ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6973696
全員に公開
ハイキング
京都・北摂

丸山湿原 ミミカキグサやモウセンゴケいっぱ〜い!

2024年06月29日(土) [日帰り]
 - 拍手
GPS
02:02
距離
1.6km
登り
49m
下り
27m

コースタイム

日帰り
山行
2:36
休憩
0:22
合計
2:58
11:23
11:23
19
11:42
11:53
7
12:00
12:10
47
12:57
12:58
17
13:15
13:15
49
第一湿原西分岐
14:04
丸山湿原群入口駐車場
天候 曇り後晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
車:丸山湿原駐車場
コース状況/
危険箇所等
*雨の後ぬかるみ多い。湿原だけの散策なら長靴がベスト!(周回でも可能)
*道標完備で分かりやすい。
おはようございます!
今日は近場の丸山湿原に来ました。ツチアケビやカキランはどんな感じなのか?楽しみです。
17
おはようございます!
今日は近場の丸山湿原に来ました。ツチアケビやカキランはどんな感じなのか?楽しみです。
駐車場はまだ余裕あり!(8台駐車可能)
今日は大岩が岳も賑わっている事でしょう。
11
駐車場はまだ余裕あり!(8台駐車可能)
今日は大岩が岳も賑わっている事でしょう。
さ〜湿原に入って行きましょう。
9
さ〜湿原に入って行きましょう。
ダイコンソウかな?
23
ダイコンソウかな?
ドクダミ
雨上がりは緑がきれいです。
15
雨上がりは緑がきれいです。
ツチアケビ(土木通 ラン科の腐生植物)
花はどうした?終わってしまったのかな?
20
ツチアケビ(土木通 ラン科の腐生植物)
花はどうした?終わってしまったのかな?
花が2ケ有りました。少しでも見れて良かった。
32
花が2ケ有りました。少しでも見れて良かった。
ラン科の植物であるが果実は少しグロテスク!
23
ラン科の植物であるが果実は少しグロテスク!
丸山西分岐
此処で石ころを筒に入れて、人数をカウントしている。
9
丸山西分岐
此処で石ころを筒に入れて、人数をカウントしている。
右へ行けば大岩が岳に行けます。 
今日は昨日の雨の為足元はぐちゅぐちゅ!長靴で来たので正解!
10
右へ行けば大岩が岳に行けます。 
今日は昨日の雨の為足元はぐちゅぐちゅ!長靴で来たので正解!
オカトラノオ
オカトラノオのアップで!
サクラソウ科の花は綺麗です。
28
オカトラノオのアップで!
サクラソウ科の花は綺麗です。
第三湿原に入っていますが目ぼしい植物は有りません。
ノハラショウブの残骸とモウセンゴケの小さな白い花が咲いていた。
12
第三湿原に入っていますが目ぼしい植物は有りません。
ノハラショウブの残骸とモウセンゴケの小さな白い花が咲いていた。
ノハラショウブの最後です。
14
ノハラショウブの最後です。
モウセンゴケ(毛氈苔 モウセンゴケ科の食虫植物)
27
モウセンゴケ(毛氈苔 モウセンゴケ科の食虫植物)
木道の有る第三湿原は草が生い茂っているが、草の中にカキランがチラホラ見受けられる。
11
木道の有る第三湿原は草が生い茂っているが、草の中にカキランがチラホラ見受けられる。
第三湿原から丸山を望む
9
第三湿原から丸山を望む
第三湿原の上部にはカキランとモウセンゴケが見られた。
10
第三湿原の上部にはカキランとモウセンゴケが見られた。
カキラン
第一湿原にとうちゃこ。
東回りコースを進みます。
7
第一湿原にとうちゃこ。
東回りコースを進みます。
第一湿原の視点場が見える。
9
第一湿原の視点場が見える。
視点場からの第一湿原
中には入れないので目視するがカキランがチラホラ。遠くて写真は取れない。
9
視点場からの第一湿原
中には入れないので目視するがカキランがチラホラ。遠くて写真は取れない。
視点場から少し尾根に上がってみよう。
10
視点場から少し尾根に上がってみよう。
コナラの木でしょうか?ドングリが出来始めています。
10
コナラの木でしょうか?ドングリが出来始めています。
思わずシャッターを切りました。ぼけてますがソウシチョウでしょうか?
23
思わずシャッターを切りました。ぼけてますがソウシチョウでしょうか?
元のルートに戻り次の湿原に向かいます。
気持ちの良い散策路です。
9
元のルートに戻り次の湿原に向かいます。
気持ちの良い散策路です。
小さな第四湿原です。ここは皆さん素通りされますがハッチョウトンボと食虫植物が見られます。
16
小さな第四湿原です。ここは皆さん素通りされますがハッチョウトンボと食虫植物が見られます。
体長2cmほどで小さいですが、ハッチョウトンボです。
21
体長2cmほどで小さいですが、ハッチョウトンボです。
ハッチョウトンボ(♂)
4匹の雄(♂)が乱舞していたが雌(♀)は確認できず。何処へ〜
29
ハッチョウトンボ(♂)
4匹の雄(♂)が乱舞していたが雌(♀)は確認できず。何処へ〜
ミミカキグサがいっぱ〜い咲いる。小さい花なので目を凝らして撮っている。
21
ミミカキグサがいっぱ〜い咲いる。小さい花なので目を凝らして撮っている。
ミミカキグサ(耳掻草 タヌキモ科の食虫植物)
29
ミミカキグサ(耳掻草 タヌキモ科の食虫植物)
ミミカキグサ
地中に虫を捕まえるための袋が有るらしい。
24
ミミカキグサ
地中に虫を捕まえるための袋が有るらしい。
モウセンゴケ(毛氈苔 モウセンゴケ科の食虫植物)
25
モウセンゴケ(毛氈苔 モウセンゴケ科の食虫植物)
モウセンゴケ
赤いトウカイモウセンゴケの花は確認できず!
18
モウセンゴケ
赤いトウカイモウセンゴケの花は確認できず!
モウセンゴケ
イヌノハナヒゲ(犬の花髭 カヤツリグサ科の多年草)
16
イヌノハナヒゲ(犬の花髭 カヤツリグサ科の多年草)
ノギランは準備中!
16
ノギランは準備中!
アギスミレかニョイスミレの葉っぱか?は分かりません。
11
アギスミレかニョイスミレの葉っぱか?は分かりません。
第一湿原南分岐
此処から少しだけ登り。
9
第一湿原南分岐
此処から少しだけ登り。
ヤシャブシ
ミヤマガマズミ
第一湿原西分岐
湿原をぐる〜っと一周しています。此処から少し下りになります。
9
第一湿原西分岐
湿原をぐる〜っと一周しています。此処から少し下りになります。
栗の花の雄花と雌花
長くてふわふわしたのが雄花で、イガイガの頭に有るのが雌花
15
栗の花の雄花と雌花
長くてふわふわしたのが雄花で、イガイガの頭に有るのが雌花
初めて知りました。穂花の根元に有った雌花が受粉して実を付けるそうです。拡大して分かりました。
16
初めて知りました。穂花の根元に有った雌花が受粉して実を付けるそうです。拡大して分かりました。
シソバタツナミソウ
花はと〜っくに終わって、次への準備です。
12
シソバタツナミソウ
花はと〜っくに終わって、次への準備です。
ナツハゼ
帰って来ました。曲がれば駐車場です。
8
帰って来ました。曲がれば駐車場です。
ハルジオン
マメグンバイナズナ(豆軍配薺 アブラナ科の二年草)
Googleレンズはおっしゃっています。初めて見ましたが、普通に生えているとの事。
16
マメグンバイナズナ(豆軍配薺 アブラナ科の二年草)
Googleレンズはおっしゃっています。初めて見ましたが、普通に生えているとの事。
【本日のデーター】
 雨が上がって蒸し暑いが良い天気になった。丸山湿原の花も少ないながらも頑張って咲いている。モウセンゴケやカキランも、そしてミミカキグサ・・・。此れからはサギソウが咲く季節がやって来る。楽しみである。
11
【本日のデーター】
 雨が上がって蒸し暑いが良い天気になった。丸山湿原の花も少ないながらも頑張って咲いている。モウセンゴケやカキランも、そしてミミカキグサ・・・。此れからはサギソウが咲く季節がやって来る。楽しみである。

感想

丸山湿原 ミミカキグサやモウセンゴケいっぱ〜い! 2024/06/29(土)

 梅雨の中休みではないが天気が回復しそうだ。近場で何処か無いかと思案。そうだ!丸山湿原にツチアケビの花を見に行ってみよう。前回に訪れた時には順調に育っていたのを確認して気になっていたのだ。
でもね!現地に行ってビックリ花は何処に〜。2ケはかろうじて咲いていたが、他の花には間に合わなかったのだろうか?ま〜良いか。何んとかお初を拝めたのだから・・・。
 カキランはボチボチ終盤。湿原に咲くカキランは年々少なく成っている様な気がする。ミミカキグサやモウセンゴケは健在でハッチョウトンボも元気に飛び回っていた。次回はサギソウの咲く季節、楽しみである。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:302人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら