ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6932330
全員に公開
ハイキング
志賀・草津・四阿山・浅間

四阿山

2024年06月15日(土) [日帰り]
 - 拍手
達哉 その他2人
体力度
3
日帰りが可能
GPS
05:19
距離
8.3km
登り
840m
下り
838m
歩くペース
速い
0.80.9
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
4:16
休憩
1:01
合計
5:17
7:26
32
7:59
7:59
48
8:47
8:50
48
9:38
9:42
41
10:23
10:58
12
11:10
11:18
35
11:53
11:54
21
12:15
12:26
19
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
コース状況/
危険箇所等
良子
四阿山鳥居峠駐車です。
東花童子後コースで山頂へ向かいます。
四阿山鳥居峠駐車です。
東花童子後コースで山頂へ向かいます。
登山開始直後の笹原地帯です。
結構長いですね。
2024年06月15日 07:35撮影 by  iPhone 12 Pro, Apple
6/15 7:35
登山開始直後の笹原地帯です。
結構長いですね。
笹原地帯を抜けて童子宮跡迄の林地帯です。
笹原地帯を抜けて童子宮跡迄の林地帯です。
途中のビューポイントです。
遠くの山には霞が掛かってます。
1
途中のビューポイントです。
遠くの山には霞が掛かってます。
また、林地帯を進みます。
また、林地帯を進みます。
ようやく開けた所に出ました。
ようやく開けた所に出ました。
東花童子宮跡の杭です。
隣には説明の看板が有ったらしいですが・・・。
1
東花童子宮跡の杭です。
隣には説明の看板が有ったらしいですが・・・。
東花童子宮跡の石垣です。
立派な石垣です。
どの様な建物があったのか気になります。
1
東花童子宮跡の石垣です。
立派な石垣です。
どの様な建物があったのか気になります。
東花童子の石碑。
これも立派なモノです。
東花童子の石碑。
これも立派なモノです。
相変わらず、遠くの山にはモヤが掛かってます。
相変わらず、遠くの山にはモヤが掛かってます。
木々の背丈が低くなり、青空が見える様になってきました。
木々の背丈が低くなり、青空が見える様になってきました。
まだまだ上り坂が続きます。
まだまだ上り坂が続きます。
林の中に突入、暑かったので、たすかります。
林の中に突入、暑かったので、たすかります。
少し岩礁地帯に入って来ました。
1
少し岩礁地帯に入って来ました。
ビューポイントで一休み。
やはり遠くは見えません。
1
ビューポイントで一休み。
やはり遠くは見えません。
奥の山が山頂です。
心折れポイント1号です。
1
奥の山が山頂です。
心折れポイント1号です。
頂上or屏風岩への分岐点です。
まずは頂上に向かいます。
頂上or屏風岩への分岐点です。
まずは頂上に向かいます。
手前の山は山頂では有りません。
一旦開けた所を進みます。
手前の山は山頂では有りません。
一旦開けた所を進みます。
また右手は急斜面です。
また右手は急斜面です。
そして、心折れポイント2号です。
まだまだ山頂は遠いです。
そして、心折れポイント2号です。
まだまだ山頂は遠いです。
心臓破りの階段1号。
一気に登ったら、死にかけました。
無理は禁物です。
1
心臓破りの階段1号。
一気に登ったら、死にかけました。
無理は禁物です。
そしてまた、林地帯。
そしてまた、林地帯。
ようやく、湧水ポイントに到着。
しかし、ここは、一旦スルーで頂上に向かいました。
1
ようやく、湧水ポイントに到着。
しかし、ここは、一旦スルーで頂上に向かいました。
ビューポイント、真ん中の二つ山の向こうに富士山が見えるハズですが・・・。
2
ビューポイント、真ん中の二つ山の向こうに富士山が見えるハズですが・・・。
少しスペースがあり、小休憩です。
少しスペースがあり、小休憩です。
なかなか、西コースと合流地点に辿り付けません。
しかしこのドキドキ感も登山の醍醐味ですね。
なかなか、西コースと合流地点に辿り付けません。
しかしこのドキドキ感も登山の醍醐味ですね。
四阿山頂上と鳥居峠駐車場への旧分岐点です。
今は、鳥居峠駐車場への道は無くなっています。
四阿山頂上と鳥居峠駐車場への旧分岐点です。
今は、鳥居峠駐車場への道は無くなっています。
心臓破りの階段2号です。
心臓破りの階段2号です。
ようやく四阿山頂上と西コースの分岐点に辿り着きました。
頂上迄後少しです。
ようやく四阿山頂上と西コースの分岐点に辿り着きました。
頂上迄後少しです。
最後の心臓破りの階段です。
結構な段数があります。
最後の心臓破りの階段です。
結構な段数があります。
そして、信濃社の御社に辿り着きました。
8ヶ月振りです。
1
そして、信濃社の御社に辿り着きました。
8ヶ月振りです。
そして、信濃社からの眺めです。
疲れが吹っ飛びますね。
1
そして、信濃社からの眺めです。
疲れが吹っ飛びますね。
巌窟(奥社)です。
流石にもう見落とす事は無いです。
巌窟(奥社)です。
流石にもう見落とす事は無いです。
四阿山頂上、上毛社です。
ここまで来ると、登山者も多くおられました。
3
四阿山頂上、上毛社です。
ここまで来ると、登山者も多くおられました。
四阿山山頂からの眺めです。
素晴らしいですね。
1
四阿山山頂からの眺めです。
素晴らしいですね。
根子岳を望む!
天気も良く、最高でした。
2
根子岳を望む!
天気も良く、最高でした。
下山開始です。
来た道を上側から見た所。
来た道を上側から見た所。
行きでスルーした、湧水ポイント。
この下200m程行った所に水が湧いています。
 N氏は、実際に行ってこられました。
湧水地の周りは濡れていて、足場も悪く2回転んだそうです。
行きでスルーした、湧水ポイント。
この下200m程行った所に水が湧いています。
 N氏は、実際に行ってこられました。
湧水地の周りは濡れていて、足場も悪く2回転んだそうです。
帰りの上り階段。
心が折れます。
1
帰りの上り階段。
心が折れます。
屏風岩、的岩への分岐点です。
的岩に向かいます。
屏風岩、的岩への分岐点です。
的岩に向かいます。
向かいの尾根に東花童子宮跡が望めます。
向かいの尾根に東花童子宮跡が望めます。
道に迷いそうな林を抜けて…。
道に迷いそうな林を抜けて…。
的岩に到着です・・・が、
 実は的岩、屏風岩の裏にあり、回り込んで200m程道なき道を行かなければならず、周りに同じ様な岩が沢山あり発見は困難です。
 今回は無事発見できましたが、次回発見出来る自信がありません。
2
的岩に到着です・・・が、
 実は的岩、屏風岩の裏にあり、回り込んで200m程道なき道を行かなければならず、周りに同じ様な岩が沢山あり発見は困難です。
 今回は無事発見できましたが、次回発見出来る自信がありません。
地元の方曰わく、この凹んだ所は、だいだらぼっちが、おにぎりを投げて出来た跡だと言う説があるとの事です。
2
地元の方曰わく、この凹んだ所は、だいだらぼっちが、おにぎりを投げて出来た跡だと言う説があるとの事です。
木が被って分かり難いですが、屏風岩の側面です。
細い岩壁が続きます。
どうしてこの様な形状が出来たか不思議です。
木が被って分かり難いですが、屏風岩の側面です。
細い岩壁が続きます。
どうしてこの様な形状が出来たか不思議です。
鳥居峠駐車場に戻って来ました。
お疲れ様でした。
1
鳥居峠駐車場に戻って来ました。
お疲れ様でした。

感想

 私達は、今後富士山登山を企画しており、そのトレーニングも兼ねて、何処か行けたらなーと、考えておりました。
 そんな折、とあるイベントで知り合えた方が、四阿山に行くと言うのを聞き付けて、友人であり、登山仲間でもあるN氏と一緒に、計3名で6月15日意を決して四阿山登山に行って来ました。

 当地、この日は晴れのち曇り、最高32℃の予報で、物凄く暑くなるのを覚悟して登山に望みました。
 実際に登山を開始すると、確かに日差しは強かったのですが、谷を渡る風は事の他冷たく、気持ち良く登山ができました。

 今回のルートは、去年10月の四阿山閉山祭の時と同じ鳥居峠駐車場から、東花童子宮後から四阿山山頂を目指すルートであり、同行頂いた方は四阿山を何回も踏破されており、私の知らない事を沢山知っておられ、道中色々な事を教えて頂きながら楽しく登山させて頂きました。

 頂上で周囲を見渡すと、晴れてはいたのですが、霞がかかった様になっていて、残念ながら富士山を見る事は出来ませんでした。(次回に期待です。)

 帰路は、屏風岩、的岩を経由して下山となりました。
同行頂いた皆様、有難う御座いました。

 今回の登山でも、新たな発見があったり、筋肉痛も無かったので、とても良い登山だったなぁーと思っていたんですがぁ・・・。
 翌日(16日)しっかりと、足腰が痛く、動けなくなってました。

次回は、また精進して、登山したいと思います。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:64人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら