また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 6497733
全員に公開
ハイキング
霊仙・伊吹・藤原

松尾山、玉城山、伊吹山(上平寺から周回)

2024年02月24日(土) 〜 2024年02月25日(日)
 - 拍手
体力度
5
1泊以上が適当
GPS
08:37
距離
19.1km
登り
1,657m
下り
1,635m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

1日目
山行
11:17
休憩
0:40
合計
11:57
6:08
22
スタート地点
6:30
6:54
460
14:39
14:41
6
14:47
14:49
43
15:31
15:37
26
16:21
16:22
82
17:50
17:54
6
2日目
山行
3:32
休憩
0:01
合計
3:33
天候 1日目 晴れ
2日目 雪から霧雨
過去天気図(気象庁) 2024年02月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
松尾山、上平寺登山口無料駐車場
コース状況/
危険箇所等
松尾山、玉城山は特に問題なし。
伊吹山上平寺から山頂まで崩落なし。三ノ宮からのルートは崩落箇所が復旧していない模様。山頂下のガレ場になると踏み跡が明瞭でないが、どこでも登っていける。東尾根は山頂下は立木や藪のなか、一部踏み跡が薄いので注意、道路から上平寺への道は薄めに踏み跡がついている。
その他周辺情報 居醒の清水、泉神社御神水
小早川秀秋の本陣、松尾山
小早川秀秋の本陣、松尾山
松尾山からの眺め、家康鉄砲隊にけしかけられる昼まで動かず
松尾山からの眺め、家康鉄砲隊にけしかけられる昼まで動かず
石田三成の本陣、茶臼山
石田三成の本陣、茶臼山
茶臼山からの眺め、眼下に東軍が迫り、三成は伊吹山方面へ敗走
茶臼山からの眺め、眼下に東軍が迫り、三成は伊吹山方面へ敗走
道を間違えたら、沢水に出会う
道を間違えたら、沢水に出会う
伊吹山は雪もなさそう
伊吹山は雪もなさそう
ガレ場は、白い岩が多く、これがヤマトタケルが見た白い猪?白い蛇?伊吹山の荒神様か?侮らないように慎重に進む
ガレ場は、白い岩が多く、これがヤマトタケルが見た白い猪?白い蛇?伊吹山の荒神様か?侮らないように慎重に進む
割と勾配がある、雪面で凍っていると怖いな
割と勾配がある、雪面で凍っていると怖いな
琵琶湖に日が沈む
琵琶湖に日が沈む
関が原も夕暮れ、伊勢湾まで見えた。山間を東西を分ける中山道(東山道)、伊勢街道がよく分かる。敵前突破した島津軍はあの道を駆けていったのか。
関が原も夕暮れ、伊勢湾まで見えた。山間を東西を分ける中山道(東山道)、伊勢街道がよく分かる。敵前突破した島津軍はあの道を駆けていったのか。
山頂には少し雪が残っていて、琵琶湖の北部、竹生島も見えた。
山頂には少し雪が残っていて、琵琶湖の北部、竹生島も見えた。
山頂からのパノラマ
山頂からのパノラマ
やっと来れた伊吹山
やっと来れた伊吹山
弥勒菩薩にきれいな満月が上る
弥勒菩薩にきれいな満月が上る
山頂に立てたヤマトタケルもうれしそう
山頂に立てたヤマトタケルもうれしそう
長浜や彦根の街明かりも比叡山も美しい
長浜や彦根の街明かりも比叡山も美しい
すっかり暮れ、琵琶湖の対岸も見え、大湖を見渡す
すっかり暮れ、琵琶湖の対岸も見え、大湖を見渡す
朝には寒そうなヤマトタケル様、さあ下山しましょう
朝には寒そうなヤマトタケル様、さあ下山しましょう
弥勒さまにお願いした
弥勒さまにお願いした
山頂三角点も寒そう
山頂三角点も寒そう
東尾根の上部、浮石注意
東尾根の上部、浮石注意
霧雨が森に舞い降り、幻想的な景色に
霧雨が森に舞い降り、幻想的な景色に
もうじきドライブウェイも開業かな
もうじきドライブウェイも開業かな
東尾道、落葉踏んでいい気持ち
東尾道、落葉踏んでいい気持ち
堰堤下にはしごあり、上部も渡れるのかな
堰堤下にはしごあり、上部も渡れるのかな
京極氏の居所跡と上平寺城を巡るいいコースです
京極氏の居所跡と上平寺城を巡るいいコースです

感想

関ヶ原とヤマトタケル、古の闘いに時遡る

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:755人

コメント

お尋ねですが、現在伊吹山は米原市の行政指導で「入山禁止」ですが、なぜ登山をされるのですか?死亡1名、行方不明1名、負傷1名をだしており「保険関係の適用もされません」批判ではなくて「登られる方の心情を知りたいだけですが、行政指導を振り切り看板・ロープをスルーしての登山は法律ではなく自由で結構なのですが、下山してなおサイトに投稿するお気持ちを教えていただけませんでしょうか?」
2024/3/2 5:59
いいねいいね
8
配慮が足りず申し訳ありませんでした。自粛要請中の登山はいつもに増してリスクがあることを理解していたつもりでしたが甘かった気もします。上平寺城址までは問題なく散策できますが、その上へ行く登山は、バリルートよりは危険性が低いと思われるものの、やはり一般登山の持つリスクに増して危険性が高くなります。レコは登山の勧めではありませんので、よく考えた上の自己判断と自己責任でお願いします。
2024/3/4 22:29
誠実に、ご回答有難うごさいました。
ひとこと余計ですが、老害でもなく50年以上もう長い間山を見つめてきましたが、いちいち細かくいって申し訳ありません。こういう機会しかありませんので・・・ひとこと余計な一般的な長文ですが。

自由主義経済のもと30数年前に経済用語で投資関係に使われた「自己責任」という言葉は登山にはありません。
当時会社の幹部会議で上司が「自分の管理責任のことを、部下に自己責任でやれ」といったことに驚きました。すでにこの時から「誤用」は始まっていて、

もう今では「責任放棄・回避の言葉としてひろく世間で使われていますが間違いなことを申し添えます」捜索隊・地元・遭難対策協議会に迷惑をかけ、通夜、葬式の手配、ご遺体の搬送からすべて遭難者自身で事故の顛末の処理ができないからです、家族の将来に影響もでます。ここがわからないと「自己責任」を「自由」と勘違いする羽目になり「準備や対応」を疎かにして「ルールまたは常識」を守らないという元の考え方になります。

ぴったりな言葉はどんな悲劇が生まれようとも「自業自得」ということです、保険や遭難した時の対応について事前にできることはやっておくというのが「責任」を少しでも軽くしておくことが涵養な事です、ほとんどの関係者から一般登山者、警察・消防まで「自己責任」という「責任放棄」の言葉を最近とうとう使うようになりおかしなことです。

「山は自己責任」は「自由に登っていい」になり、「法律適用でも守らない」になり「山域のルールを守らない」「法律ではなくとも保険の適用もない、重大な過失と定義される登山をする」したがって「万が一のことに備えない、浅慮な登山をする」ということではないかと理解しています、山は奥深いです、最近はNET知識で登る方が増えて先輩や先達から山のイロハを教えてもらうことは無くなり間違った知識や言葉が当たり前になっていますが、お気をつけください。

詳しくは「佐藤優」さんのコメントを参照下さい。

https://toyokeizai.net/articles/-/337633
2024/3/5 6:24
いいねいいね
2
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

無雪期ピークハント/縦走 霊仙・伊吹・藤原 [日帰り]
伊吹山(弥高尾根-上平寺尾根ルート)
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
4/5
体力レベル
3/5

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら