ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 776053 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

大展望の陣馬山から紅葉残る相模湖へ

日程 2015年12月06日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路: JR高尾駅北口から陣馬高原下バス停
陣馬山は人気がありバスは混みますが、臨時便もよく出ます。

復路: JR相模湖駅まで徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
2時間22分
合計
7時間5分
S陣馬高原下バス停08:3008:40陣馬新道登山口10:05陣馬山11:2012:05明王峠12:3012:45石投げ地蔵13:08吉野矢の音13:3013:48大平小屋跡15:15与瀬神社15:3515:35相模湖駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・メインのコースを外れなければ、全体的によく歩かれていて道は明瞭です。時季的に落ち葉が多い箇所があり、マイナールートは特に不明瞭になりやすいので注意が必要。
・明王峠までは高尾山への銃走路なので、人気ルートで安心。明王峠〜相模湖も「与瀬神社」の標識を追っていけば問題なし。分岐のたびに地図をよく確認すること。
・岩場などの危険個所はありません。
・茶屋: 陣馬高原下バス停、陣馬山山頂、明王峠 (営業日要確認)
・トイレ: 陣馬高原下バス停、陣馬山山頂、明王峠、相模湖駅
その他周辺情報・高尾駅周辺はいろいろあり
・相模湖駅周辺に飲食店やドラッグストアあり
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック ダウン パーカ 帽子 ヘッドランプ サーモス カイロ

写真

しばらく車道を歩いたあと、陣馬新道(道標には「新ハイキングコース」)に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく車道を歩いたあと、陣馬新道(道標には「新ハイキングコース」)に入ります。
最初は沢沿いのさわやかな道です。徐々に尾根に乗ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は沢沿いのさわやかな道です。徐々に尾根に乗ります。
沢から離れて尾根に乗ると、一気に傾斜がきつくなります。ひー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢から離れて尾根に乗ると、一気に傾斜がきつくなります。ひー。
1
登りに関しては迷うことはないと思いますが。広い尾根なので、落ち葉がたっぷり積もっていると下りの場合まちがった支尾根に入りやすいのかも。しかしDead Endって、道標に書く単語ではないような。笑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りに関しては迷うことはないと思いますが。広い尾根なので、落ち葉がたっぷり積もっていると下りの場合まちがった支尾根に入りやすいのかも。しかしDead Endって、道標に書く単語ではないような。笑
尾根をある程度登ると、右側に落葉樹林が広がってきます。向かいの尾根もそうです。紅葉が目立ちます。今年は遅めですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根をある程度登ると、右側に落葉樹林が広がってきます。向かいの尾根もそうです。紅葉が目立ちます。今年は遅めですね。
1
ひらり浮かぶオレンジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひらり浮かぶオレンジ
2
山頂が近く、青空が近いです。視界が開けてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近く、青空が近いです。視界が開けてきます。
1
陣馬山山頂に到着!360度見渡せる大展望!ここまで気持ちの良い山頂はそう多くないのでは。秋冬は特に良いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陣馬山山頂に到着!360度見渡せる大展望!ここまで気持ちの良い山頂はそう多くないのでは。秋冬は特に良いですね。
北側にはなんとなんと、うっすらですが日光の男体山が見えました。雪をかぶっていますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側にはなんとなんと、うっすらですが日光の男体山が見えました。雪をかぶっていますね。
2
手前は奥多摩の山々、奥にうっすら日光の山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前は奥多摩の山々、奥にうっすら日光の山々。
1
大岳山だそうです。近いのでよく見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山だそうです。近いのでよく見えます。
2
西側はもちろん富士山です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側はもちろん富士山です!
2
近くの生籐山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くの生籐山。
はるかかなた、雪をかぶった南アルプスが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるかかなた、雪をかぶった南アルプスが見えます。
2
陣馬山のシンボル、白馬にごあいさつです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陣馬山のシンボル、白馬にごあいさつです
1
関東平野の向こうに、筑波山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東平野の向こうに、筑波山です。
2
富士山アップ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山アップ!
4
見えますか?スカイツリーです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えますか?スカイツリーです!
1
江ノ島です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江ノ島です!
丹沢方面もよく見えます。大山を裏側から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢方面もよく見えます。大山を裏側から。
1
丹沢の山々。いちばん高いのは蛭ヶ岳でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢の山々。いちばん高いのは蛭ヶ岳でしょうか?
茶屋でなめこ入りの味噌汁を買います。おにぎりは朝八王子のおむすび権兵衛で買ってきたもの。日本人は、これでしょう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋でなめこ入りの味噌汁を買います。おにぎりは朝八王子のおむすび権兵衛で買ってきたもの。日本人は、これでしょう!
3
ゆっくりたっぷり景色を楽しんで、出発です。明王峠を経由して相模湖へ降ります。道は比較的なだらかです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくりたっぷり景色を楽しんで、出発です。明王峠を経由して相模湖へ降ります。道は比較的なだらかです。
1
紅葉の間に、ふたたび大山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の間に、ふたたび大山。
2
明王峠に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王峠に到着。
広くはないですが、休憩スペースになっています。茶屋も開いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広くはないですが、休憩スペースになっています。茶屋も開いていました。
明王峠からしばらくいくと、石投げ地蔵。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王峠からしばらくいくと、石投げ地蔵。
1
起伏がゆるやかなのでスイスイ行けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
起伏がゆるやかなのでスイスイ行けます。
あっと言う間に舗装路との交差。この後、地図にある「矢の音」という小ピークに行ったのですが、道が不明瞭なので要注意です。矢の音までは比較的大丈夫ですが、その後がわかりにくく、引き返してきました。展望もないので矢の音には寄らずに、与瀬神社への道を進んで良いと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっと言う間に舗装路との交差。この後、地図にある「矢の音」という小ピークに行ったのですが、道が不明瞭なので要注意です。矢の音までは比較的大丈夫ですが、その後がわかりにくく、引き返してきました。展望もないので矢の音には寄らずに、与瀬神社への道を進んで良いと思います。
1
ところどころ、残っている紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ、残っている紅葉
1
大平小屋跡を過ぎて、振り返ったところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平小屋跡を過ぎて、振り返ったところ。
与瀬神社に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
与瀬神社に着きました。
1
神社の階段、かなり急です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の階段、かなり急です。
1
コントラストが綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コントラストが綺麗です。
3
神社を抜けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社を抜けます
1
お寺もありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お寺もありました。
相模湖の向こう側も山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湖の向こう側も山。
嵐山でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嵐山でしょうか。
相模湖畔まで歩いてみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湖畔まで歩いてみました。
相模湖の公園はひなびた…というか、ちょっとさびれた感じです。昭和の香りがします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湖の公園はひなびた…というか、ちょっとさびれた感じです。昭和の香りがします。
レトロの雰囲気漂う。人も多くはありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レトロの雰囲気漂う。人も多くはありません。
2
相模湖駅。駅もなんだかレトロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湖駅。駅もなんだかレトロ。
1

感想/記録
by kyon_t

今年最後の山歩きになるかも?日照時間が短くても安心の、短めルートです。高尾山まで縦走したかったのですが、私含め、ペースの遅い初心者グループのため、相模湖へ抜けるルートを選択。体力的にきつくなく、後半は景色に変化の少ない道ではありましたが、地図読みを迫られる場面あり、相模湖畔まで出たりと、意外な展開になり楽しめました。

このコースでいちばんきついのは最初です。沢沿いから尾根に乗り、短時間で山頂を目指すコースは息が上がります。山頂に着いてしまえば、あとはほぼ下りなので楽です。アップダウンはありますが、穏やかです。

陣馬山は初めてだったのですが360度の大展望に感動しました。人気なのもうなずけます。地図と見比べながら山座同定をやっていたらあっという間に時間が経ってしまいました。特に秋冬は遠くまで見えるので、陣馬山に来たらじっくり眺めるといいでしょう(体冷えない程度に)。最近、山頂から見える他の山が気になって仕方がないのです。見比べると富士山の存在感はやはり圧倒的。富士山が日本一で良かったとつくづく思います。

残りは樹林帯の中のはっきりした登山道をたどっていくのみです。人気ルートだけに、エスケープルートが横にいくつも伸びていますが、地図で確認しながらいけば問題はないです。ちょっと注意したいのは後半の小ピーク、矢の音の辺りです。登山地図などに描かれている与瀬神社へのルートは、よーく見ればわかりますが、矢の音のピークを経由していません(少し東にそれるようにして、ピークを避けています)。ピークの直前に分岐があるので、「与瀬神社」とある左へ進みましょう。我々グループは興味から矢の音まで行ってみましたが、ちょっと開けた広場になっている他は特に何もありません。展望もないです。詳しい別の地図を見ると、そのあと元の道へ合流する道が描かれていましたが、周りを探してもよくわからなかったので(落ち葉が積もっていてわかりにくいうえ、急傾斜で危ない)、引き返すことにしました。引き返す途中、同じく矢の音に向かってくる方に一人会いましたが、相模湖を目指しているのに間違って入ってきているようだったので、我々と同じ元の道へ戻るように促しました。我々が引き返しているところを、相模湖から来た、と思ってしまったみたいです。けっこうありそうで怖いですね、こういうの。

地図をしっかり読むいい機会だったので、残りの道はこまめに地図を確認しながら進みました。迷う箇所は少ないですが、現在地を把握しながら歩くだけでも、良い読図練習になりました。両側が斜面の尾根だから今はここだろう、左側に見えるピークはおそらく大明神山だろう、と一つ一つ確認しながら進むことで、安心感が持てました。

最後は与瀬神社、慈眼寺を抜けて、相模湖公園に立ち寄りました。少し距離がありますが、余裕があれば回ってみても良いと思います。相模湖周辺は、言っちゃアレですけど、かつて栄えていた昔のリゾート地というか、さびれた?ひなびた昭和の雰囲気でした。うーん。駅に着くころにはお近くのプレジャーフォレストからのバスが到着してたくさんの人が降りてきたので、そちらはにぎわっているのでしょうね。今の時期なら、イルミネーションも綺麗だし。

予想外に読図の練習ができた、脱初心者まであと一歩?な山行となりました。あとはやっぱり体力とスピードかな…

【今日の収穫】
・大展望の陣馬山頂で富士山もスカイツリーも日光方面も一望。
・あたたかい味噌汁+おにぎりは日本の心。
・地図が読めると安心感が全然ちがう。
・怪しくなったら引き返す、は正しい。
・同じく迷いこみそうになっている人には、おせっかいと思わず声をかけて良かった。
・相模湖を背景に浮かび上がる紅葉は綺麗だった。

【今日の反省】
・コンパスの動きがにぶいので、もうちょっと良いものに買い替える。
・不安になる前から、こまめに地図を確認しよう。
・寒いからと思って着替えなどいろいろ詰めてきたが、案外使わなかった。荷物の量を要調整。
訪問者数:208人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ