また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 726086 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八幡平・岩手山・秋田駒

森吉横断(コメツガ山荘〜赤水峠)

日程 2015年09月20日(日) 〜 2015年09月21日(月)
メンバー
 Yossy1904(CL)
天候曇り〜晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車2台で行きました。
国道341号、新玉川温泉付近の駐車帯に1台デポ。
もう1台で森吉・コメツガ山荘へ移動。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間23分
休憩
38分
合計
7時間1分
Sこめつが山荘08:0908:17森吉スキー場分岐08:38森吉山一ノ腰コース六合目09:21雲嶺峠09:40森吉神社避難小屋(森吉神社)09:5610:02石森10:0310:14森吉山阿仁避難小屋10:1710:46森吉山10:5111:20山人平11:2612:11ヒバクラ岳分岐12:1815:10宿泊地
2日目
山行
5時間26分
休憩
33分
合計
5時間59分
宿泊地05:5507:05森吉山野生鳥獣センター07:0607:49桃洞沢分岐08:1608:59一服ノ小滝09:03九階ノ滝展望地分岐09:16赤水・玉川分岐09:2111:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤水沢は甌穴、溝に注意。
源流部は倒木が沢を塞いでいるが、通過は問題ない。
その他周辺情報途中、奥森吉青少年野外活動基地のキャンプ場を利用した。
よく整備されたオートキャンプ場だが無料で使用できる。
要予約、と言ってもいつもガラガラ(090-7064-7867)。
過去天気図(気象庁) 2015年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 赤水沢はスパイク長靴でもOKだが 源流部は小滝をフリクションで登るため沢シューズ推奨。

写真

1日目。
コメツガ山荘から登り始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目。
コメツガ山荘から登り始める。
2
紅葉にはまだ早いが、少しずつ色づき始めている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉にはまだ早いが、少しずつ色づき始めている。
花ももう終盤。
登山道にはリンドウが目立つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花ももう終盤。
登山道にはリンドウが目立つ。
2
残念ながら、山頂はガスの中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら、山頂はガスの中。
ガスの晴れ間から山人平が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの晴れ間から山人平が見えた。
1
黒石川コース方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒石川コース方面。
1
振り返ると、ガスが晴れ森吉が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、ガスが晴れ森吉が見えてきた。
1
ヒバクラ登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒバクラ登山口。
奥森吉青少年野外活動基地のキャンプ場にテントを張った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥森吉青少年野外活動基地のキャンプ場にテントを張った。
1
明日は晴れそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日は晴れそうだ。
2
2日目。
野生鳥獣保護センターから森に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。
野生鳥獣保護センターから森に入る。
桃洞赤水分岐で沢シューズに履き替える。
しかし、対岸からしばらくは登山道を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃洞赤水分岐で沢シューズに履き替える。
しかし、対岸からしばらくは登山道を歩く。
1
大イワナが悠然と泳いでいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大イワナが悠然と泳いでいた。
ナメ沢が始まり、夢実心地で歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ沢が始まり、夢実心地で歩く。
3
川幅いっぱいの流れ。
水深はくるぶしほど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川幅いっぱいの流れ。
水深はくるぶしほど。
1
赤水・玉川分岐。
右沢を行くと6年前に下った兎滝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤水・玉川分岐。
右沢を行くと6年前に下った兎滝。
1
左沢は水量が少ない。
小滝が連続し楽しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左沢は水量が少ない。
小滝が連続し楽しい。
3
沢シューズのフリクションで登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢シューズのフリクションで登る。
2
フリクションで登れない滝は鎖やロープが設置されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フリクションで登れない滝は鎖やロープが設置されている。
1
不思議なキノコ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不思議なキノコ。
1
峠に近づくと倒木が多くなる。
最近の大雨の影響?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠に近づくと倒木が多くなる。
最近の大雨の影響?
今シーズン初物。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今シーズン初物。
2
戦前はこの道を通り玉川温泉へ湯治にでかけたらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦前はこの道を通り玉川温泉へ湯治にでかけたらしい。
一部、砂や泥の堆積があるが、ほぼナメ沢が峠まで続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部、砂や泥の堆積があるが、ほぼナメ沢が峠まで続く。
ブナの樹皮に掘られた文字が、歴史を感じさせる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの樹皮に掘られた文字が、歴史を感じさせる。
林道を歩いて下っていたら、キノコ採りのおじさんが車に乗せてくれた。秋田の人は親切。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩いて下っていたら、キノコ採りのおじさんが車に乗せてくれた。秋田の人は親切。

感想/記録

6年前、桃洞・赤水を遡行したとき、次は玉川まで抜けてみようと思いました。
だいぶ時間は経ってしまったけど、シルバーウィークを利用しやっと実現。
森吉・ヒバクラの縦走と赤水渓谷の遡行を組み合わせ、1泊2日で森吉を横断しました。

1日目、森吉山はコメツガコースから登りヒバクラコースを下ります。
雲嶺峠からヒバクラ岳まで、外輪山を巡る眺めの良いルートです。
森吉山頂は残念ながらガスでしたが、山人平付近から日が差し始め草紅葉を楽しみました。
ヒバクラ岳からの下りではナラタケ、ブナハリを少しだけ収穫。

夜は奥森吉青少年野外活動基地のキャンプ場に宿泊。
シルバーウィークですが、この日の宿泊は山ヤさん3組だけです。
静かなキャンプ場で夕日を眺めながら、のんびりお酒をいただきました。

2日目、赤水渓谷を遡行し玉川温泉に抜ける予定。
この沢は何度か来ましたが、いつも感動されられます。
本当に自然の造形なのか、疑いたくなるようなナメ沢。
くるぶしほどの水深で、ひたひたと流れる水。
今回も夢見心地で歩きました。
赤水・玉川分岐から左沢に入ると、やや傾斜がでてきます。
小滝が連続しますが相変わらずナメ・・、ほぼ沢シューズのフリクションで登れます。
源流部は倒木でやや歩きにくくなりました。
先日の豪雨の影響でしょうか。。
ここで今シーズン最初のナメコをゲット。
峠を越えるとやがて林道に出ます。
ここから車をデポした国道までは約4キロ。
とぼとぼ歩いていると、キノコ採りの方が車に乗せてくれました。
秋田の人は親切です。

訪問者数:779人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ