさり稜線に出た。510m峰の西肩辺り。ここで一休み。
6
西側の尾根は良い感じの自然林が続いてる。こっちから来た方が良かったかな?
2014年11月22日 09:23撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の尾根は良い感じの自然林が続いてる。こっちから来た方が良かったかな?
3
そのまま通り抜ける感じで北に下る。
2014年11月22日 09:36撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま通り抜ける感じで北に下る。
1
斜面が厳しくなって東にトラバースしたら道が在った。
2014年11月22日 09:41撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面が厳しくなって東にトラバースしたら道が在った。
3
でも落ち葉・枯れ枝・間伐木材が溜まってて歩き難い。直線的なんでかなりの激下り。
2014年11月22日 09:43撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも落ち葉・枯れ枝・間伐木材が溜まってて歩き難い。直線的なんでかなりの激下り。
2
右手に道路が見えて来た。そっち方向の方が歩きやすいんで道を捨てる。
2014年11月22日 09:48撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に道路が見えて来た。そっち方向の方が歩きやすいんで道を捨てる。
2
道路から道形の始まりを見上げる。こんな所を登る人はいないね。
2014年11月22日 09:51撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路から道形の始まりを見上げる。こんな所を登る人はいないね。
4
金岳が見えた。左から曲(P511)・景・己・絞(P551 写真中央)。右端に少し頭が見えているのが粟野山だと思う。
2014年11月22日 09:53撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金岳が見えた。左から曲(P511)・景・己・絞(P551 写真中央)。右端に少し頭が見えているのが粟野山だと思う。
11
松場橋の袂にこんなのが在った。右端はトイレ。駐車スペースも充分で、付近を散策するスタート地点に最適。
2014年11月22日 09:56撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松場橋の袂にこんなのが在った。右端はトイレ。駐車スペースも充分で、付近を散策するスタート地点に最適。
2
ここから室久保集落へのショートカット道に入る。
2014年11月22日 09:57撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから室久保集落へのショートカット道に入る。
1
コンクリート簡易舗装が残念だが、周りの雰囲気は良い。
2014年11月22日 09:59撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンクリート簡易舗装が残念だが、周りの雰囲気は良い。
1
真紅とはこういう色の事か。一際目を引く。
2014年11月22日 10:04撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真紅とはこういう色の事か。一際目を引く。
8
室久保集落から見る金岳の牙みたいな山容。
2014年11月22日 10:06撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室久保集落から見る金岳の牙みたいな山容。
2
粟野への山道入口。指導標が立っている。
2014年11月22日 10:09撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟野への山道入口。指導標が立っている。
1
最奥のお宅手前で分岐する。ここからは土の道。
2014年11月22日 10:12撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最奥のお宅手前で分岐する。ここからは土の道。
2
人里近くはモミジが多い。
2014年11月22日 10:19撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人里近くはモミジが多い。
3
竹林に入って行く。
2014年11月22日 10:22撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹林に入って行く。
1
道標は頻繁に見る。
2014年11月22日 10:26撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標は頻繁に見る。
2
崩壊地らしきに新たな道を通している。一旦下って登り返す。この辺の道はかなり微妙で荒れ気味。
2014年11月22日 10:32撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地らしきに新たな道を通している。一旦下って登り返す。この辺の道はかなり微妙で荒れ気味。
1
P551北側鞍部に到着。粟野への道は尾根を乗越している。ここから南を金岳と呼ぶらしい。
2014年11月22日 10:36撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P551北側鞍部に到着。粟野への道は尾根を乗越している。ここから南を金岳と呼ぶらしい。
1
小さなコブを1つ越えて進むと、唐突に巨大な岩が突き上げる。踏み跡が左に巻いていた。
2014年11月22日 10:52撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなコブを1つ越えて進むと、唐突に巨大な岩が突き上げる。踏み跡が左に巻いていた。
1
右側に回り込んでみると何とか登れそうだったので、巻かずにここから登った。
2014年11月22日 10:53撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側に回り込んでみると何とか登れそうだったので、巻かずにここから登った。
1
絞(P551)ピークに到着。ここまでは普通のお山。
2014年11月22日 10:59撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絞(P551)ピークに到着。ここまでは普通のお山。
3
地形図と違って真ん中に凹みが在り、南にもう1つのピークが存在した。どっちが高いか判断がつかない。
2014年11月22日 11:01撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図と違って真ん中に凹みが在り、南にもう1つのピークが存在した。どっちが高いか判断がつかない。
2
下り切ると己の基部。右側の木を利用して登れない事も無さそうだったが、下が切り立っていて空中に乗りだす感じで怖い。高所恐怖症の自分には無理と諦め巻く。
2014年11月22日 11:09撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り切ると己の基部。右側の木を利用して登れない事も無さそうだったが、下が切り立っていて空中に乗りだす感じで怖い。高所恐怖症の自分には無理と諦め巻く。
7
突き出た岩の下を巻く踏み跡。
2014年11月22日 11:11撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突き出た岩の下を巻く踏み跡。
2
巻き始めたら景には取り付けなかった。まとめて巻く。
2014年11月22日 11:11撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き始めたら景には取り付けなかった。まとめて巻く。
1
景南側の基部。ここから登れる様だが、見上げる岩壁の高さ、斜度に尻込みしてしまった。曲もこっちからは無理そう。
2014年11月22日 11:19撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景南側の基部。ここから登れる様だが、見上げる岩壁の高さ、斜度に尻込みしてしまった。曲もこっちからは無理そう。
3
曲を南端から攻める事にした。ところが、巻き進んでいると大きな崩落地に出くわす。草を束にして掴み何とか通り抜けたが、もし足元が崩れたら体重を支えられるわけ無い。単なる気休め。
2014年11月22日 11:23撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲を南端から攻める事にした。ところが、巻き進んでいると大きな崩落地に出くわす。草を束にして掴み何とか通り抜けたが、もし足元が崩れたら体重を支えられるわけ無い。単なる気休め。
11
崩落地から見上げた曲。ここから登るのは無理。
2014年11月22日 11:24撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地から見上げた曲。ここから登るのは無理。
2
南側から取り付くと、中ほどに2m位の絶壁がある。ここが最大の難所。もちろんこの前後も手足総動員で登るようだけど。
2014年11月22日 11:39撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側から取り付くと、中ほどに2m位の絶壁がある。ここが最大の難所。もちろんこの前後も手足総動員で登るようだけど。
6
曲ピークから。ピンボケは恐怖心の現れ? 真ん中のこんもり丸いのが喫。
2014年11月22日 11:48撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲ピークから。ピンボケは恐怖心の現れ? 真ん中のこんもり丸いのが喫。
6
曲てっぺん。
2014年11月22日 11:49撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲てっぺん。
8
東に朝越えた山。左は破風山とか大前山とか。
2014年11月22日 11:49撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東に朝越えた山。左は破風山とか大前山とか。
9
お隣の景。あっちの方が少し高いな。
2014年11月22日 11:56撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お隣の景。あっちの方が少し高いな。
10
再び崩落地を渡る気になれず、そのまま尾根を下る事にした。これは喫山頂付近。意外と岩岩してる。
2014年11月22日 13:26撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び崩落地を渡る気になれず、そのまま尾根を下る事にした。これは喫山頂付近。意外と岩岩してる。
4
途中まですっきりした尾根だったが、この先密藪。
2014年11月22日 13:31撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中まですっきりした尾根だったが、この先密藪。
2
260m圏の細長い平坦地でやっと藪を抜ける。ここはは良い感じだった。
2014年11月22日 14:02撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
260m圏の細長い平坦地でやっと藪を抜ける。ここはは良い感じだった。
2
先端はお墓。
2014年11月22日 14:06撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先端はお墓。
2
右隣尾根の稜線は歩くと気持ち良さそう。
2014年11月22日 14:12撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右隣尾根の稜線は歩くと気持ち良さそう。
2
P368に一際高い木が見える。巨樹じゃなかろうか。やっぱりあそこを通って行くべきだった。
2014年11月22日 14:15撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P368に一際高い木が見える。巨樹じゃなかろうか。やっぱりあそこを通って行くべきだった。
2
子ノ神の滝ってこれ?
2014年11月22日 14:21撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子ノ神の滝ってこれ?
3
撮影機材:

感想/記録

金岳は二万五千図に名前が記された山なので、いつかは登るつもりでいた。新ハイ浦和の山行記録( http://20.pro.tok2.com/~shinhaiurawa/report2013/894/894.html )を参考にルートも考えていた。しかし、延び延びになったまま今に至ってしまう。

今回ようやく登ったわけだが、散々な結果に終わってしまった。まず、主峰とも言うべき景は断念した。上記記録を見ると、(失礼ながら)シルバー世代の方たちが登られているので、自分にも行けると思い込んでいた。しかし、高所恐怖症はそんなに甘くなかった。勇気を振り絞り、半ば意地で曲には登ったが、そこで燃え尽き症候群。以降の行程をカットしてそのまま下山となってしまった。

因みに予定では、峠まで戻ってそのまま粟野山まで登り、粟野集落跡を見て、林道終点から登った金岳を眺めながら自己満足に浸り、三角点379.3を経て戻るというものだった。

酷い結果ではあるが、二つの標高点は何とか押さえた。これにて一応は金岳制覇としときたい。全峰制覇なんてよほどの上級者じゃないと無理だと思うし。

訪問者数:2358人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ