また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 65420 全員に公開 沢登り丹沢

葛葉川水系 滝ノ沢

日程 2010年05月26日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候曇り時々薄日
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

県道70号/表丹沢林道9:10-
表丹沢林道-
滝の沢右岸尾根下降9:35-
9:50向山林道-
9:52滝の沢入渓-
10:40不動の滝基部(右岸高巻き)-
11:32表丹沢林道-
11:53県道70号/表丹沢林道起点
コース状況/
危険箇所等
■丹沢の沢登り記録全般
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html

■葛葉川水系 滝の沢(公開しませんが遡行図詳細に取りました)
  遡行グレード:1級
  アプローチ:今回は午後から雷雨予報のため早く行動したかったので
        県道70号線の表丹沢林道入口(ヤビツ峠行きのバス停あり)
        に邪魔にならないよう停めさせてもらった。
        秦野駅からバスで行くこともできる。
        (下記写真時刻表参照)
        表丹沢林道を西側(大倉方面)へ歩き、2つ目の大きな尾根
        である滝ノ沢右岸尾根を僅かな踏み跡通しに下降。
        標高550m尾根の分派は左を下ると「宝くじ 桜植樹」と
        「不動の滝」の案内表示がある。
        ここから左手の経路を行けば滝の沢最大の滝「不動滝」へ
        アプローチもできる。
        向山林道へ問題なく降り左に進めばすぐに滝の沢である。

  ‘渓するとすぐに1m滝、そして3m滝と続く。
   3m滝は水流か、やや左手を登る。卦-で少しだけ濡れてしまう。
   その上の堰堤は左側から巻く。
  ∫が被った2m滝、1m、1.5m滝、堰堤を2つ越すと開けた河原となる。
  2聾兇留に進むとややゴルジュとなり、3m滝、そして10m滝。
   10m滝は右側土ルンゼを上がり落ち口へトラバースする。
   続く4m滝は左側を上がると、宝くじ桜植樹の右岸尾根から不動滝へと
   続いているしっかりした登山経路に出るのでこれを不動滝まで使う。
  ど堝安譴郎限Δ防堝安困祀られており、下からだと下段10mしか
   見えないが、その上にも5m上段がある。
   下段は右手斜上バンドから登れそうにも見えるが、バチが当たりそうなので
   不動尊の左手から右岸尾根を少し大きく高巻いた。上段落ち口の上に出る。
  ド堝安譴両緡は少しの間、平凡になるが、1.5m滝が3つと2m滝を越すと
   ナメ+3m、ナメ+4mのきれいな滝が出てくる。
  最後の堰堤を右側から巻きしばらくで上部に林道が見え隠れする。
   右手のザレを問題なく詰めれば表丹沢林道へ戻ってこられる。
ファイル 20100526takinosawa.xls (更新時刻:2010/05/26 07:32)
過去天気図(気象庁) 2010年05月の天気図 [pdf]

写真

表丹沢林道入口
2010年05月26日 09:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表丹沢林道入口
林道からこの尾根を下降する
2010年05月26日 09:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道からこの尾根を下降する
途中にある「宝くじ桜植栽地」碑
ここから滝の沢方向へ経路をたどれば不動滝へ続く
2010年05月26日 09:45撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にある「宝くじ桜植栽地」碑
ここから滝の沢方向へ経路をたどれば不動滝へ続く
向山林道へ降りすぐに滝の沢
2010年05月26日 09:52撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向山林道へ降りすぐに滝の沢
1m滝のあとの3m滝
水流沿いか少し左を登れる
2010年05月26日 09:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1m滝のあとの3m滝
水流沿いか少し左を登れる
続く堰堤は左側から巻く
2010年05月26日 09:56撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続く堰堤は左側から巻く
3つ目の堰堤の上は開けた河原状となる
2010年05月26日 10:13撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つ目の堰堤の上は開けた河原状となる
河原の奥に進めばややゴルジュ状となり
3m滝、10m滝と続く
2010年05月26日 10:24撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原の奥に進めばややゴルジュ状となり
3m滝、10m滝と続く
見栄えのする10m滝
右側の土ルンゼから登り、落ち口へトラバースする
2010年05月26日 10:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見栄えのする10m滝
右側の土ルンゼから登り、落ち口へトラバースする
10m滝を落ち口へ向けトラバース
2010年05月26日 10:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝を落ち口へ向けトラバース
10m滝の上にある5m滝は左側から巻くと
不動滝へと続く登山経路に合流する
2010年05月26日 10:34撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝の上にある5m滝は左側から巻くと
不動滝へと続く登山経路に合流する
10mの不動滝
上段5m滝は見えない
2010年05月26日 10:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10mの不動滝
上段5m滝は見えない
不動滝基部左手にある不動尊
2010年05月26日 10:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝基部左手にある不動尊
不動尊の左手から少し大きく高巻く
上段5mも見えてくる
2010年05月26日 10:44撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尊の左手から少し大きく高巻く
上段5mも見えてくる
高巻きの最中
2010年05月26日 10:50撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻きの最中
上段の落ち口
2010年05月26日 10:53撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段の落ち口
不動滝の上流部
2010年05月26日 10:58撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝の上流部
1.5m滝が連続する
2010年05月26日 11:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1.5m滝が連続する
ナメを従えた階段状4m滝
2010年05月26日 11:13撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメを従えた階段状4m滝
4m滝落ち口
2010年05月26日 11:16撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m滝落ち口
表丹沢林道も近づいたあたりの左手ザレを詰める
2010年05月26日 11:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表丹沢林道も近づいたあたりの左手ザレを詰める
表丹沢林道へ這い上がった
2010年05月26日 11:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表丹沢林道へ這い上がった
滝ノ沢を振り返る
2010年05月26日 11:35撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝ノ沢を振り返る
秦野盆地には雲底がはっきりした積乱雲が徐々に出始めている
2010年05月26日 11:39撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秦野盆地には雲底がはっきりした積乱雲が徐々に出始めている
県道70号表丹沢林道起点に戻る
2010年05月26日 11:53撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道70号表丹沢林道起点に戻る
県道70号にあるバス停の時刻表
2010年05月26日 12:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道70号にあるバス停の時刻表

感想/記録
by kamog

午後からは雷雨予報。
のんびりはしていられないので、いつものアプローチベースである
県道70号菜の花台はやり過ごし、表丹沢林道入口をベースにする。
表丹沢林道から滝ノ沢右岸尾根を下降し向山林道へ。
途中不動滝へのアプローチ登山経路を確認する。
表丹沢林道から向山林道へは15分少々で下降できた。
滝の沢はすぐ横。

この沢は葛葉川の支流の中では
10mクラスの滝を複数かけており
一番沢登りらしくて遡行感度もよい。

もうこの時期だからヤマビルも危惧して
ディート入りの虫除けとヤマビルファイターを塗布して臨んだが
2匹が靴下にいたくらいであまり見かけなかった。
今年は勘七ノ沢でもほとんど見かけておらず昨年より少ない。
春先まで降った雪の影響もあると思う。
降雪回数は昨冬の3倍以上あったし
沢に落ちていたシカさんも多く見かけたしなぁ。

表丹沢林道には昼前に戻れた。
谷沿いにはローターの下ろし風でガスが下降している。
逆に吹いてくる風が冷たくなってきたが
まだ雷風じゃあない。
何とか安全な状況のうちに車まで戻ったので
残った行動食を食べ、靴下の張り付いていた今日の山の余韻・・・ヒルちゃんに
虫除けを散布して退いて貰った。
訪問者数:2743人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/11/9
投稿数: 1228
2010/5/26 22:13
 丹沢縦走
kamog先生、お疲れ様です。
やっぱりヒルがいるんですね。
実はこの間、「ヒル下がりの○ョニー」というものを買いました。近々に
丹沢主稜を日帰りで縦走することで計画しておりまして、その時に持って
行こうと思っております。なるべくならヒルさん達とはお会いしたくありま
せんが・・・。

また、クライミング講習もスポットで参加させてください。
maさん、seさんにもよろしくお伝えください。
登録日: 2005/11/15
投稿数: 532
2010/5/27 7:06
 いよいよ
夏に向け体力強化期間ですね。
がんばってください。

ジョニーは直接素肌には塗布しないようにしてくださいね。
靴や靴下、衣類の上からです。
あとはディートが入っている虫除けスプレーでも効きますよ。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ