また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 62532 全員に公開 沢登り丹沢

皆瀬川水系 オオタ沢

日程 2010年05月03日(月) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

県道725号/オオタ沢出合対岸路肩9:56−
10:02皆瀬川徒渉−
オオタ沢右岸経路−
10:45標高275m二俣10:57−
11:21標高345m十字峡−
本流10m滝(右岸巻き)11:32−
11:40標高380m二俣11:50−
12:30標高470m二俣12:50−
(左俣へ)
13:51高松山北西部標高690m尾根上14:12−
高松山西尾根(オオタ沢右岸尾根)下降−
15:11人遠南部/皆瀬川河原(対岸へ徒渉し県道へ)−
15:26駐車路肩
コース状況/
危険箇所等
■皆瀬川水系オオタ沢
  遡行グレード:1級
  ポイント:途中まで概ね右岸に古い経路があるのでこれを使える。
       見所は標高345mから上流で、見栄えのする幾つかの滝と
       その上流は幅は広くはないが連続したナメがよく発達している。
       最後の上流部は多少藪がうるさいが
       人知れず森の中の渓流歩きといった好印象の沢だ。
       展望のよい高松山へのバリエーションルート。
  .▲廛蹇璽舛狼豺馥246号で山北駅前交差点をやり過ごし
   「八丁」方面への標識に従い右折し県道725号に入る。
   足柄西部環境センター(ごみ処理場)の立派な施設を通り過ぎ
   湯ケ澤橋の先、数十m辺りに路肩が広くなった場所がある。
   この路肩スペースの端から皆瀬川河原に降りる経路がある。
  皆瀬川を対岸に渡る橋は流失しているので足を濡らして徒渉する。
   藪の中に入るように経路が続いている。
   この経路は標高275m二俣まで概ねオオタ沢の右岸(つまり上流に向かい
   左側のこと)についていて途中の堰堤越しも楽にこなせる。
   ただし途中右岸がガケになっている箇所も2箇所あったので、
   そこだけ一旦左岸に渡りほとんどすぐに右岸に渡り返した。
  1βΔ烹加複隠毅蹐曚匹凌緡未遼海靴ぢ譴鮓送り少しで
   標高275m二俣に着く。水量比は1:2。
  275m二俣から右へ行くと沢はゴルジュ地形となる。
   ここは下手にへつるより足甲程度を濡らして歩いた方がよいであろう。
   ゴルジュが終わると左側に5m級の滝で小さな支流が入ってくる。
  ド弦345mは十字峡のようになっている。
   南側から4段25m滝、東側から3段20m滝、本流は北側からで
   この沢の大滝といえる10m滝が堂々とした姿を現す。
   左側の広葉樹林帯から脆いが巻ける。
  ι弦380m二俣は、左俣が7mスダレ状滝が見事。
   本流の右俣はS字型のゴルジュとなり、その奥に2m、2段3m、
   2段7m、4m滝が連続。まとめて左側の植林帯から巻く。
  北側から水量の少ない支沢をやり過ごせば、幅は狭いがきれいな
   ナメがずっと連続している。流木や藪がなければ更によいポイント。
   途中経路が横切っていて、ナメ帯の右岸にしばらくついている。
  ┝菴絮瓩寮茲標高470m二俣。水量比は3:2くらい。
   今回は左俣へ歩を進めてみる。
  二俣から先は沢に藪や流木が目立ってきて一部歩きにくい。
  3m滝を左から越せば、標高525m二俣。水量比は2:1。
  左に枝ルンゼが合わさる5m滝は右側から高巻く。
  最後は植林帯の斜面になって沢は終わる。

■高松山西尾根(オオタ沢右岸尾根 ※双方仮称)
  地形図とコンパスを読んでいれば特に難しいポイントはなかった。
  標高620mから南側の尾根に降りる経路、標高520mからP465mに向かう
  尾根の経路が検証せず。そのまま皆瀬川まで西方向へ降りた。
  尾根の末端はご他聞にもれず急であったが、ロープ等使わず降りられた。
ファイル 20100503ootasawa.xls (更新時刻:2010/05/03 00:11)
過去天気図(気象庁) 2010年05月の天気図 [pdf]

写真

オオタ沢出合対岸の路肩を使わせてもらった
ミラー辺りで河原に降りる経路がある
2010年05月03日 09:56撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオタ沢出合対岸の路肩を使わせてもらった
ミラー辺りで河原に降りる経路がある
河原に下りる経路
2010年05月03日 09:56撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原に下りる経路
橋は流失しているので足を濡らして渉らなければならない(沢だから当たり前か)
2010年05月03日 09:57撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋は流失しているので足を濡らして渉らなければならない(沢だから当たり前か)
皆瀬川
この辺で対岸に渉る
2010年05月03日 10:02撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆瀬川
この辺で対岸に渉る
オオタ沢側に少し歩くと藪の中に経路があった
オオタ沢右岸経路だ
2010年05月03日 10:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオタ沢側に少し歩くと藪の中に経路があった
オオタ沢右岸経路だ
右岸経路を使い堰堤を巻く
2010年05月03日 10:21撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸経路を使い堰堤を巻く
標高275m二俣
ここで一旦経路から外れ右俣を行く
2010年05月03日 10:42撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高275m二俣
ここで一旦経路から外れ右俣を行く
右俣はゴルジュ地形となる
2010年05月03日 11:00撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣はゴルジュ地形となる
標高345mは十字峡といってもよい
2010年05月03日 11:21撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高345mは十字峡といってもよい
十字峡に南側から入る沢は確認しただけでも4段25m滝
2010年05月03日 11:22撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十字峡に南側から入る沢は確認しただけでも4段25m滝
1
東側から入る沢は3段20mはある
2010年05月03日 11:23撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側から入る沢は3段20mはある
1
本流は北側から入る
やはり10m滝が出てくる
2010年05月03日 11:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流は北側から入る
やはり10m滝が出てくる
1
10m滝は左側から高巻く
2010年05月03日 11:31撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝は左側から高巻く
標高380m二俣の左俣には7mスダレ状の滝
2010年05月03日 11:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高380m二俣の左俣には7mスダレ状の滝
右俣はゴルジュ地形となりS字状のきれいな流れ
2010年05月03日 11:50撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣はゴルジュ地形となりS字状のきれいな流れ
ゴルジュの中にかかる2段7m滝
2010年05月03日 11:57撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュの中にかかる2段7m滝
4つの滝をまとめて左側から高巻く
2010年05月03日 12:00撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4つの滝をまとめて左側から高巻く
1
上部はナメが連続している
2010年05月03日 12:07撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部はナメが連続している
1
ナメ帯の右岸には経路があった
2010年05月03日 12:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ帯の右岸には経路があった
取水堰
この上が標高470m二俣
2010年05月03日 12:29撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取水堰
この上が標高470m二俣
標高470m二俣
2010年05月03日 12:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高470m二俣
左俣に入ると少々藪がうるさくなる
2010年05月03日 12:52撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣に入ると少々藪がうるさくなる
最後の詰めは植林の中を登る
2010年05月03日 13:47撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の詰めは植林の中を登る
高松山西尾根(仮称)の最上部に飛び出る
2010年05月03日 14:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高松山西尾根(仮称)の最上部に飛び出る
高松山西尾根(オオタ沢右岸尾根)を下降
2010年05月03日 14:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高松山西尾根(オオタ沢右岸尾根)を下降
尾根の末端は急になる
2010年05月03日 15:03撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の末端は急になる
皆瀬川河原に無事下りる
2010年05月03日 15:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆瀬川河原に無事下りる
県道から眺めたオオタ沢方面
2010年05月03日 15:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道から眺めたオオタ沢方面
1

感想/記録
by kamog

丹沢の沢を志向する人ならば地図を眺めていると目に付くオオタ沢。
あまり記録のない山北の皆瀬川支流で
結構長いので目に付かないわけはない。
以前、山北駅から県道725線を皆瀬川沿いに歩いて
人遠(ひとどお)や八丁集落を過ぎ
高松山に登ったときにも「いつかは・・・」と気にかけていた。

オオタ沢は予想よりも
「奥深い森の中の渓流遡行」という印象だった。
前半は右岸に古い経路。
中盤は期待以上に見栄えのする幾つかの滝と
こじんまりながらもよく発達したナメ帯。
そして最後はちょっと藪がうるさかったが
詰めまで水があり
途中湧き水もあって
森と水の豊かな沢だった。

また比較的マイナーなエリアだから
人に会うこともない静かな遡行が楽しめた。

驚いたことに沢の中とはいえ
出合、二俣など要所で携帯(ドコモ)が通じたことだ。
西側の小高い市間集落があるからだろうか。
訪問者数:3573人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ