ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6802543
全員に公開
ハイキング
阿蘇・九重

噴火警戒前日の阿蘇山 240514

2024年05月14日(火) [日帰り]
 - 拍手
山わくわく その他1人
GPS
05:10
距離
5.8km
登り
719m
下り
725m

コースタイム

日帰り
山行
4:20
休憩
0:43
合計
5:03
8:06
141
10:34
10:36
10
10:46
11:27
20
11:47
11:47
37
12:24
12:24
10
12:34
12:34
41
13:15
13:15
1
13:16
ゴール地点
天候 快晴雲なし
過去天気図(気象庁) 2024年05月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
コース状況/
危険箇所等
仙酔尾根から高岳、中岳、鉄塔下コース周回
その他周辺情報 仙酔峡 駐車場無料 登山者は別駐車場へ誘導
仙酔峡の駐車場脇から登山道へ。さっそく今日のお目当てミヤマキリシマがお出迎え。
5
仙酔峡の駐車場脇から登山道へ。さっそく今日のお目当てミヤマキリシマがお出迎え。
見事なピンク。阿蘇くじゅうの主役。中央上部は
中岳の鞍部
7
見事なピンク。阿蘇くじゅうの主役。中央上部は
中岳の鞍部
上から駐車場を見下ろすと、ピンクはまだら。
五分咲きと勝手に判定
2
上から駐車場を見下ろすと、ピンクはまだら。
五分咲きと勝手に判定
たくさんの遭難者を出した鷲ヶ峰をバックに。
石ころ多いバカ尾根が続く。
5
たくさんの遭難者を出した鷲ヶ峰をバックに。
石ころ多いバカ尾根が続く。
ハート型の葉のマイヅルソウの白も、際立っている。今日は岩場歩きなので植物は少ない。
5
ハート型の葉のマイヅルソウの白も、際立っている。今日は岩場歩きなので植物は少ない。
だんだん高度を上げると、天候、展望もよく、遠く雲仙普賢岳も見える。
4
だんだん高度を上げると、天候、展望もよく、遠く雲仙普賢岳も見える。
バカ尾根を登り切り、仙酔分かれに着く。南側が急遽広がる。
1
バカ尾根を登り切り、仙酔分かれに着く。南側が急遽広がる。
北側はくじゅう連山。左端が、小国富士とも称される湧蓋山(わいたさん)形が良い。
5
北側はくじゅう連山。左端が、小国富士とも称される湧蓋山(わいたさん)形が良い。
高岳到着、標高1592m(ひごのくに)とうまく語呂合わせのいい、肥後国の名峰。
7
高岳到着、標高1592m(ひごのくに)とうまく語呂合わせのいい、肥後国の名峰。
高岳から中岳へ向かう途上、なんとも知れないこの写真を撮ったのは、写真の左右で地質が大きく異なるからです。左側は、まさに中岳の火口の縁側で、黒い溶岩のまま。右側は、茶色の砂岩のまま。とても不思議に思いました。海底から隆起したと思われる砂岩が溶岩の熱を受けずに、火口壁近くにいる。阿蘇の地質は、全然分かりませんが、多種多様で多色な岩石が溶岩と共にいる不思議。
4
高岳から中岳へ向かう途上、なんとも知れないこの写真を撮ったのは、写真の左右で地質が大きく異なるからです。左側は、まさに中岳の火口の縁側で、黒い溶岩のまま。右側は、茶色の砂岩のまま。とても不思議に思いました。海底から隆起したと思われる砂岩が溶岩の熱を受けずに、火口壁近くにいる。阿蘇の地質は、全然分かりませんが、多種多様で多色な岩石が溶岩と共にいる不思議。
中岳到着。巨大カルデラを持つ阿蘇山の中心部、まさに活火山。ところが、噴煙が少ない。
こんなもんじゃないと言っていたら、次。
4
中岳到着。巨大カルデラを持つ阿蘇山の中心部、まさに活火山。ところが、噴煙が少ない。
こんなもんじゃないと言っていたら、次。
少し噴煙が増えた。それでも、農家の草焼きにもかなわない量。
2
少し噴煙が増えた。それでも、農家の草焼きにもかなわない量。
中岳火口(右下隅にある)付近の山上駐車場、結構いっぱい。ミヤマキリシマもなんとなくピンクが広がっている。
3
中岳火口(右下隅にある)付近の山上駐車場、結構いっぱい。ミヤマキリシマもなんとなくピンクが広がっている。
さっきの言葉から数分後、火口東展望所からの中岳火口の噴煙
(実は翌日15日、噴火警戒レベルが2に引き上げられ、この展望所は立ち入り禁止になる)
3
さっきの言葉から数分後、火口東展望所からの中岳火口の噴煙
(実は翌日15日、噴火警戒レベルが2に引き上げられ、この展望所は立ち入り禁止になる)
火口壁からの下山中、避難壕付近で後ろを振り返ると、少し噴煙が増えたが、それでも本来の阿蘇山の噴煙はこんなもんじゃない。
1
火口壁からの下山中、避難壕付近で後ろを振り返ると、少し噴煙が増えたが、それでも本来の阿蘇山の噴煙はこんなもんじゃない。
駐車場に戻ると、朝より、ミヤマキリシマが
花開いた気がするけど、気のせい?
1
駐車場に戻ると、朝より、ミヤマキリシマが
花開いた気がするけど、気のせい?
お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:171人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら