また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 6452071
全員に公開
積雪期ピークハント/縦走
富士・御坂

毛無山、十二ヶ岳、節刀ヶ岳、鬼ヶ岳

2024年02月11日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
10:02
距離
11.8km
登り
1,262m
下り
1,262m
歩くペース
標準
1.01.1
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
8:28
休憩
1:30
合計
9:58
7:32
7:32
0
7:41
7:44
114
9:38
10:09
5
10:14
10:15
18
10:33
10:39
40
11:19
11:23
12
11:35
11:47
43
12:31
12:32
41
13:13
13:13
8
13:21
13:25
24
13:49
13:50
3
13:53
14:00
3
14:03
14:03
14
14:17
14:19
31
14:50
14:56
61
15:57
16:06
71
17:17
17:18
3
17:26
ゴール地点
過去天気図(気象庁) 2024年02月の天気図
アクセス
毛無山への登り
2024年02月11日 09:06撮影 by  SCV43, samsung
2/11 9:06
毛無山への登り
十一ヶ岳
2024年02月11日 11:19撮影 by  SCV43, samsung
2/11 11:19
十一ヶ岳
十一ヶ岳から十二ヶ岳
2024年02月11日 11:19撮影 by  SCV43, samsung
1
2/11 11:19
十一ヶ岳から十二ヶ岳
十二ヶ岳山頂からの西湖
2024年02月11日 12:16撮影 by  SCV43, samsung
2/11 12:16
十二ヶ岳山頂からの西湖
十二ヶ岳山頂
2024年02月11日 12:18撮影 by  SCV43, samsung
1
2/11 12:18
十二ヶ岳山頂
金山
2024年02月11日 13:21撮影 by  SCV43, samsung
2/11 13:21
金山
節刀ヶ岳山頂から富士山
2024年02月11日 13:54撮影 by  SCV43, samsung
2/11 13:54
節刀ヶ岳山頂から富士山
節刀ヶ岳から鬼ヶ岳方面
2024年02月11日 13:55撮影 by  SCV43, samsung
2/11 13:55
節刀ヶ岳から鬼ヶ岳方面
節刀ヶ岳から西湖方面
2024年02月11日 13:55撮影 by  SCV43, samsung
2/11 13:55
節刀ヶ岳から西湖方面
節刀ヶ岳から十二ヶ岳方面
2024年02月11日 13:55撮影 by  SCV43, samsung
2/11 13:55
節刀ヶ岳から十二ヶ岳方面
節刀ヶ岳から富士山方面
2024年02月11日 13:55撮影 by  SCV43, samsung
2/11 13:55
節刀ヶ岳から富士山方面

感想

 毛無山登山口の駐車場がトンネル手前から、抜けて右側路地に少し入ったところに移動していた。1週間ほど前に関東甲信に降った大雪の残雪で、毛無山登山口から積雪が20〜30cm程あった。予想外の雪山登山になった。ちょうど同時に河口湖方面から男女4人の中高年パーティーが登山口にやって来た。雪山装備はしていないようだったが、チェーンアイゼンは持っているようだった。あちらも登山口でスパッツを着けていたようだった。
 登山口は標高800mほど、毛無山は1500m、緩やかな雪道の登りが長く続いて、山頂に着いた。富士山や河口湖の眺望が素晴らしかった。スマホで写真を撮ろうと思ったが、天気が良くて明るすぎると、画面が暗くてよく見えず、カメラ操作がうまくできず断念した。それに時間をとっているうちに、先ほどの4人パーティーが山頂に到着してきた。雪であまり休める場所もないので、入れ替わり十二ヶ岳に向けて出発した。雪が柔らかく、今まで滑りそうもなかったが、ここから12本爪アイゼンを着けた。
 ここからも昨日あたりの1、2人の踏み跡がついていたが、入山者は少ない。先日のココヘリ雪山講習会で山岳ガイド奥田仁一さんは、入山者が少ないほど難易度は上がるとのことだ。気を引き締めて、慎重に行きたい。稜線沿いのコースを一ヶ岳から十二ヶ岳まで順に看板が立っていたので、たどりながら行った。アップダウンが多くあり、残置ロープを使って下ったり、登ったり、岩場もあり、特に十一ヶ岳と十二ヶ岳の間には、吊り橋があり、急な崖登りがあり、残置ロープを使って登った。
 十二ヶ岳山頂には、先客の若い2人組のパーティーが居て、小犬を連れていた。どこから登ったか聞くと、キャンプ場の十二ヶ岳登山口から登ったとのこと。毛無山からの縦走コースよりはなだらかなのかもしれない。山頂は狭いが看板や祠があり、神社のよう。眺望も西湖や、富士山は雲がかかっていたが良好だった。
 金山、節刀ヶ岳方面の尾根も少ないが踏み跡があった。十二ヶ岳から急な下りがあったが、急なアップダウンは減り、樹林帯の金山に着いた。節刀ヶ岳と鬼ヶ岳方面の分岐の標識が立っていた。まだ時間は13時半なので、節刀ヶ岳に向かった。しばらく行くと、前方70mほどの登山道を黒ぽい動物が横切っていくのが見えた。立ち止まってよく観察して見たが、向こうも立ち止まってこちらを見ていた。熊かもしれないとよく見たが、顔の周りが白く、太めのカモシカかもしれない。角は見えなかった。10分くらい止まっていたが、向こうが登山道の斜面を降りていった。移動して足跡を確認したが、蹄ぽい跡があったがはっきりとはわからなかった。通り越してしばらくすると節刀ヶ岳に着いた。少し曇ってきたが眺望はよい。
 金山に戻って、鬼ヶ岳方面に向かった。14時20分近くなり天気予報通り曇ってきた。緩やかに下りまた登り、しばらくするとピークがあり、踏み跡が2つに分かれる分岐に出た。標識は何も無かった。ヤマレコやGPSで確認すると、ここが鬼ヶ岳で、雪頭ヶ岳と鍵掛峠方面の分岐のようだ。15時近くなっていたので、雪頭ヶ岳に行くのは省略して、鍵掛峠に向かう。徐々に下っているが、縦走路なので1600〜1500mで積雪もまだある。16時近くなって鍵掛峠に到着した。
 少し休んで、ここからやや急な下山路を下って行く。幾分雪が少なくなってきた。つづら折りのなだらかな道をひたすら降りて、沢のダム堤が見てきた。少し行くと林道に出たので、アイゼンをはずした。そのうち人家が見え始め、車道に出た。数軒の茅葺き屋根の民宿が立ち並んでいた。白川郷のようで珍しい。根場民宿のバス停に到着した。
 ここから西湖周遊バスに乗って、毛無山登山口まで行く予定であったが、だいぶ先を17時11分の最終バスが行くのが見えた。仕方なく西湖沿いの県道を1時間ほどかけ、毛無山登山口駐車場まで戻った。小雪がちらちら降ってきて、暗くなったので、ヘッドライトを点けて歩いた。   
              (みずなら山の会)

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:158人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 富士・御坂 [日帰り]
技術レベル
2/5
体力レベル
3/5
無雪期ピークハント/縦走 富士・御坂 [日帰り]
毛無山〜十二ヶ岳〜鬼ヶ岳
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
3/5
体力レベル
3/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら