また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5626584 全員に公開 ハイキング 東海

猪臥山 山頂は北アルプスの展望台

情報量の目安: A
-拍手
日程 2023年06月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
トンネル入口手前に広い駐車スペースがある
経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:14
距離
8.6 km
登り
624 m
下り
626 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
36分
合計
5時間9分
S猪臥山トンネル南入口07:0707:52中ルート登山口08:45鉄塔コース合流地点08:4809:16猪臥山09:4612:01猪臥山散策道入口12:0412:16猪臥山トンネル南入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報飛騨高山彦谷の里キャンプ場 
   https://camp.hikodani.net/
四十八滝温泉しぶきの湯 遊湯館 
   https://www.48taki.com/index.html
過去天気図(気象庁) 2023年06月の天気図

写真

ルート地図
ルート地図
3Dルート図
3Dルート図
16日夜から宿泊していた彦谷の里キャンプ場
2023年06月18日 06:23撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
16日夜から宿泊していた彦谷の里キャンプ場
テント泊と車中泊
テント泊と車中泊
1
彦谷の里から約2
猪臥山トンネル入口手前の中ルート登山口
駐車スペースは広い
2023年06月18日 07:06撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
彦谷の里から約2
猪臥山トンネル入口手前の中ルート登山口
駐車スペースは広い
登山道案内板
2023年06月18日 07:06撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
登山道案内板
出発
2023年06月18日 07:08撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
出発
林道に出るために渡渉するも、水量が多く一苦労。
2023年06月18日 07:13撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
林道に出るために渡渉するも、水量が多く一苦労。
1
しばらくは林道歩き。
2023年06月18日 07:18撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
しばらくは林道歩き。
タニウツギ
沢山咲いていた。
2023年06月18日 07:26撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
タニウツギ
沢山咲いていた。
2
キバナノヤマオダマキも沢山
2023年06月18日 07:20撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
キバナノヤマオダマキも沢山
3
ヤグルマソウも。
2023年06月18日 07:49撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
ヤグルマソウも。
林道終点
ここから登山道になる
2023年06月18日 07:52撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
林道終点
ここから登山道になる
落葉でふわふわの登山道
2023年06月18日 07:59撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
落葉でふわふわの登山道
いい感じの道がつづく
2023年06月18日 08:32撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
いい感じの道がつづく
鉄塔ルートと合流
2023年06月18日 08:45撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
鉄塔ルートと合流
展望が開けてくる
2023年06月18日 09:04撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
展望が開けてくる
振り返ると御嶽山
2023年06月18日 09:09撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
振り返ると御嶽山
その左に乗鞍岳
2023年06月18日 09:09撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
その左に乗鞍岳
1
そして、北アルプスの山並み
2023年06月18日 09:09撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
そして、北アルプスの山並み
猪臥山神社
2023年06月18日 09:13撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
猪臥山神社
1
山頂はもう少し向こう
2023年06月18日 09:14撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
山頂はもう少し向こう
猪臥山山頂
2023年06月18日 09:18撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
猪臥山山頂
4
方位盤
2023年06月18日 09:19撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
方位盤
御嶽山
2023年06月18日 09:22撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
御嶽山
1
乗鞍岳
2023年06月18日 09:22撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
乗鞍岳
北アルプス南部
槍ヶ岳は笠ヶ岳の後ろに隠れて見えない
2023年06月18日 09:22撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
北アルプス南部
槍ヶ岳は笠ヶ岳の後ろに隠れて見えない
1
北アルプス北部
2023年06月18日 09:22撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
北アルプス北部
西側には白山と、昨日登った籾糠山
2023年06月18日 09:46撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
西側には白山と、昨日登った籾糠山
白山をアップ
2023年06月18日 09:23撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
白山をアップ
2
猿ヶ馬場山と籾糠山
2023年06月18日 09:47撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
猿ヶ馬場山と籾糠山
籾糠山をアップ
2023年06月18日 09:47撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
籾糠山をアップ
下山路は尾根ルートを下る
2023年06月18日 09:45撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
下山路は尾根ルートを下る
ユキザサ
この山でこの花が1番多く目についた
2023年06月18日 09:52撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
ユキザサ
この山でこの花が1番多く目についた
1
ツクバネソウ
2023年06月18日 09:57撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
ツクバネソウ
1
登山道は歩きやすい
2023年06月18日 10:10撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
登山道は歩きやすい
500mごとに標識
2023年06月18日 10:38撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
500mごとに標識
2023年06月18日 10:43撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
マルバフユイチゴ
これも沢山咲いていた
2023年06月18日 10:52撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
マルバフユイチゴ
これも沢山咲いていた
2
5枚葉のツクバネソウ
2023年06月18日 10:56撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
5枚葉のツクバネソウ
2
ここから一気に下っていく
2023年06月18日 11:36撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
ここから一気に下っていく
登山口
2023年06月18日 12:04撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
登山口
県道を500m戻る
2023年06月18日 12:06撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
県道を500m戻る
駐車場に帰着
2023年06月18日 12:17撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
駐車場に帰着
撮影機材:

感想/記録
by mo-san

天生湿原と籾糠山を歩くことを目的にした山旅ですが、宿泊地の彦谷の里から直ぐのところに、北アルプスの展望地として人気の猪臥山があることを知ったので、登らずに帰るわけにはいかない。
幸い、天気は出発時の予報と変わらず晴天。
前日の疲れもあるので、ルートは一番楽そうな中ルートを登る。
約2時間で山頂に到着すると、北アルプスと白山の大展望が広がっていた。爽やかな風にあたりながらしばし眺望を楽しみ、登ってきてよかったと実感。
下山路は尾根ルートを下ったが、登り返しが何回かあり、疲れた体には厳しいルートだった。

感想/記録

昨日、籾糠山を登り今日は猪臥山を登る。
彦谷の里キャンプ場の管理人に聞くと猪臥山トンネル入口付近から新しいルートが出来ているとのことで、駐車場から出発するも、川を横断する事になり、増水で靴が濡れてしまいました。
その後、しばらくは林道を歩きをし、登山道に入ると急登へ変わっていった。ストックを使わず登ったことに後悔しました。
頂上からは立山、穂高、乗鞍岳、御岳、白山の山々が見渡せる。
昨日は槍ヶ岳が見えたが、ここからは笠ヶ岳と重なり槍ヶ岳が見えなかった。
猪臥山散策道で下山しました。ストックはもちろん使用し尾根づたいには白山が時折現れ木々に隠れを何回か繰り返し最後の白山が1番見応えが有りました。
白山が見えなくなると、下る角度が急になりアップダウンも多くなって行き、下山後は足がフラフラになってしまいました。
今回の登山はあまり転ぶ事無く歩けました。これは、これまで日帰り登山に連れて行ってもらえたお陰で体力がついたのだと感じました。

感想/記録

二日連続の山行とあって、登りは楽なコースを選択する。スタート直後にコースがわからなくなり、渡渉する羽目に!すぐに林道へ出て緩やかに登って行きます。登山口からは急登が始まりました。数回の休みを取りながら、何とか山頂にたどり着きました。
山頂では前日に引き続き、日本アルプスの雄大な景色に癒されました。
西側には雪を纏った白山連峰もバッチリ見えました。
下山には尾根筋のコースを取りましたが、急斜面や登り返しも多く、登りより時間を費やしてしまいました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:197人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ