ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6564881
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
奥武蔵

伊豆ヶ岳南東尾根(殿入谷右岸尾根)

2024年03月17日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
08:38
距離
17.6km
登り
1,268m
下り
1,323m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
7:43
休憩
0:55
合計
8:38
7:56
41
8:39
8:39
155
11:14
11:31
19
11:49
11:53
28
12:21
12:25
18
12:43
12:45
21
13:06
13:15
34
13:49
13:49
9
13:58
14:00
2
14:03
14:03
59
15:02
15:03
23
15:26
15:27
14
15:41
15:41
3
15:44
15:57
16
16:14
16:14
20
16:34
16:34
1
16:34
ゴール地点
天候 晴れ時々曇り
過去天気図(気象庁) 2024年03月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車
◾行き 西武秩父線・西吾野駅で下車。
◾帰り 西武秩父線・吾野駅から乗車。
コース状況/
危険箇所等
◾南東尾根(殿入谷右岸尾根)取り付き〜伊豆ヶ岳

・取り付きは白壁のお堂の裏から。尾根末端は急斜面でかすかな踏み跡が錯綜しており、登りやすい所を適当に選んで登る。お堂から高度差約50m登ると明瞭な尾根になり歩きやすくなる。
・670m付近から露岩、やせ尾根、籔が現れる。籔が少々煩わしいが、尾根を外さずに登る。
・伊豆ヶ岳頂上直下で東尾根からのトラバースルートが合流する。
この先の尾根は壁のような急斜面なので、ここから西へ植林帯の斜面をトラバースして一般コースに出てから頂上へ登ったが、その斜面は足元が崩れやすくて難儀した。頂上へ直登した方が早かったかも知れない。

◾伊豆ヶ岳〜子ノ権現
よく整備された一般コースだがアップダウンが激しく、へばっている人を何人か見た。

◾子ノ権現〜秩父御嶽神社
このコースは「奥武蔵登山詳細図」には赤の破線(道標はあるが荒れた登山道)として記載されている。
実際に歩いてみると荒れているという印象はなく、静かでなかなか良いコースだった。
目印や小さな道標が見られ、コース外の枝尾根の入口には進入防止のために、木の枝が横に並べて置かれている。
地形の複雑な尾根なので読図の練習がてらに歩くのにも良いコース。

※残雪、ぬかるみ等は一切ありませんでした。
西武秩父線・西吾野駅からスタート。
2024年03月17日 07:57撮影 by  SC-02K, samsung
3
3/17 7:57
西武秩父線・西吾野駅からスタート。
南東尾根取り付きにある白壁のお堂。このお堂の裏から登る。
尾根末端はかなりの急斜面で、歩きやすい所を適当に選びながら登って行く。
2024年03月17日 08:53撮影 by  SC-02K, samsung
2
3/17 8:53
南東尾根取り付きにある白壁のお堂。このお堂の裏から登る。
尾根末端はかなりの急斜面で、歩きやすい所を適当に選びながら登って行く。
尾根上はすっきりとしている。
2024年03月17日 09:31撮影 by  SC-02K, samsung
5
3/17 9:31
尾根上はすっきりとしている。
ほとんど植林されているが、たまにこのような立派な大木を見る。
2024年03月17日 09:36撮影 by  SC-02K, samsung
4
3/17 9:36
ほとんど植林されているが、たまにこのような立派な大木を見る。
490mで石仏様を発見。その石仏様はここから北東へ派生する尾根の方向を向いていたので、昔はその尾根に道があったのかも。
2024年03月17日 09:44撮影 by  SC-02K, samsung
3
3/17 9:44
490mで石仏様を発見。その石仏様はここから北東へ派生する尾根の方向を向いていたので、昔はその尾根に道があったのかも。
露岩が出てきた。この場所を登った先で籔が現れる。
2024年03月17日 10:20撮影 by  SC-02K, samsung
3
3/17 10:20
露岩が出てきた。この場所を登った先で籔が現れる。
ここにも露岩(振り返って見たところ)
2024年03月17日 10:35撮影 by  SC-02K, samsung
6
3/17 10:35
ここにも露岩(振り返って見たところ)
伊豆ヶ岳頂上に着いた。
2024年03月17日 11:15撮影 by  SC-02K, samsung
4
3/17 11:15
伊豆ヶ岳頂上に着いた。
花粉で登山靴が黄色くなった。すげ〜な😅
2024年03月17日 11:16撮影 by  SC-02K, samsung
11
3/17 11:16
花粉で登山靴が黄色くなった。すげ〜な😅
高畑山頂上。
2024年03月17日 12:21撮影 by  SC-02K, samsung
4
3/17 12:21
高畑山頂上。
送電線は撤去され、送電塔だけ残されている。
2024年03月17日 12:30撮影 by  SC-02K, samsung
2
3/17 12:30
送電線は撤去され、送電塔だけ残されている。
怖っ‼️(・・;)
2024年03月17日 12:33撮影 by  SC-02K, samsung
2
3/17 12:33
怖っ‼️(・・;)
中ノ沢ノ頭頂上。
2024年03月17日 12:44撮影 by  SC-02K, samsung
3
3/17 12:44
中ノ沢ノ頭頂上。
天目指峠の休憩所。
2024年03月17日 13:08撮影 by  SC-02K, samsung
2
3/17 13:08
天目指峠の休憩所。
子ノ権現にある鉄のワラジ。重さ2トンあるとか。
2024年03月17日 14:00撮影 by  SC-02K, samsung
8
3/17 14:00
子ノ権現にある鉄のワラジ。重さ2トンあるとか。
秩父御嶽神社へはここから。
2024年03月17日 14:13撮影 by  SC-02K, samsung
2
3/17 14:13
秩父御嶽神社へはここから。
ちゃんとした道標もある。
2024年03月17日 14:21撮影 by  SC-02K, samsung
2
3/17 14:21
ちゃんとした道標もある。
小床峠。丸太を組んだベンチがある。
2024年03月17日 14:59撮影 by  SC-02K, samsung
3
3/17 14:59
小床峠。丸太を組んだベンチがある。
吉田山頂上。
2024年03月17日 15:27撮影 by  SC-02K, samsung
4
3/17 15:27
吉田山頂上。
秩父御嶽神社本堂。
2024年03月17日 15:56撮影 by  SC-02K, samsung
4
3/17 15:56
秩父御嶽神社本堂。
日本海海戦時、バルチック艦隊から集中砲火され、穴だらけになった戦艦三笠の甲板。
2024年03月17日 16:05撮影 by  SC-02K, samsung
6
3/17 16:05
日本海海戦時、バルチック艦隊から集中砲火され、穴だらけになった戦艦三笠の甲板。
ロシア軍が日本海軍の侵入を阻止するため、旅順港口に布設した水雷。日本海軍が掃海して回収した。
2024年03月17日 16:09撮影 by  SC-02K, samsung
7
3/17 16:09
ロシア軍が日本海軍の侵入を阻止するため、旅順港口に布設した水雷。日本海軍が掃海して回収した。
バルチック艦隊の戦艦が使っていた砲弾。
2024年03月17日 16:09撮影 by  SC-02K, samsung
7
3/17 16:09
バルチック艦隊の戦艦が使っていた砲弾。
吾野駅に到着。お疲れ山!
2024年03月17日 16:34撮影 by  SC-02K, samsung
4
3/17 16:34
吾野駅に到着。お疲れ山!
17時05分発の飯能行きに乗車して帰途につきました。
2024年03月17日 17:04撮影 by  SC-02K, samsung
6
3/17 17:04
17時05分発の飯能行きに乗車して帰途につきました。

感想

伊豆ヶ岳バリルートの南東尾根(殿入谷右岸尾根)を登り、一般コースを子ノ権現へ。そして吉田山コースを吾野へと歩いた。

吉田山コース末端にある秩父御嶽神社境内には、日本海海戦で活躍した戦艦三笠の甲板やバルチック艦隊の戦艦が使っていた砲弾、そして日本海軍が旅順港口で回収した水雷が展示されていた。
山歩きも楽しく、また思いがけない発見にびっくりして充実した一日だった。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:152人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

無雪期ピークハント/縦走 奥武蔵 [日帰り]
関東ふれあいの道「伊豆ヶ岳をこえるみち」
利用交通機関: 電車・バス
技術レベル
1/5
体力レベル
3/5
技術レベル
1/5
体力レベル
1/5
ハイキング 奥秩父 [日帰り]
技術レベル
2/5
体力レベル
3/5
ハイキング 奥武蔵 [日帰り]
伊豆ヶ岳 花桐ルート
利用交通機関: 電車・バス
技術レベル
3/5
体力レベル
2/5
ハイキング 奥武蔵 [日帰り]
技術レベル
1/5
体力レベル
3/5
トレイルラン 奥武蔵 [日帰り]
技術レベル
2/5
体力レベル
2/5
ハイキング 奥武蔵 [日帰り]
(正丸駅発着)伊豆が岳周回コース
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
2/5
体力レベル
3/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら