また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 660949 全員に公開 沢登り磐梯・吾妻・安達太良

安達太良・杉田川

日程 2015年06月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー5人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
郡山集合でメンバーをピックアップ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

駐車場5:50〜(遊歩道)〜遠藤ヶ滝上の橋6:30/6:40〜(入渓)〜H1060m二俣10:40/10:55〜(右俣遡行)〜H1170赤テープ終了点11:40〜(林道)〜仙女平12:15/12:40〜(登山道から尾根を下降)〜駐車場14:05
コース状況/
危険箇所等
※遠藤ヶ滝までの遊歩道を歩き入渓する。
※入渓からナメが続く
※一枚岩のスラブのところが今回核心だった。
その他周辺情報※遠藤ヶ滝遊歩道駐車場にはトイレ有り、トイレの水は飲めない
※日帰り温泉はアットホーム大玉
過去天気図(気象庁) 2015年06月の天気図 [pdf]

写真

前夜泊まった駐車場をなんと6時には出発、今までで最速かも
2015年06月14日 05:53撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜泊まった駐車場をなんと6時には出発、今までで最速かも
2
登山道を歩いて行くと遠藤ヶ滝不動尊に着いた、お詣りして通る
2015年06月14日 06:00撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を歩いて行くと遠藤ヶ滝不動尊に着いた、お詣りして通る
この岩の下にも祠があった
2015年06月14日 06:20撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩の下にも祠があった
1
遠藤ヶ滝です
2015年06月14日 06:21撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠藤ヶ滝です
1
滝を回り込んだ橋から入渓
2015年06月14日 06:29撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を回り込んだ橋から入渓
1
初めからナメが続く
2015年06月14日 06:39撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めからナメが続く
3
樋状のナメ滝
2015年06月14日 06:54撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樋状のナメ滝
1
次の滝では念のためにロープが出た
2015年06月14日 08:01撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の滝では念のためにロープが出た
1
その上の7m滝、右岸を小松さんが偵察するも、上部が滑りそうなので
2015年06月14日 08:09撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上の7m滝、右岸を小松さんが偵察するも、上部が滑りそうなので
結局左岸のスラブを微妙なバランスで登る
2015年06月14日 08:22撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局左岸のスラブを微妙なバランスで登る
鉄ばしごのある滝8mを登る
2015年06月14日 08:48撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄ばしごのある滝8mを登る
1
小滝が連続する
2015年06月14日 09:32撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝が連続する
淵が深いのでドボンしないようにへつる
2015年06月14日 09:45撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淵が深いのでドボンしないようにへつる
二俣手前の滝は登れず、右から高巻き懸垂で下りた
2015年06月14日 10:01撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣手前の滝は登れず、右から高巻き懸垂で下りた
1
下りたところが二俣でした
2015年06月14日 10:55撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りたところが二俣でした
2
右沢に入ると出てきた滝
2015年06月14日 11:10撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右沢に入ると出てきた滝
源頭の雰囲気が出てきたら
2015年06月14日 11:21撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源頭の雰囲気が出てきたら
赤テープの所に着きました、ここで遡行を終わり
2015年06月14日 11:39撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープの所に着きました、ここで遡行を終わり
1
廃道になっている登山道を藪漕ぎしながら進み
2015年06月14日 11:54撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃道になっている登山道を藪漕ぎしながら進み
仙女平に到着、この写真の奥から出てきたのですよ
2015年06月14日 12:16撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙女平に到着、この写真の奥から出てきたのですよ
1
表登山道を根曲竹のタケノコを採りながら下り
2015年06月14日 12:39撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表登山道を根曲竹のタケノコを採りながら下り
1
途中から駐車場に向けて下降
2015年06月14日 13:30撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から駐車場に向けて下降
1
ドンピシャリで下りました。
2015年06月14日 14:06撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドンピシャリで下りました。
1

感想/記録
by mogu

前から杉田川を遡行してみたいと思っていたところ、さわねで出たので早速申し込んだ。初心者向きの沢というのに百名谷に選ばれているのでとても楽しみ、mogu号で集合場所の郡山駅に向かいメンバーと合流。今回は6人と大所帯、なんとかmogu号に乗ってもらい途中のスーパーで買い出しして入渓場所の遠藤ヶ滝駐車場に向かった。7時過ぎに駐車場着いたが誰もいなく早速テントを張り宴会スタート〜10時にはお開きになりました。

この時期4時過ぎには明るくなるのでみんな起き出し、それぞれに朝ご飯を食べながら支度をして出発の準備が出来たのが6時前!!これはさわねで最速の出発時間になるのではとメンバーと笑い会う。でも早く出るのは時間に余裕が出来るので良いことです。遊歩道を歩いて行くと立派なお寺遠藤ヶ滝不動尊が有りました、お詣りして先に進み遠藤ヶ滝の上を登り橋の所から入渓。

初っぱなからナメだ、思っていたよりも水量が多く淵も深い。歩いて行くとトイ状のナメ滝が出てきた滑らないように右岸を登る、またしばらく歩いて行くと階段状の滝は階段状の右岸を登る。次の滝は右岸から登るが少し立っていたのでロープが出た、続いての滝は右がスラブ状の一枚岩、小松さんが対岸を偵察にいったが上部が滑りそうなのでスラブを登ったがこれがまた滑るので大変だった。次がどの記録にも出てくる鉄ばしごの有る滝、左からハシゴを使って登りました。次の二条の滝は右から登りここからは上は深い釜を持った滝が続き二俣手前に有った滝は取り付きが悪いので右から二つの滝を高巻いて懸垂で下りたところがH1060mの二俣でした。

休憩を取り右俣を進むとだんだんと森が迫り源頭の雰囲気、二段8mの滝を登り20分ほど歩くと赤テープのある所に着きました。ここから廃道になった登山道を所々に有る赤テープを探しながらヤブの中を進み仙女平の登山道に飛び出した。ここで沢装備を解いて表登山道を下り途中から駐車場に下りる尾根に入る、ヤブも無く歩きやすい森を下り駐車場の所に戻りました。近くにあるアットホーム大玉で温泉に入りメンバーを本宮駅まで送り解散、高貫さん、K・Nさんと私は明日湯川を遡行するためにみんなと別れて塩沢温泉に向かいます。

訪問者数:915人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/15
投稿数: 1340
2015/6/18 0:16
 スラブが核心!
こんばんは。左岸のスラブが核心でしたか。昨年度、まさに右岸で事故が起こってしまいました。

行けることは行けるのですが、やはり滑るかどうかは、個人の判断になります。
登録日: 2015/1/11
投稿数: 7
2015/6/19 17:11
 送迎ありがとうございました。
こんにちは。
車での送迎お疲れの所、本当にありがとうございました。
素晴らしい沢で頼もしい仲間と一緒に沢旅のスタートが切れて、私もVERRY HAPPYでした。ますます沢にのめりこみそう、いや溺れそう! (^^;
スキルアップして頑張りま〜す。
登録日: 2008/11/17
投稿数: 164
2015/6/20 20:43
 Re: スラブが核心!
NYAAさん、こんばんは
あのスラブはトップで登った人も初めは滑ったので、右岸を偵察に行ったのですが私達には無理と判断、左岸のスラブを細かなホールドとスタンスを拾って登ったのです。
左岸のスラブもロープを出して貰い何とか突破した次第で冷や汗ものでした〜短いけどそれなりに技量がいる場所ですね。
登録日: 2008/11/17
投稿数: 164
2015/6/20 20:46
 Re: 送迎ありがとうございました。
sumire163さん、お疲れ様でした。
ますます沢にはまりましたね(笑)
沢は楽しいだけではなく怖いこともありますので、気を引き締めて楽しみましょう
登録日: 2013/2/12
投稿数: 139
2015/6/23 21:19
 すんごい早起き(゜_゜)
moguさんこんばんは。

この人数で6時前出発とは ほんと、さわね最速出発記録かもですね
今度moguさんと御一緒したときにプレッシャー感じるかも

しかも翌日湯川ですよね?タフだよな〜

ところで石筵は行かなかったんですか?
登録日: 2008/11/17
投稿数: 164
2015/6/25 7:33
 Re: すんごい早起き(゜_゜)
slowwalkerさん、どうも〜
今の時期4時過ぎには明るくなるので、寝ていられないと言うことも有ったと思うわ。
私、石筵は遡行しているので初めから行く予定はなかったけど、後のお二人もslowwalkerさんと行きたいと今回は止めたようです

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ