また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 69918 全員に公開 沢登り奥秩父

大菩薩_奥多摩水系_小室川-大菩薩嶺

日程 2010年07月02日(金) 〜 2010年07月04日(日)
メンバー
 Kaigunchui(食事)
, その他メンバー6人
天候7月3日 曇りのち雨、7月4日晴れのち曇り一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7月2日 奥多摩湖にて前泊
7月3日 奥多摩湖発06:00-06:34三條新橋07:00-07:25小室川入口-07:30入渓点-09:15S字峡09:50-13:30中の沢-14:25ビバークポイント
7月4日 ビバークポイント06:30-09:05蛇抜沢出合-12:00稜線出合12:32-12:57台菩薩嶺13:07-丸川峠13:57-14:32林道出合-15:02大黒茂入口-15:40小室川入口-16:00三條新橋16:17-16:30のめこいの湯
コース状況/
危険箇所等
蛇抜沢を越えてからの詰めは、倒木が多く歩きにくい。
泉水谷林道は崖崩れによる倒木で林道がふさがれている場所がある。
BPは中の沢を越えた左岸、蛇抜沢出合付近などいくつかよさそうなポイントがあった。

温泉:丹波のめこいの湯 \600
過去天気図(気象庁) 2010年07月の天気図 [pdf]

写真

小室川への下降点
2010年07月03日 07:27撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小室川への下降点
小室川へ向かう
2010年07月03日 07:32撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小室川へ向かう
橋を渡るとすぐに入渓地点
2010年07月03日 07:32撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡るとすぐに入渓地点
川を遡行する。
2010年07月03日 08:23撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を遡行する。
川を遡行する。
2010年07月03日 08:34撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を遡行する。
夕食
食担でした。
メニューは散らし寿司、豚汁にゅう麺、マッシュポテトとフルーツポンチです。
2010年07月03日 17:14撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食
食担でした。
メニューは散らし寿司、豚汁にゅう麺、マッシュポテトとフルーツポンチです。
焚き火を囲んでの団欒。
ソーセージの串焼き
2010年07月03日 18:31撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焚き火を囲んでの団欒。
ソーセージの串焼き
二日目の遡行
2010年07月04日 06:48撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目の遡行
梅雨の合間に青空が現れる。
2010年07月04日 09:42撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅雨の合間に青空が現れる。
梅雨の合間に青空が現れる。
2010年07月04日 09:52撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅雨の合間に青空が現れる。

感想/記録

初めての1泊遡行だった。
三條新橋では、釣師の車が沢山とまっていた。
お話をしてみると同じ、小室川に入るようだった。
途中で追い越したのだが、沢の中では魚影を見ることはできなかった。

梅雨時で天気を心配したが、遡行中には降られなかった。
S字峡の巻きは滑りやすく、仲間が滑落するというアクシデントもあったが大きな怪我もなくほっとした。

BPは、中の川を越えた左岸でなかなか快適だった。
焚き火を囲んでの団欒は楽しいひと時だった。
串焼きのソーセージは病みつきになりそうだ。

夜半から強い雨に降られたが朝は晴れていた。
二日目の遡行も楽しい直登が続いたが、蛇抜沢から先は倒木や脆い岩でかなりのストレスだった。

稜線にでると時折青空も見えていたが下山の途中でにわか雨にやられてしまった。

久しぶりの大人数の山行でとても充実した週末を過ごすことができた。
訪問者数:2495人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ