また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 812814 全員に公開 ハイキング甲信越

緩急の差が激しい登山道〜茅ヶ岳・金ヶ岳

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
深田記念公園駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
2時間0分
合計
9時間10分
S深田公園08:1009:40女岩通行止09:5010:40深田久弥先生終焉の地11:00茅ヶ岳11:2011:50石門(岩門)12:30観音峠分岐12:40金ヶ岳13:3014:10石門(岩門)14:40茅ヶ岳15:2017:20深田公園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

茅ヶ岳スタートです
2014年09月14日 08:13撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅ヶ岳スタートです
最初のとっつきまでが長い気がします。
2014年09月14日 08:16撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のとっつきまでが長い気がします。
立ち入り禁止
2014年09月14日 09:46撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち入り禁止
レイザンソウ
珍しい花を見つけました
2014年09月14日 09:59撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レイザンソウ
珍しい花を見つけました
哀悼の意を表します
2014年09月14日 10:36撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
哀悼の意を表します
茅ヶ岳山頂到着
2014年09月14日 11:01撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅ヶ岳山頂到着
お隣の金ヶ岳
2014年09月14日 11:04撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お隣の金ヶ岳
富士山…わずかに見えます
2014年09月14日 11:06撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山…わずかに見えます
カワラナデシコ
2014年09月14日 12:44撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カワラナデシコ
金ヶ岳山頂からの眺望
2014年09月14日 13:24撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金ヶ岳山頂からの眺望
金ヶ岳山頂
2014年09月14日 13:30撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金ヶ岳山頂

感想/記録

深田記念公園の駐車場に停めさせていただきました。ここには初めて訪れたのですが、ここに至る林道では、(見落としただけかもしれませんが)公園に向けた案内標識などが見つからず、地図のだいたいの位置を頼りに走り、なんとか見つけることができました。
この駐車場が出発地点になりました。
駐車場から出ると、まずは林道のようなルートからスタートし、少し歩いてから深田公園との分岐にて茅ヶ岳山頂方面へと向かいました。その辺りからが、登山道なのでしょうけど、さほど傾斜もなく散策路といったほうがイメージが合うかもしれません。

実は、深田記念公園からのアプローチですと、女岩の通行止め箇所付近まではあまり高度を稼がない登山路が続くんですね。今回は、小休憩も含めますが1.5時間ほど歩いてから、登りらしくなりました。いや、通行止め箇所からの登りはむしろ急登すぎました(笑)。急に高度を上げ始めます。
そしてほどなく「深田久弥先生終焉の地」とされた石碑に到着。もちろん、お会いしたことはないのですが、その昔、百名山なる著書を知ったときは相当な衝撃でした。100の山を紹介するために、いったいいくつの山に登ったんだろう、というのが当時のファーストインプレッションでした。
他の方々もそうしていましたが、石碑の前にて手を合わせてから再び登り始めると、ひとしきり、急な登りを経て山頂に到着です。この山頂付近に咲いていたお花たちが見事でした。それだけで、茅ヶ岳を好きになれます。おまけに山頂では、360度の超展望!富士山・南ア、奥秩父、金峰山、瑞牆山、八ヶ岳…気に入らないワケがありません。

今回は茅ヶ岳から金ヶ岳にもチャレンジしました。一度、下ることになりますので「あーもったいない」とブツクサつぶやきながら鞍部に到着。そこからの登りが金ヶ岳。鞍部付近では、石門も大きさに眼を見はり、岩が落ちてこないかと怖れながら進みます。ある程度登ると、稜線のようなところまでたどり着くのですが、意外と金ヶ岳山頂まではなかなか着きません。「まだなのか?」と思うくらい歩いた頃に山頂でした。広くはない山頂ですが、そこまで歩いて来たことを思うと達成感もひとしお。

茅ヶ岳と金ヶ岳、いずれも素敵な山行になりました。下山後も、韮崎方面に車を走らせていると、かなり長いことその姿を拝むことができました。「あそこまで登ったんだな」と大自然に感謝・感慨にひたり帰路につきました。
訪問者数:103人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ