また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 619903 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 関東

児玉男体山と元田富士

情報量の目安: A
-拍手
日程 2015年03月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
公共交通機関はない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

12:20 児玉男体山登山口
13:00 児玉男体山(山頂)
13:10 間瀬山稜
13:20 児玉男体山(山頂)
14:00 児玉男体山登山口
15:00 富士山神社
15:20 元田富士山頂
16:40 300m峰
17:00 富士山神社
コース状況/
危険箇所等
・児玉男体山の参道は、手入れがされておらず、落ち葉に埋もれている。稜線直下の急傾斜は直登しない。左側にトラバース気味に登る道を行くと山頂の祠前に至る。
・元田富士の参道は地元氏子社中により整備されているが、かなりの急傾斜。山頂神社奥に稜線が続いており、ミニ回遊ルートを設定できそう。
その他周辺情報 登山口近くにある「いずみ亭」は蕎麦が有名。地元の人も多く利用しているので、男体山のことを聞くとよい。
過去天気図(気象庁) 2015年03月の天気図 [pdf]

写真

登山口入口の県道沿いにある旧家。
2015年03月03日 12:14撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口入口の県道沿いにある旧家。
1
廃林道から尾根にとりつく場所。
2015年03月03日 12:21撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃林道から尾根にとりつく場所。
落ち葉に埋もれた表参道。
2015年03月03日 12:24撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉に埋もれた表参道。
途中にある小祠。
2015年03月03日 12:43撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にある小祠。
表参道を振り返る。ここから左(写真では右)におれ、トラバースぎみに登ると山頂。
2015年03月03日 12:43撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表参道を振り返る。ここから左(写真では右)におれ、トラバースぎみに登ると山頂。
児玉男体山の山頂。
2015年03月03日 12:56撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
児玉男体山の山頂。
山頂の裏側。
2015年03月03日 12:56撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の裏側。
奥にもう一つ祠がある。
2015年03月03日 12:57撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥にもう一つ祠がある。
奥の祠から前の祠を見る。
2015年03月03日 12:57撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の祠から前の祠を見る。
山頂の巨木。
2015年03月03日 13:13撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の巨木。
山頂を越して間瀬山稜(河内ハイキングコースのある尾根)に行く途中。
2015年03月03日 13:19撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を越して間瀬山稜(河内ハイキングコースのある尾根)に行く途中。
色っぽい樹。
2015年03月03日 13:20撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色っぽい樹。
間瀬山稜直下の大岩。
2015年03月03日 13:22撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間瀬山稜直下の大岩。
引き返して、表参道の西側の尾根を降る。
2015年03月03日 13:41撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して、表参道の西側の尾根を降る。
西側の尾根。
2015年03月03日 14:00撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の尾根。
西側の尾根。
2015年03月03日 14:00撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の尾根。
西側の尾根を下り、小鞍部で廃林道に出た。
2015年03月03日 14:16撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の尾根を下り、小鞍部で廃林道に出た。
周辺集落の高窓の家(旧養蚕農家)
2015年03月03日 14:51撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周辺集落の高窓の家(旧養蚕農家)
寺山集落から見た児玉男体山。
2015年02月09日 13:15撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺山集落から見た児玉男体山。
元田(げんだ)集落にある富士山神社に6〜8台の駐車スペースがある。
2015年03月03日 16:02撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元田(げんだ)集落にある富士山神社に6〜8台の駐車スペースがある。
富士山神社においてある元田富士(げんだふじ)の案内板。
2015年03月03日 16:03撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山神社においてある元田富士(げんだふじ)の案内板。
1
富士山神社の裏にある薬師堂?この階段を上る。
2015年03月03日 15:21撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山神社の裏にある薬師堂?この階段を上る。
尾根上は照葉樹林。
2015年03月03日 15:27撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上は照葉樹林。
参道の途中には新しい小祠がいくつも置いてある。
2015年03月03日 15:31撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参道の途中には新しい小祠がいくつも置いてある。
参道を振り返る。
2015年03月03日 15:32撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参道を振り返る。
山頂が見えた。
2015年03月03日 15:36撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えた。
山頂の浅間(せんげん)神社。
2015年03月03日 15:37撮影 by DMC-FX80, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の浅間(せんげん)神社。

感想/記録

 (児玉)男体山は武蔵国郡村誌にもその名がみられるので、少なくても明治期には、そう呼ばれていたことが確認できます。
 近くの大地主さんに伺ったところ、名前の由来を教えてくれました。家の裏山に登ると、関東平野を隔てた遥か彼方に富士山型の日光男体山が見えるそうです。方や振り返ると、小さいながら富士山型の山が対峙しているので、その山を「俺らの男体山と呼ぼう」と誰かが言ったので、そう呼ばれるようになったそうです。通常、男体山と言ったら日光の男体山になってしまいますので、児玉をつけて、児玉男体山と呼んでほしいと思っています。
 表参道は、手入れされなくなったため、落ち葉に埋もれていますが、山慣れた人なら、支障なく歩けるはずです。お勧めは、参道から児玉男体山に登頂し、間瀬山稜に達したら北にくだり、河内(こうち)ハイキングコースを尾根末端までたどるルートです。表参道の西側の尾根も雑木林の気持ちの良い尾根ですが、一ヶ所露岩のある急傾斜があり、注意を要します。

 児玉男体山のすぐ近くに、元田富士(げんだふじ)という小さな山があり、地元神社の氏子衆が参道(登山道)を整備しているようです。元田集落の南側の入口に「30分で登れる富士山」という案内が出ています。里宮前の広場に、乗用車だったら6〜8台駐車できます。
 この山、武蔵国郡村誌に「薬師堂山」と記載されている山だと思うのですが、山麓に富士山神社があることから、元田富士と呼ばれるようになったようです。小さいながら均整の取れた形のよい山です。
 参道ですが、かなりの急坂なので甘く見ない方がいいかもしれません。不思議なことに参道周辺の植生はこのあたりでは珍しい照葉樹林帯となっています。山頂の奥宮の裏手から背後の山に続く踏み跡があり、ミニ周遊コースとして歩くこともできそうです。こちらの方は冬期なら明るい雑木林です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1031人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/11/12
投稿数: 22
2020/5/5 8:32
 ご無沙汰です
こんにちは
何年か前に小鹿野・育玉山のレコを参考にさせて頂きました
tamaleでございます
先日、間瀬湖周辺の尾根を歩いて 時間が余ったので
児玉男体山の取り付きを確認に行ったのですが
墓場の脇が荒れた沢状になっていて
とても「廃林道」の呈を成していませんでした
暑さもあり引き上げましたが
写真一枚目の地図は本当に的を得ていて参考になります
これを携行して冬場にトライしようと思います
登録日: 2011/1/22
投稿数: 10
2020/5/5 13:32
 Re: ご無沙汰です
tamaleさん、コメントありがとうございます。
暑い時期に行ってひどい目にあったという方もいましたので、
この山域は冬期限定で考えた方がいいかもしれませんね。
児玉地方の山は、城峰山を除けば冬でも雪がついてることが少なく、短時間で登れるので、
私は探索がてら足慣らしを兼ね、よく出かけます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 林道 直登 トラバース 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ