また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 728484 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 地獄棚沢右俣

日程 2015年09月26日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候曇り一時小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大滝沢林道ゲート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

大滝沢林道ゲート9:10−
9:30マスキ嵐沢二俣−
9:54地獄棚沢巡回巡視路尾根取付き10:10−
11:45地獄棚沢右俣−
12:43東海自然歩道/大滝峠上南東12:50−
13:40地獄棚沢右俣出合対岸−
14:12一軒屋避難小屋14:25−
14:58大滝沢林道ゲート
コース状況/
危険箇所等
■地獄棚沢

  地獄棚〜地獄棚沢左俣は先月8/15に登ったので、今日は地獄棚沢右岸に
  ついた巡視径路を辿り、右俣を遡行する。
  右俣だけなら出合から3つの滝が連なり、あとは小滝と小振りながら
  ナメが続く沢で、遡行グレードは1級。
  しかしF1でもある地獄棚(2段50m)は、左壁の灌木帯を直登するので
  かなり悪い。
  (他にも地獄棚の高巻きは右岸尾根の径路をしばらく上がれば落ち口よりも
  上流側に下りられる踏み跡もある)
  地獄棚沢出合から一般的な登り方を含めれば、やはり遡行グレードは
  2級上と跳ね上がる。

|蝋棚沢中盤を横断するように付けられている古い巡視径路は、概ね薄い
 踏み跡はあるものの、途中植生保護柵を掴みながらの悪いトラバースや
 一部不明瞭なザレもあり、それなりに悪いルートを経験している方向けだ。

 大滝橋からマスキ嵐沢出合に向け東海自然歩道を歩き、大滝沢を2回徒渉する
 ポイント(遡行日現在、登山道用の木橋は過日の嵐でまた流されていた)から
 少し歩いた先、堰堤上で合わさる大滝沢本流とマスキ嵐沢の二俣へ登山道を
 離れて下りて、左の大滝沢を遡る。
 途中の堰堤は右隅のトラロープ沿いに越え、左から15m滝で合わさる沖箱根沢
 をやりすごして、沢が北を向くナメ小滝を越えた辺りの弱点から右岸尾根に
 取付く。
 最初は踏み跡もないが、少し登れば左側から割と明瞭な踏み跡が尾根上に続く。
 これが地獄棚沢巡回巡視路。
 径路は下流が急なスラブ棚で構成される涸れ沢を渡って、小尾根を回り込むと
 一部崩れた植生保護柵が続くので、これに沿って歩くが、足元が崩れ気味なので
 柵を掴みながら慎重に進んで、涸れ気味の枝沢に下りる。
 径路の続きは?と目を凝らすと10mほど上流の対岸に続いていた。
 ほぼレベル道(高度がほぼ水平)を追っていくと、水音も次第に聞こえだし
 地獄棚沢左俣のCo830m、2m平岩があるところにザレを3mほど下って
 降りた。昔は案内板があったとのことだが、今は沢に下りるところも崩れて
 存在しない。
 再び対岸の径路の取付きを見渡すと、ナメを10mほど下降した辺りから
 始まっていた。
 なおも進めば、少しで2段6×12mナメ滝の上を通過するような支沢を渡り
 更に進むと尾根を回り込んで、右俣出合に架かる2段10×15m滝の落ち口に
 針金を掴みながら降りたつことができる。

右俣遡行開始。
 すぐに2段5×10m滝(流芯右教蕁棔法6×10m滝(同じく右教蕁棔砲
 そう難しくなく越えていける。
 沢は東北東から北へ向きを変えて少しで3×7m小滝(左教蕁棔法
 それを越えれば狭いがナメ床が延々続いている。
 途中小滝(1.5〜6m)も幾つか出てくるが、供銑卦蕁櫃捻曚靴討い韻襦
 Co900mで出てくる2条1.5m小滝の左側は見事な赤色壁で、そこから湧き水が
 出ている。なかなか美味しい。
 
 Co915mで沢は北東からほぼ北向きになり、水も涸れると、少し沢も荒れて
 きて、Co940mで三俣となる。
 左と中央は急だが、右は何とか詰められそうだ。
 今回は右沢のさらに右手の尾根を詰めて、東海自然歩道/大滝峠上から南東に
 少し下った985m小ピークで登山道に出た。

E仍各擦鯑酖譴鵬爾辰鴇しで道はコルのところから左に向かい下りている。
 この道を進めば捨太郎(ステタロー)沢沿いの道となり一軒屋避難小屋に達する。
 しかし今回は巡回巡視路後半を辿るため、登山道分岐をやり過ごし、捨太郎沢と
 地獄棚沢の界尾根をそのまま下降して、先ほどの地獄棚沢右俣出合まで戻り下りた。
 この尾根はもちろん地形図を読みながらの下降だ。
 最後の尾根末端は地形図通り急斜面になるが、木を伝いながら南南西方向へ下降。
 沢から20mほど上部まで下りると巡回巡視路に下りたつことができた。
 ちょうど右俣出合の2段10×15m滝の対岸から巡視路は始まっている。
 ここから巡視路は前半よりも明瞭な道となって、最後は一軒屋避難小屋の少しだけ
 捨太郎沢上流に出た。
 あとは一般登山道を大滝橋方面に下る。

■丹沢限定沢登り記録集(All by kamog)
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html

■沢登り、クライミング、読図講習等(マウントファーム)
 http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2015年09月の天気図 [pdf]

写真

大滝沢林道ゲート出発
2015年09月26日 09:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝沢林道ゲート出発
1
木橋は流されていたり、ずれていたり。
飛び石徒渉もできるが、バランス悪いハイカーさんは足元濡れも覚悟しましょう。
2015年09月26日 09:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木橋は流されていたり、ずれていたり。
飛び石徒渉もできるが、バランス悪いハイカーさんは足元濡れも覚悟しましょう。
1
堰堤の上でマスキ嵐沢との二俣。
左下を注意して見ていないと見過ごしがち。
2015年09月26日 09:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の上でマスキ嵐沢との二俣。
左下を注意して見ていないと見過ごしがち。
2
大滝沢を少し歩けば堰堤。
右隅を越えていく。
2015年09月26日 09:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝沢を少し歩けば堰堤。
右隅を越えていく。
1
大滝沢を進む
2015年09月26日 09:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝沢を進む
地獄棚沢出合が近くなるとナメが始まる。
このナメを過ぎた左手で尾根に上がる。
2015年09月26日 09:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄棚沢出合が近くなるとナメが始まる。
このナメを過ぎた左手で尾根に上がる。
尾根取付き
2015年09月26日 09:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根取付き
1
折角だから地獄棚を見に行く。
先月登ったから今日はいいや。
2015年09月26日 09:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折角だから地獄棚を見に行く。
先月登ったから今日はいいや。
3
地獄棚上段
2015年09月26日 09:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄棚上段
1
少し戻って、先ほどの尾根に取り付く
2015年09月26日 09:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻って、先ほどの尾根に取り付く
1
少し痩せてはいる
2015年09月26日 10:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し痩せてはいる
1
薄いがはっきりと道形は付いている
2015年09月26日 10:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄いがはっきりと道形は付いている
1
地獄棚に落ちないようにトラロープも3カ所張ってあった
2015年09月26日 10:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄棚に落ちないようにトラロープも3カ所張ってあった
1
尾根上Co745m辺りで右に行く踏み跡
これが地獄棚の高巻きのようだ
2015年09月26日 10:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上Co745m辺りで右に行く踏み跡
これが地獄棚の高巻きのようだ
1
さらに尾根を登る
2015年09月26日 10:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに尾根を登る
1
支沢を横切る
2015年09月26日 10:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支沢を横切る
1
植生保護柵沿いに径路は続くが足元が悪い
2015年09月26日 10:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植生保護柵沿いに径路は続くが足元が悪い
1
この木橋もあまり乗りたくはないなぁ
2015年09月26日 10:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木橋もあまり乗りたくはないなぁ
地獄棚沢左俣が見えてきた
2015年09月26日 11:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄棚沢左俣が見えてきた
1
この保安林看板は沢からだと見えない
2015年09月26日 11:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この保安林看板は沢からだと見えない
1
左俣2m平岩のところに下りた
2015年09月26日 11:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣2m平岩のところに下りた
下りてきたところ
2015年09月26日 11:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてきたところ
10mほど沢を下った対岸に径路は続く
2015年09月26日 11:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10mほど沢を下った対岸に径路は続く
1
支沢を渡る
2015年09月26日 11:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支沢を渡る
1
右俣の2段10×15m滝が見えてきた
2015年09月26日 11:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣の2段10×15m滝が見えてきた
1
古い針金伝って右俣出合の滝上に出た
2015年09月26日 11:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い針金伝って右俣出合の滝上に出た
1
次の2段5×10m
右を登れる
2015年09月26日 11:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の2段5×10m
右を登れる
1
その次の6×10m
やはり右を登れる
2015年09月26日 11:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その次の6×10m
やはり右を登れる
1
小滝とナメは連なっている
2015年09月26日 11:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝とナメは連なっている
1
Co865mの2段6m滝
左隅を小さく巻いた
2015年09月26日 11:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co865mの2段6m滝
左隅を小さく巻いた
1
その上にもナメは続く
2015年09月26日 12:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上にもナメは続く
1
平穏な渓相だ
2015年09月26日 12:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平穏な渓相だ
Co890m左側に出てくる白ザレ
2015年09月26日 12:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co890m左側に出てくる白ザレ
Co905mに出てくる2条1.5m小滝
左側の流れは湧き水だ
2015年09月26日 12:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co905mに出てくる2条1.5m小滝
左側の流れは湧き水だ
1
湧き水周囲はきれいな赤色壁
2015年09月26日 12:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湧き水周囲はきれいな赤色壁
1
一番右沢は最後まで詰められそうだ
2015年09月26日 12:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番右沢は最後まで詰められそうだ
面倒だから右尾根に乗った
2015年09月26日 12:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面倒だから右尾根に乗った
大滝峠上の南東側で一般登山道に出た
2015年09月26日 12:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝峠上の南東側で一般登山道に出た
このコルで左下に進むと一般登山道だが、まっすぐ正面の尾根に進んだ
2015年09月26日 12:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコルで左下に進むと一般登山道だが、まっすぐ正面の尾根に進んだ
もちろん要読図
2015年09月26日 13:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん要読図
開放的な伐採地
2015年09月26日 13:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開放的な伐採地
尾根末端は急斜面化
2015年09月26日 13:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根末端は急斜面化
1
どうやら巡視路に出た
2015年09月26日 13:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやら巡視路に出た
ちょうど右俣出合の滝の対岸だ
2015年09月26日 13:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど右俣出合の滝の対岸だ
一軒屋避難小屋に出ました
2015年09月26日 14:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒屋避難小屋に出ました
1
一軒屋避難小屋から33分でゲートまで下りました
現在左足関節痛のため結構かかっちゃったなぁ
2015年09月26日 14:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒屋避難小屋から33分でゲートまで下りました
現在左足関節痛のため結構かかっちゃったなぁ
1

感想/記録
by kamog

先月8/15地獄棚左壁登って左俣を遡行したので、左俣と同等の長さを持つ右俣へ。
折角だから丹沢110ルートに記載もある巡視作業路を歩いてみよう。
左俣遡行したときは巡視路が横断しているのが全然わからなった。
今回歩いてみて・・・やはり沢に下りるところは崩れ気味で
なるほどぉ〜これじゃ沢からはわからんなぁ。
一部なすがままで補修も最近はされていない状況。
そのうちもっと不明瞭になって自然に還りそうだね。
こういう古い径路歩きも結構好き。
訪問者数:590人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ