また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 552203 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

ヌカザス尾根から三頭山、笹尾根縦走

日程 2014年11月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:「峰谷橋」バス停(奥多摩駅から)
復路:「上川乗」バス停(武蔵五日市駅へ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ドラム缶橋(麦山浮橋)は結構揺れます。私のように体重のある人はできるだけそっと渡りましょう。
ヌカザス尾根は急登部分が数箇所あります。転倒などにご注意ください。
過去天気図(気象庁) 2014年11月の天気図 [pdf]

写真

浅間峠付近での晩秋の夕暮れ。
2014年11月23日 16:00撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間峠付近での晩秋の夕暮れ。
1
撮影機材:

感想/記録

今回は、大きく分けて3つの目的がありました。
まず、これまで一度も渡ったことのないドラム缶橋(麦山浮橋)を渡ること。次に、急登で有名なヌカザス尾根を登ってみること。最後の一つはムシカリ峠から浅間峠に至る笹尾根の未踏区間を歩いてみることです。
千葉からだとどうしても峰谷橋バス停への到着が8時過ぎになってしまい、日の短い今のシーズンだと、足の遅い私が浅間峠まで歩きとおすのは時間不足の感があります。しかし、浅間峠から上川乗バス停までの下山路は一度歩いて勝手がわかっている上、「関東ふれあいの道」として整備されていて危険箇所もありませんから、下山時ヘッドライト使用の前提で歩きとおしてみました。結果的にはギリギリでヘッドライト使用なしに下りてこれましたが。
しかし、晩秋の笹尾根の夕暮れも風情がありますね。ナイトハイクの経験はほとんどありませんが、下山路の勝手がわかっているなら尾根上で夕焼けを見てから下りてくるのも悪くないな、と思いました。

山行の写真つきの詳細な記録は以下の日記にて公開しております。

http://mudabonefactory.blog.fc2.com/blog-entry-226.html
訪問者数:574人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ