また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 619494 全員に公開 ハイキング 伊豆・愛鷹

愛鷹山(山神社から右回り周回)【登山入門 No.39】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2015年04月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れてはいたけど雲多し。
富士山は雲の中……
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東名高速道路 裾野ICから県道82号を富士方面へ。
突き当りの下和田交差点を右折して県道24号に入る。
須山から国道469号になるのでそのまま直進。
ヘアピンを2つほど抜けた先が須山愛鷹登山口バス停。
バス停脇の林道を暫く行くと駐車場があります。

駐車場は無料で、30〜40台程停められます。
朝6:00の時点では私の他に1台のみ。
下山時(13:00頃)で半分弱程でしょうか。
トイレが1基あり、キレイに整備されていました。
トイレットペーパー・キンチョールもあります。

※ バス停から駐車場までの道は狭いので注意。
※ 距離はあまりないですが、離合ポイントも少ないです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間22分
休憩
2時間7分
合計
6時間29分
S須山愛鷹登山口06:0706:40大沢橋06:4407:50割石峠07:5108:01呼子岳08:0608:14高場所尾根への分岐08:1508:59愛鷹山09:0309:15富士見台09:1709:38鋸岳展望台09:4009:59富士見峠10:0510:17黒岳展望広場10:1810:23黒岳12:0112:05黒岳展望広場12:0612:12富士見峠12:1412:17愛鷹山荘12:36須山愛鷹登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※写真撮りまくりタイムです。(106枚)
コース状況/
危険箇所等
◯ 登山ポスト
登山口には見当たらず。

◯ 道の状況・危険箇所
道は明瞭だが、注意すべき箇所はいくつかある。
★駐車場〜第二ケルン
勾配は緩やかで、快調に歩ける区間。
歩き始めて10分ほどに渡渉箇所がある。
増水していなければ問題はないが、要注意。
テープ・ペンキ・ケルンはとても潤沢にある。
少し歩いて何も見つからなければ、ルートミスの可能性大。
★第二ケルン〜割石峠
この区間は枯れ沢を詰めていくように登る。
油断していると枝沢に迷い込む恐れもあるかも知れない。
正しいルートには必ず目印があるので要チェック。
落石や、浮き石に乗っての転倒なども要注意。
★割石峠〜呼子岳〜越前岳
アップダウンを繰り返す尾根上を歩きます。
明瞭な尾根道なので迷う心配は少なそうです。
所々、木の根や岩なので段差が大きくなっている所も。
西側が切れ落ちた崖になっている箇所もあります。
★越前岳〜富士見峠
特に危険は感じません。ひたすら下るだけです。
木の根が張り出している場所も多く、転倒注意。
★富士見峠〜黒岳(往復)
特になし。天然杉の巨木が美しい。
★富士見峠〜駐車場
あしたか山荘を過ぎた辺り、落石注意区間(120m)あり。
標高が下がると苔むした岩が多くなってきます。
ほんのり湿っていると良く滑ります。転倒注意。

※ 他の方の記録を見ると、左回りに歩く方が多いようです。
その他周辺情報◯ 温泉
「富士遊湯の郷 大野路(600円)」を利用。
通常800円ですが、山神社近くの看板に割引券があります。
http://www.oonoji.co.jp/
活性石温泉というもので、厳密には天然温泉ではない。
温泉好きにはマイナス点だろうが、私は特に気にしない^^
入れるお風呂は露天だけらしい(平日は内湯)。
当然洗い場は外にしか無く、寒い時期には苦行でしょうな。
蛇口から出るお湯は中々暖かくならず、なってもぬるい感じ。
シャンプーやボディソープもあるし、600円なら上々でしょう。
筑○山温泉なんて1300円とかですからね……。

勇気のある方は「巨木天辺風呂(男湯)」に挑戦して頂きたい。
入浴客は私だけでしたが、流石に全裸でハシゴは登れなかった。

◯ 飲食店
登山口近くには見当たらず。
過去天気図(気象庁) 2015年04月の天気図 [pdf]

写真

準備を済ませて出発!車は私の他に1台のみ。
2015年04月25日 06:06撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
準備を済ませて出発!車は私の他に1台のみ。
左に河原へ降りる道が。渡渉点よりほんの少し手前ですが早めに河原へ。
2015年04月25日 06:13撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に河原へ降りる道が。渡渉点よりほんの少し手前ですが早めに河原へ。
まだ青空がキレイだった頃……
2015年04月25日 06:14撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ青空がキレイだった頃……
1
渡渉点です。靴を濡らさず渡れます。
2015年04月25日 06:15撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点です。靴を濡らさず渡れます。
暫くはゆるやかな登り。
2015年04月25日 06:24撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くはゆるやかな登り。
時折大きな石が行く手を阻みます。
2015年04月25日 06:33撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折大きな石が行く手を阻みます。
位牌岳・前岳方面への分岐。こちらはあまり人が歩いていない雰囲気でした。
2015年04月25日 06:37撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位牌岳・前岳方面への分岐。こちらはあまり人が歩いていない雰囲気でした。
写真左下に見える白っぽいのは……鹿のご遺体……。流石にアップでは撮れません(汗
2015年04月25日 06:38撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真左下に見える白っぽいのは……鹿のご遺体……。流石にアップでは撮れません(汗
大沢橋を渡って再度左岸へ。釣り道具が欲しいッ!!
2015年04月25日 06:40撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢橋を渡って再度左岸へ。釣り道具が欲しいッ!!
1
日が当たるようになってきました。まだまだ歩きやすくて快適な道。
2015年04月25日 06:46撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が当たるようになってきました。まだまだ歩きやすくて快適な道。
要所々々に登山標識が現れます。ありがたや〜
2015年04月25日 06:54撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所々々に登山標識が現れます。ありがたや〜
そして「第一ケルン」に到着〜。
2015年04月25日 06:56撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして「第一ケルン」に到着〜。
更に進んで「大杉」です。本当に大きな杉です。
2015年04月25日 07:00撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に進んで「大杉」です。本当に大きな杉です。
ここは少し分かり難かった場所。よく見れば目印があるので、焦らずゆっくりと。
2015年04月25日 07:02撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは少し分かり難かった場所。よく見れば目印があるので、焦らずゆっくりと。
枯れ沢を渡る箇所も多くなってきました。
2015年04月25日 07:04撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ沢を渡る箇所も多くなってきました。
1
所々ツツジも咲いています。アシタカツツジ……ではなさそう。
2015年04月25日 07:11撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々ツツジも咲いています。アシタカツツジ……ではなさそう。
2
そんなこんなで「第二ケルン」に着きました。出発から50分程。
2015年04月25日 07:15撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなこんなで「第二ケルン」に着きました。出発から50分程。
ここからは枯れ沢を登っていきます。赤や黄色のペンキマークが沢山あるので安心です。
2015年04月25日 07:32撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは枯れ沢を登っていきます。赤や黄色のペンキマークが沢山あるので安心です。
谷を吹き上げる風が少々冷たいです。
2015年04月25日 07:38撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を吹き上げる風が少々冷たいです。
徐々に沢の雰囲気も変わり……。
2015年04月25日 07:43撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に沢の雰囲気も変わり……。
1
石割峠に到着!第二ケルンから35分!
2015年04月25日 07:50撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石割峠に到着!第二ケルンから35分!
北側の眺めがいい感じ。うっすらと駿河湾が見えました。
2015年04月25日 07:54撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の眺めがいい感じ。うっすらと駿河湾が見えました。
1
あの天辺が呼子岳でしょうか。中々急な登りです。
2015年04月25日 08:00撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの天辺が呼子岳でしょうか。中々急な登りです。
越前岳が見えてきました!まだまだ遠いな〜
2015年04月25日 08:01撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越前岳が見えてきました!まだまだ遠いな〜
2
呼子岳に到着です。大岳に向かうルートは廃道になっています。
2015年04月25日 08:04撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
呼子岳に到着です。大岳に向かうルートは廃道になっています。
山頂からは大岳方面、そして静岡県富士市の町並みがよく見えます。
2015年04月25日 08:04撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは大岳方面、そして静岡県富士市の町並みがよく見えます。
2
痩せた尾根を越前岳に向かいます。左側が崖になってる場所も……。
2015年04月25日 08:09撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた尾根を越前岳に向かいます。左側が崖になってる場所も……。
高場所分岐に到着。振り返れば呼子岳。
2015年04月25日 08:14撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高場所分岐に到着。振り返れば呼子岳。
越前岳の左に富士山の山頂が!これが最後の富士山になるとは……orz
2015年04月25日 08:18撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越前岳の左に富士山の山頂が!これが最後の富士山になるとは……orz
登ったり下ったりしつつ、ここから越前岳へはもう1登り!
2015年04月25日 08:23撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ったり下ったりしつつ、ここから越前岳へはもう1登り!
勾配も大きくなり、小腹も減ってきたのでSOYJOY注入。
2015年04月25日 08:32撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勾配も大きくなり、小腹も減ってきたのでSOYJOY注入。
再度振り返って1枚。呼子岳がもうあんなに遠く〜
2015年04月25日 08:46撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度振り返って1枚。呼子岳がもうあんなに遠く〜
呼子岳から55分、越前岳山頂(1504m)に着きました〜!
2015年04月25日 08:59撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
呼子岳から55分、越前岳山頂(1504m)に着きました〜!
2
ちと雲が多いのが残念ですが、山頂からは西側の眺めが素晴らしいです。
2015年04月25日 09:02撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちと雲が多いのが残念ですが、山頂からは西側の眺めが素晴らしいです。
2
あまり長居はせず、富士見峠方面へと下っていきます。こちらから登ってくる方が多かったです。
2015年04月25日 09:07撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり長居はせず、富士見峠方面へと下っていきます。こちらから登ってくる方が多かったです。
五十銭紙幣に使われた富士山の写真が撮られた場所である「富士見台」です。
2015年04月25日 09:17撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五十銭紙幣に使われた富士山の写真が撮られた場所である「富士見台」です。
しかし富士山は分厚い雲の中……orz
2015年04月25日 09:17撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし富士山は分厚い雲の中……orz
1
更に下ると鋸岳のギザギザが良く見える場所がありました。
2015年04月25日 09:28撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に下ると鋸岳のギザギザが良く見える場所がありました。
1
傾斜は比較的緩やかですが、既に結構ヒザにキております^^;
2015年04月25日 09:30撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜は比較的緩やかですが、既に結構ヒザにキております^^;
鋸岳展望台まで下ってきました。ここからの展望は……2枚前の写真とさほど変わりません(`・ω・´)
2015年04月25日 09:39撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳展望台まで下ってきました。ここからの展望は……2枚前の写真とさほど変わりません(`・ω・´)
柔らかい土の箇所が多く、登山道を雨水が削ってこの通り。
2015年04月25日 09:41撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柔らかい土の箇所が多く、登山道を雨水が削ってこの通り。
木の階段も哀れな姿に。自然の力って凄い!
2015年04月25日 09:48撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の階段も哀れな姿に。自然の力って凄い!
山頂から1時間弱で富士見平に出ました。とりあえず黒岳に向かって登り返します。
2015年04月25日 09:58撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から1時間弱で富士見平に出ました。とりあえず黒岳に向かって登り返します。
そこそこ勾配が大きい箇所をやり過ごし……
2015年04月25日 10:14撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこ勾配が大きい箇所をやり過ごし……
「黒岳展望広場」!富士山は雲の中!!
2015年04月25日 10:17撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「黒岳展望広場」!富士山は雲の中!!
すぐ近くにクレー射撃場があり、銃声が絶え間なく響き渡っております。
2015年04月25日 10:20撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ近くにクレー射撃場があり、銃声が絶え間なく響き渡っております。
という訳で黒岳(1087m)です!休憩にはもってこいな広い山頂です。
2015年04月25日 10:23撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
という訳で黒岳(1087m)です!休憩にはもってこいな広い山頂です。
2
富士山も見えないし、コーヒーを淹れます。以前からやってみたかった「山で挽きたてコーヒー」!美味しッッッ!!
2015年04月25日 10:33撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見えないし、コーヒーを淹れます。以前からやってみたかった「山で挽きたてコーヒー」!美味しッッッ!!
1
尾西のアルファ米でチャーハンも作ってみました。17cmのフライパンでギリギリ!具は卵・コンビーフ・長ネギのみです。これまた美味し!!
2015年04月25日 11:14撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾西のアルファ米でチャーハンも作ってみました。17cmのフライパンでギリギリ!具は卵・コンビーフ・長ネギのみです。これまた美味し!!
2
1時間半ほどまったりしていましたが、終ぞ富士山の勇姿は拝めず……無念……
2015年04月25日 11:36撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間半ほどまったりしていましたが、終ぞ富士山の勇姿は拝めず……無念……
それでは下山です。富士見峠の分岐から少し下って「あしたか山荘」。無人ですが中は結構綺麗だそうです。
2015年04月25日 12:14撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは下山です。富士見峠の分岐から少し下って「あしたか山荘」。無人ですが中は結構綺麗だそうです。
2箇所ほどある鉄ハシゴを下ると……
2015年04月25日 12:16撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2箇所ほどある鉄ハシゴを下ると……
落石の注意書き!
2015年04月25日 12:19撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石の注意書き!
こちらも枯れ沢を下る場所がありました。落石に注意〜
2015年04月25日 12:22撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも枯れ沢を下る場所がありました。落石に注意〜
1
植林帯に入ると足元には苔むした石が多くなります。滑って転びそうに……(汗
2015年04月25日 12:25撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯に入ると足元には苔むした石が多くなります。滑って転びそうに……(汗
富士見峠から20分で山神社に到着!
2015年04月25日 12:32撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠から20分で山神社に到着!
「大野路」の立派な看板。箱の中に入浴の割引券があったので1枚頂きていきます。
2015年04月25日 12:34撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「大野路」の立派な看板。箱の中に入浴の割引券があったので1枚頂きていきます。
駐車場に到着〜。車は増えていますがまだまだ空きはありました。
2015年04月25日 12:35撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着〜。車は増えていますがまだまだ空きはありました。
帰りに「富士遊湯の郷 大野路」で汗を流して帰宅です。お疲れ様でした〜(∩´∀`)∩
2015年04月25日 12:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに「富士遊湯の郷 大野路」で汗を流して帰宅です。お疲れ様でした〜(∩´∀`)∩

感想/記録
by ryo-G

山梨県側からの富士山は何度も見たけど、静岡県側は……
ということで、富士山を眺めに愛鷹山塊に向かいました。
呼子岳・越前岳・黒岳を回るメジャーなルートを選択。
ちなみに黒岳辺りで昼食を摂りたかったので右回りにしました。

早朝の高速道路からは見えていたのですが、結局残念な結果に……。
でもコーヒーは美味しく淹れられたし、炒飯美味いしで大満足!!

距離も標高差もそれほどでもないはずですが、結構ヒザにキました。
次の機会には十里木からのルートで登ってみたいです。

天気の良い日にね!!

【使用カメラ】
PENTAX K-30
PENTAX-DA 18-270mm F3.5-6.3 ED SDM

【使用ウェア一覧】
mont-bell ZEO-LINE クールメッシュ ラウンドネックシャツ
FoxFire トランスウェット ウールメッシュZIP S/S
Kathmandu Aberlour Jacket(SoftShell)(一時着用)
Columbia Rego Pants
Foxfire 魅せタイ スタンダードタイプ
Smartwool Ph.D Outdoor Heavy Crew(ソックス)
ZAMST RK-1(L/R)(膝サポーター)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:647人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ