また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 6101907
全員に公開
ハイキング
八幡平・岩手山・秋田駒

和賀岳 299座目/三百名山 薬師岳登山口より

2023年10月26日(木) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
08:16
距離
16.0km
上り
1,364m
下り
1,359m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
6:56
休憩
1:19
合計
8:15
7:04
7:07
5
7:12
7:12
12
7:24
7:33
24
7:57
7:57
39
8:36
8:41
29
9:10
9:11
6
9:17
9:22
13
9:35
9:35
26
10:01
10:01
34
10:35
10:36
35
11:11
11:37
29
12:06
12:06
28
12:34
12:49
22
13:11
13:11
11
13:22
13:27
6
13:33
13:33
20
13:53
13:54
26
14:20
14:28
16
14:44
14:44
11
14:55
14:55
4
14:59
14:59
8
<復路>
15:30 薬師岳登山口発
17:20 湯沢市 宿着 (翌日神室山へ) 
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2023年10月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
<往路>
前日 焼石岳登頂 横手市泊
 5:30 横手市 宿発 
 6:40 薬師岳登山口
コース状況/
危険箇所等
薬師岳から先 今日も笹の刈払が行われていたが、済んでいないところは笹竹もあり濃く、露が付いていればびしょ濡れ、足下も見えないので注意
その他周辺情報 湯田温泉郷
薬師岳登山口
きれいな小屋がある
2023年10月26日 06:51撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 6:51
薬師岳登山口
きれいな小屋がある
林道を10分ほど先に甘露水口
急登が始まる
2023年10月26日 07:04撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 7:04
林道を10分ほど先に甘露水口
急登が始まる
ブナの紅葉真っ盛り
2023年10月26日 07:48撮影 by  iPhone X, Apple
1
10/26 7:48
ブナの紅葉真っ盛り
滝倉
美味しい水がいただける
下山時はクールダウンOK
2023年10月26日 07:54撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 7:54
滝倉
美味しい水がいただける
下山時はクールダウンOK
左薬師岳
2023年10月26日 08:54撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 8:54
左薬師岳
薬師岳手前で
初めて和賀岳お出まし
2023年10月26日 09:12撮影 by  iPhone X, Apple
1
10/26 9:12
薬師岳手前で
初めて和賀岳お出まし
小杉山・小鷲倉・和賀岳
2023年10月26日 09:12撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 9:12
小杉山・小鷲倉・和賀岳
薬師岳1218m山頂
2023年10月26日 09:18撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 9:18
薬師岳1218m山頂
薬師平へ向かうが笹が深い
2023年10月26日 09:33撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 9:33
薬師平へ向かうが笹が深い
小杉山1229m山頂
この付近刈払が行われていた
2023年10月26日 10:31撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 10:31
小杉山1229m山頂
この付近刈払が行われていた
小鷲倉1354m山頂
この登り笹の露でびしょ濡れになる
2023年10月26日 10:31撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 10:31
小鷲倉1354m山頂
この登り笹の露でびしょ濡れになる
和賀岳へ
2023年10月26日 10:45撮影 by  iPhone X, Apple
1
10/26 10:45
和賀岳へ
和賀岳1439m山頂
2023年10月26日 11:09撮影 by  iPhone X, Apple
2
10/26 11:09
和賀岳1439m山頂
田沢湖・森吉山・秋田駒ヶ岳など
2023年10月26日 11:12撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 11:12
田沢湖・森吉山・秋田駒ヶ岳など
秋田駒ヶ岳・岩手山
2023年10月26日 11:12撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 11:12
秋田駒ヶ岳・岩手山
山頂の様子と薬師岳
2023年10月26日 11:15撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 11:15
山頂の様子と薬師岳
和賀岳山頂
田沢湖・秋田駒ヶ岳を眺める
2023年10月26日 11:36撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 11:36
和賀岳山頂
田沢湖・秋田駒ヶ岳を眺める
薬師平から和賀岳稜線
2023年10月26日 13:23撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 13:23
薬師平から和賀岳稜線
稜線は紅葉見頃
2023年10月26日 13:35撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 13:35
稜線は紅葉見頃
紅葉
2023年10月26日 15:33撮影 by  iPhone X, Apple
10/26 15:33
紅葉

感想

2023年(令和5年)10月26日(木)

和賀岳 299座目/三百名山 薬師岳登山口より

数年前も登ろうとした和賀岳だったが、林道が途中で通行止めになっていて引き返している。
今回は薬師岳登山口までダートだが良く整備された道を問題なく進み、きれいな小屋の建つ薬師岳登山口から歩き始めた。

数分歩くと甘露水口、林道と分かれ本格的な登りとなった。
周りは紅葉真っ盛りで、天気も良いので日射しにブナの葉が黄金のごとく輝く。
ブナ平付近のブナの幹の太さは迫力満点だった。
次から次へと現われるブナの巨木には圧倒され続けた。

倉滝はオアシス。かつて小屋があったと言うが跡形無い。
美味しい水が流れ、一息入れるのに絶好の場所だった。
下山時は顔を冷たい水で洗いリフレッシュ、最後の下山に集中できた。

稜線に出ると目の前に薬師岳の丸みを帯びた山頂が飛込んできた。
手前のピークを急登すると、目の前に和賀岳が初めて姿を現わす。
笹に覆われた薬師岳の山頂からはこれから進む和賀岳までの稜線が見渡せた。
長い稜線には小杉岳・小鷲倉のピークもあり簡単には着けそうにないのが分かる。

笹での苦戦。
薬師岳から薬師平へ下る気持ちよい稜線だが、笹が待ち構えていた。
まだ足下を覆う程度の笹で足下さえ注意して行けば問題なく進めた。
ところが徐々に笹の背は高まり、藪漕ぎ状態になる。
これは大変だ、前に思うように進むことができない状態が続く。

ところが小杉岳から先は笹がきれいに刈られているではないか。
歩くテンポも上がりこれならば和賀岳も近いと思った途端、再び小鷲倉への登りの深く重たい笹に苦戦。
露まで付いているので、全身びしょ濡れとなってしまった。
早めにレインウエアを着れば良かったのだが突然の笹の深みにはまってしまった感じだ。

寒くもなく日射しもあるので直ぐに乾くだろうと着るタイミングも失っていた。
それでも山頂近くになり、深く重い笹の道を抜けたところで冷えても来たのでレインウエアをまとった。
濡れた服の上に渇いたレインウエアを羽織るという形になってしまったが身体が冷えるのは防げたように思う。
下山途中ではレインウエアを脱いで下山、すっかり下山時には渇いていた。

笹刈りは私が登頂した後に、二人の方が小杉山付近の続きを刈り始めていた。
どこかで顔を見たことのある方で、声をかければ良かったのだが挨拶したのみで通り過ぎてしまった。
「NHK日本百名山和賀岳」の案内人の方に違いないと思った。
多分秋田からの登山道を案内していたので、笹の刈払により安全な登山道確保に努めていたのだろうと推測した。

遠かった山頂に着く。
幸せなことに360度の大展望が待っていた。
田沢湖が眼下に見え、秋田駒ヶ岳だろう山も近くに見られた。
そろそろ下山しようとしたとき岩手県側の高下から登って来たという方がいた。
岩手に移住してきたということで、和賀岳に魅せられ何度も登っているという。
写真も撮っていただき、自分がすでに登っている周囲の山々を教えてもらった。
太平山、森吉山、岩手山そして早池峰山など。
登った山にもかかわらず、分からないのにはもどかしいものがある。

三百名山299座目となり、明日は神室山へ。
今回の日光女峰山、東北に入り焼石岳、今日の和賀岳、そして明日の神室山を最後に三百名山、301座完登にリーチがかかる。
明日は神室山へ無事登頂して帰りたいと思っている。

ふるちゃん

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:178人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

無雪期ピークハント/縦走 栗駒・早池峰 [日帰り]
和賀岳 甘露水口ピストン
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
2/5
体力レベル
3/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら