ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6859434
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
比良山系

コヤマノ岳〜武奈ヶ岳〜釣瓶岳〜地蔵峠/曇り、5月の花

2024年05月26日(日) [日帰り]
 - 拍手
GPS
--:--
距離
12.4km
登り
1,218m
下り
1,205m

コースタイム

日帰り
山行
8:40
休憩
0:00
合計
8:40
8:30
60
9:30
9:30
60
10:30
10:30
80
11:50
11:50
20
12:10
12:10
20
12:30
12:30
90
14:00
14:00
60
15:00
15:00
50
15:50
15:50
80
17:10
17:10
0
17:10
ゴール地点
天候 曇り
過去天気図(気象庁) 2024年05月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車 バス
JR比良駅〜イン谷口:江若バス
畑バス停〜JR近江高島駅:高島市コミュニティーバス
コース状況/
危険箇所等
地蔵峠〜畑、雨の日はヒルに注意。
朝8時、JR比良駅前から、比良山系を望む。平地は晴れているのに、山は厚い雲に覆われていた。(私のカメラの表示時間は2時間ずれています。)
2024年05月26日 09:59撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 9:59
朝8時、JR比良駅前から、比良山系を望む。平地は晴れているのに、山は厚い雲に覆われていた。(私のカメラの表示時間は2時間ずれています。)
イン谷口から登り始めて、しばらくのところ、頭上にエゴノキの花がぶら下がる。
2024年05月26日 10:38撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 10:38
イン谷口から登り始めて、しばらくのところ、頭上にエゴノキの花がぶら下がる。
コヤマノ岳南尾根、標高1000mぐらい、シロモジの葉の向こうに、芦生杉の古木がどっしりと身構える。
2024年05月26日 12:59撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 12:59
コヤマノ岳南尾根、標高1000mぐらい、シロモジの葉の向こうに、芦生杉の古木がどっしりと身構える。
大きく枝を曲げた芦生杉の大木。
2024年05月26日 13:06撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:06
大きく枝を曲げた芦生杉の大木。
標高1050m、根元から八方に枝分かれしたブナの大木。
2024年05月26日 13:14撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:14
標高1050m、根元から八方に枝分かれしたブナの大木。
すっかり緑が濃くなったブナの森を歩く。
2024年05月26日 13:15撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:15
すっかり緑が濃くなったブナの森を歩く。
緑の苔と、白い地衣類の、まだら模様のブナの樹。
2024年05月26日 13:17撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:17
緑の苔と、白い地衣類の、まだら模様のブナの樹。
次から次へと、ブナの太い幹が現れる。
2024年05月26日 13:22撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:22
次から次へと、ブナの太い幹が現れる。
2024年05月26日 13:23撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:23
時折、ブナの森にガスが流れる。
2024年05月26日 13:23撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:23
時折、ブナの森にガスが流れる。
ぼんやり、ガスに蔽われた森・・
2024年05月26日 13:26撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:26
ぼんやり、ガスに蔽われた森・・
標高1100mを過ぎて、平坦な尾根になる。
2024年05月26日 13:42撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:42
標高1100mを過ぎて、平坦な尾根になる。
コヤマノ岳稜線、ガスの森。
2024年05月26日 13:48撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:48
コヤマノ岳稜線、ガスの森。
厚い雲に覆われていた山頂は、やはり、深いガスに包まれていた。
2024年05月26日 13:49撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:49
厚い雲に覆われていた山頂は、やはり、深いガスに包まれていた。
しっとりと濡れたブナの森は、深い奥行きが感じられる・・
2024年05月26日 13:49撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:49
しっとりと濡れたブナの森は、深い奥行きが感じられる・・
暗いブナの樹の影・・
2024年05月26日 13:49撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 13:49
暗いブナの樹の影・・
大きく曲がったブナの古木・・
2024年05月26日 13:50撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 13:50
大きく曲がったブナの古木・・
しだいに、ガスが晴れて、明るくなり始めた。
2024年05月26日 13:56撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 13:56
しだいに、ガスが晴れて、明るくなり始めた。
ブナの森を抜けると・・
2024年05月26日 14:04撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:04
ブナの森を抜けると・・
眼前に、武奈ヶ岳稜線。
2024年05月26日 14:05撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:05
眼前に、武奈ヶ岳稜線。
武奈ヶ岳への上り返し、振り返ると、コヤマノ岳の向こうに、暗い雲に覆われた蓬莱山が・・
2024年05月26日 14:14撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:14
武奈ヶ岳への上り返し、振り返ると、コヤマノ岳の向こうに、暗い雲に覆われた蓬莱山が・・
武奈ヶ岳山頂手前、水滴に濡れるアカモノの花・・
2024年05月26日 14:19撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:19
武奈ヶ岳山頂手前、水滴に濡れるアカモノの花・・
小さな白い花だ。
2024年05月26日 14:20撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:20
小さな白い花だ。
露出した岩肌の脇に、スギゴケと一緒に咲く、アカモノの花・・
2024年05月26日 14:21撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:21
露出した岩肌の脇に、スギゴケと一緒に咲く、アカモノの花・・
まるで、小さなランプシェードだ・・
2024年05月26日 14:22撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 14:22
まるで、小さなランプシェードだ・・
武奈ヶ岳山頂稜線から、京都北山の山々が、灰色の雲に覆われる。
2024年05月26日 14:26撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:26
武奈ヶ岳山頂稜線から、京都北山の山々が、灰色の雲に覆われる。
振り返ると、コヤマノ岳と蓬莱山もガスの中・・
2024年05月26日 14:29撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:29
振り返ると、コヤマノ岳と蓬莱山もガスの中・・
釈迦岳の向こうの琵琶湖に、雲が重く垂れ込める。
2024年05月26日 14:31撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 14:31
釈迦岳の向こうの琵琶湖に、雲が重く垂れ込める。
眼前のピーク・・釣瓶岳をめざして、北稜を下る。
2024年05月26日 14:34撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:34
眼前のピーク・・釣瓶岳をめざして、北稜を下る。
山頂下ってすぐのブナ林。
2024年05月26日 14:39撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:39
山頂下ってすぐのブナ林。
みずみずしいカエデの葉・・
2024年05月26日 14:41撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:41
みずみずしいカエデの葉・・
一本だけ、サラサドウダンが咲いていた。
2024年05月26日 14:45撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:45
一本だけ、サラサドウダンが咲いていた。
赤と白の筋が美しい花・・
2024年05月26日 14:46撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:46
赤と白の筋が美しい花・・
たわわにぶら下がる、サラサドウダン。
2024年05月26日 14:47撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:47
たわわにぶら下がる、サラサドウダン。
咲き始めたサワフタギ。
2024年05月26日 14:49撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:49
咲き始めたサワフタギ。
まだつぼみのタニウツギ。
2024年05月26日 14:59撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 14:59
まだつぼみのタニウツギ。
釣瓶岳手前の小ピークに、レンゲツツジ。
2024年05月26日 15:35撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 15:35
釣瓶岳手前の小ピークに、レンゲツツジ。
怪しく人を魅きつける炎のようなツツジ・・実は毒草だ。
2024年05月26日 15:37撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 15:37
怪しく人を魅きつける炎のようなツツジ・・実は毒草だ。
レンゲツツジの向こうに武奈ヶ岳・・
2024年05月26日 15:39撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 15:39
レンゲツツジの向こうに武奈ヶ岳・・
釣瓶岳山頂から、北を望む。
2024年05月26日 16:01撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 16:01
釣瓶岳山頂から、北を望む。
釣瓶岳山頂西側斜面の森。
2024年05月26日 16:02撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 16:02
釣瓶岳山頂西側斜面の森。
正面の山は、蛇谷ヶ峰。
2024年05月26日 16:02撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:02
正面の山は、蛇谷ヶ峰。
灰色の雲に蔽われた空の下、右下に下山予定の畑の集落が見える。
2024年05月26日 16:03撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:03
灰色の雲に蔽われた空の下、右下に下山予定の畑の集落が見える。
リトル比良の向こうは、安曇川の野と琵琶湖。
2024年05月26日 16:04撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:04
リトル比良の向こうは、安曇川の野と琵琶湖。
釣瓶岳を下り、少し歩いた前方に小ピーク。
2024年05月26日 16:08撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 16:08
釣瓶岳を下り、少し歩いた前方に小ピーク。
一本だけ、咲いていたベニドウダン。
2024年05月26日 16:13撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:13
一本だけ、咲いていたベニドウダン。
小さな赤い提灯のような花・・
2024年05月26日 16:14撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:14
小さな赤い提灯のような花・・
草原の稜線を下ると、左手に白倉岳。
2024年05月26日 16:19撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:19
草原の稜線を下ると、左手に白倉岳。
草原の斜面に咲いていたタニウツギ。
2024年05月26日 16:24撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:24
草原の斜面に咲いていたタニウツギ。
来週は、この辺りの斜面、至るところにピンクの花が咲くかもしれない。
2024年05月26日 16:25撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:25
来週は、この辺りの斜面、至るところにピンクの花が咲くかもしれない。
草原の斜面の向こうは、イクワタ峠から朽木栃生へ下る尾根。
2024年05月26日 16:26撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 16:26
草原の斜面の向こうは、イクワタ峠から朽木栃生へ下る尾根。
前方に、白い花の咲く木・・
2024年05月26日 16:30撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:30
前方に、白い花の咲く木・・
近づいて見ると・・
2024年05月26日 16:30撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:30
近づいて見ると・・
カマツカの花だ。梅の花に似ている。
2024年05月26日 16:30撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 16:30
カマツカの花だ。梅の花に似ている。
草原の丘から北を望む。どんよりとした空に、雲が重く垂れ込める。
2024年05月26日 16:32撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:32
草原の丘から北を望む。どんよりとした空に、雲が重く垂れ込める。
草原の丘を下る。
2024年05月26日 16:40撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:40
草原の丘を下る。
ここにも、ピンクのタニウツギ。
2024年05月26日 16:47撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 16:47
ここにも、ピンクのタニウツギ。
花とつぼみが、まだ半々だ。
2024年05月26日 16:47撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 16:47
花とつぼみが、まだ半々だ。
2024年05月26日 16:48撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 16:48
イクワタ峠から、なだらかな丘の続く稜線を下っていく。
2024年05月26日 17:18撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 17:18
イクワタ峠から、なだらかな丘の続く稜線を下っていく。
ここにも、いっぱいに白い花の咲く木・・
2024年05月26日 17:20撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 17:20
ここにも、いっぱいに白い花の咲く木・・
カマツカの花だった。
2024年05月26日 17:22撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 17:22
カマツカの花だった。
さらに下って・・
2024年05月26日 17:24撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 17:24
さらに下って・・
笹峠手前、黄緑色のつぼみがいっぱいの樹が・・
2024年05月26日 17:26撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 17:26
笹峠手前、黄緑色のつぼみがいっぱいの樹が・・
サワフタギの花のつぼみだ。
2024年05月26日 17:27撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 17:27
サワフタギの花のつぼみだ。
笹峠手前、小さなタニウツギの樹。
2024年05月26日 17:28撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 17:28
笹峠手前、小さなタニウツギの樹。
地蔵峠を下る道に、枯葉を押し分けて、ギンリョウソウ。
2024年05月26日 18:09撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 18:09
地蔵峠を下る道に、枯葉を押し分けて、ギンリョウソウ。
林道に着地。林道脇から、畑の集落が見えた。
2024年05月26日 18:30撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 18:30
林道に着地。林道脇から、畑の集落が見えた。
夕方4:53、森を抜けて畑の集落に入る。
2024年05月26日 18:53撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
5/26 18:53
夕方4:53、森を抜けて畑の集落に入る。
棚田の稲は、少しだけ成長していた。
2024年05月26日 18:56撮影 by  DMC-FT4, Panasonic
1
5/26 18:56
棚田の稲は、少しだけ成長していた。

装備

個人装備
長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ

感想

 下界は晴れていても、山は雨・・そんな経験は今まで何回もあったことだ。この日も、平地は明るい日差しが射しているのに、山は厚い雲に覆われていた。案の定、1000m以上の稜線で、地面は、しっとりと濡れ、樹林はガスに蔽われていた。
 5月の花は、まだ咲き始めたばかりだった。サラサドウダンもベニドウダンも、アカモノもサワフタギも。これから、コアジサイやシロヤシオ、エゴノキやヤマボウシ・・梅雨を彩る花たちが、順に、咲き始めていくことだろう。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:106人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 比良山系 [日帰り]
技術レベル
2/5
体力レベル
3/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら