ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879992 全員に公開 ハイキング奥武蔵

蕎麦粒山[ソバツブヤマ]

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー takakei, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
秩父市の浦山口で国道140号線(彩甲斐街道)から県道73号線(秩父上名栗線)に入り、浦山大日堂の先で広河原逆川林道に入って有間峠まで行きます。駐車場は特に有りませんが峠の周辺に数台駐車できます。
※有間峠には飯能市側の名栗湖畔より広河原逆川林道に入って行くこともできます。
※有間峠から仁田山の脇を通って日向沢ノ峰方向に林道が延びていますがこの林道は通行止めとなっていました。
有間峠にはトイレは有りません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間56分
休憩
51分
合計
3時間47分
S有間峠09:1009:3751号鉄塔09:56日向沢ノ峰中央(オハヤシノ頭)10:04日向沢ノ峰10:1810:24日向沢ノ峰中央(オハヤシノ頭)10:37桂谷ノ峰11:02蕎麦粒山11:2911:49桂谷ノ峰11:59日向沢ノ峰中央(オハヤシノ頭)12:1051号鉄塔12:27<休憩>12:3212:42仁田山(有間山)12:4712:57有間峠12:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は有りませんでした。
登山ポストは見当たりませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

8時45分、有間峠に着きましたが既に駐車している車が多く、1台分空いていた坂道部分に駐車しました。
2016年05月21日 09:07撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時45分、有間峠に着きましたが既に駐車している車が多く、1台分空いていた坂道部分に駐車しました。
1
有間峠からの名栗湖方面です。
2016年05月21日 09:09撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有間峠からの名栗湖方面です。
計画では正面の林道の第3登山口付近に駐車する予定でしたが通行止めなので、9時10分に林道歩きから登山を開始しました。
2016年05月21日 09:10撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
計画では正面の林道の第3登山口付近に駐車する予定でしたが通行止めなので、9時10分に林道歩きから登山を開始しました。
ジシバリ(地縛り)。
2016年05月21日 09:13撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジシバリ(地縛り)。
林道を進みます。
2016年05月21日 09:13撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を進みます。
送電線鉄塔の左側に日向沢ノ峰が見えました。
2016年05月21日 09:19撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線鉄塔の左側に日向沢ノ峰が見えました。
1
9時23分、第3登山口に着き、林道から稜線に入ります。
尚、途中の第2登山口は斜面の崩落で通行できなくなっていました。
2016年05月21日 09:23撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時23分、第3登山口に着き、林道から稜線に入ります。
尚、途中の第2登山口は斜面の崩落で通行できなくなっていました。
緩やかな傾斜の尾根道を登ります。
2016年05月21日 09:25撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな傾斜の尾根道を登ります。
1
階段が出てきました。
2016年05月21日 09:27撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が出てきました。
2
階段が終わると尾根幅が狭くなってきて明確な稜線歩きとなりました。
2016年05月21日 09:31撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が終わると尾根幅が狭くなってきて明確な稜線歩きとなりました。
9時37分、歩き始めて30分弱で送電線の鉄塔に着きました。
2016年05月21日 09:37撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時37分、歩き始めて30分弱で送電線の鉄塔に着きました。
鉄塔下から見る日向沢ノ峰(左)です。
2016年05月21日 09:38撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔下から見る日向沢ノ峰(左)です。
2
ミツバツツジ(三葉躑躅)。
2016年05月21日 09:44撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ(三葉躑躅)。
シロヤシオ(白八汐)。
2016年05月21日 09:46撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオ(白八汐)。
4
ミツバツツジ(三葉躑躅)とシロヤシオ(白八汐)。
2016年05月21日 09:48撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ(三葉躑躅)とシロヤシオ(白八汐)。
1
オハヤシの頭が見えてきました。
2016年05月21日 09:51撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オハヤシの頭が見えてきました。
1
オハヤシの頭への最後の登りです。
2016年05月21日 09:53撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オハヤシの頭への最後の登りです。
9時56分、歩き始めて45分強でオハヤシの頭に着きました。
2016年05月21日 09:56撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時56分、歩き始めて45分強でオハヤシの頭に着きました。
オハヤシの頭で左折して日向沢ノ峰に向かいます。
2016年05月21日 09:57撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オハヤシの頭で左折して日向沢ノ峰に向かいます。
10時1分、長尾丸山・棒ノ嶺(棒ノ折山)分岐に着きました。
2016年05月21日 10:01撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時1分、長尾丸山・棒ノ嶺(棒ノ折山)分岐に着きました。
分岐の案内標識。
2016年05月21日 10:01撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐の案内標識。
3
分岐から直ぐ先に日向沢ノ峰頂上が見えてきました。
2016年05月21日 10:03撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から直ぐ先に日向沢ノ峰頂上が見えてきました。
10時4分、日向沢ノ峰頂上に到着です。
2016年05月21日 10:04撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時4分、日向沢ノ峰頂上に到着です。
3
頂上からの川苔山(川乗山)です。
2016年05月21日 10:04撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの川苔山(川乗山)です。
川苔山をアップで。
2016年05月21日 10:04撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山をアップで。
1
頂上からの蕎麦粒山です。
2016年05月21日 10:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの蕎麦粒山です。
蕎麦粒山をアップで。
2016年05月21日 10:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山をアップで。
4
頂上からのオハヤシの頭への道です。
2016年05月21日 10:13撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からのオハヤシの頭への道です。
シロヤシオ(白八汐)。
2016年05月21日 10:14撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオ(白八汐)。
2
10時18分に日向沢ノ頭を出発し、オハヤシの頭を通過して蕎麦粒山に向かいます。
2016年05月21日 10:25撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時18分に日向沢ノ頭を出発し、オハヤシの頭を通過して蕎麦粒山に向かいます。
鎌首をもたげているようなマムシ草がありました。茎がマムシの模様に似ています。
2016年05月21日 10:28撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌首をもたげているようなマムシ草がありました。茎がマムシの模様に似ています。
1
緩やかな都県境尾根を散歩気分で進みます。
2016年05月21日 10:29撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな都県境尾根を散歩気分で進みます。
1
桂谷ノ峰(1,380m)付近を軽快に進みます。
2016年05月21日 10:37撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桂谷ノ峰(1,380m)付近を軽快に進みます。
1
桂谷ノ峰(1,380m)から1,400m峰に向かう道です。
2016年05月21日 10:38撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桂谷ノ峰(1,380m)から1,400m峰に向かう道です。
2
10時42分、1,400m峰に着きました。
2016年05月21日 10:42撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時42分、1,400m峰に着きました。
1,400m峰からの蕎麦粒山です。
2016年05月21日 10:42撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,400m峰からの蕎麦粒山です。
1
蕎麦粒山頂上まであと40mほどの登りとなりました。
2016年05月21日 10:55撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山頂上まであと40mほどの登りとなりました。
1
蕎麦粒山頂上への登りから見る大岳山、本仁田山です。
2016年05月21日 11:02撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山頂上への登りから見る大岳山、本仁田山です。
大岳山(中央奥)、本仁田山(大岳山右手前)をアップで。
2016年05月21日 11:01撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山(中央奥)、本仁田山(大岳山右手前)をアップで。
11時2分、日向沢ノ峰から45分弱で蕎麦粒山頂上に着きました。
2016年05月21日 11:02撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時2分、日向沢ノ峰から45分弱で蕎麦粒山頂上に着きました。
1
頂上標識と三角点です。
2016年05月21日 11:03撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上標識と三角点です。
4
頂上にてお会いしたトレランの方に写して頂きました。
2016年05月21日 11:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上にてお会いしたトレランの方に写して頂きました。
6
頂上の様子です。
2016年05月21日 11:26撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の様子です。
1
11時29分に下山を開始し43分に1,400m峰戻ってきました。
2016年05月21日 11:43撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時29分に下山を開始し43分に1,400m峰戻ってきました。
1,400m峰にて。
2016年05月21日 11:43撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,400m峰にて。
11時49分、桂谷ノ峰(1,380m)に戻ってきました。
2016年05月21日 11:49撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時49分、桂谷ノ峰(1,380m)に戻ってきました。
マムシ草のところまで戻ってきました。
2016年05月21日 11:56撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシ草のところまで戻ってきました。
11時59分、蕎麦粒山頂上から30分でオハヤシの頭まで戻ってきました。
2016年05月21日 11:59撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時59分、蕎麦粒山頂上から30分でオハヤシの頭まで戻ってきました。
12時10分、送電線鉄塔まで戻ってきました。
2016年05月21日 12:10撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時10分、送電線鉄塔まで戻ってきました。
1
送電線鉄塔下から見る大持山・小持山です。
2016年05月21日 12:10撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線鉄塔下から見る大持山・小持山です。
大持山・小持山をアップで。
2016年05月21日 12:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山・小持山をアップで。
2
12時21分、第3登山口への下り口に着きましたが、林道に下りずに仁田山を目指すことにしました。
2016年05月21日 12:21撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時21分、第3登山口への下り口に着きましたが、林道に下りずに仁田山を目指すことにしました。
林道を右下に見ながら仁田山への道を進みます。
2016年05月21日 12:23撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を右下に見ながら仁田山への道を進みます。
名栗湖が見える所で5分間の休憩をとることにしました。
2016年05月21日 12:27撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名栗湖が見える所で5分間の休憩をとることにしました。
3
名栗湖の右手には棒ノ峰(奥)、長尾丸山(手前)が見えています。
2016年05月21日 12:28撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名栗湖の右手には棒ノ峰(奥)、長尾丸山(手前)が見えています。
仁田山頂上が近づいてきました。
2016年05月21日 12:39撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田山頂上が近づいてきました。
12時42分、仁田山頂上に到着。ここで最後の5分間の休憩をとることにしました。
2016年05月21日 12:42撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時42分、仁田山頂上に到着。ここで最後の5分間の休憩をとることにしました。
2
頂上から登って来た道を見た様子です。
2016年05月21日 12:44撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から登って来た道を見た様子です。
頂上から蕎麦粒山が木間越しに見えています。
2016年05月21日 12:44撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から蕎麦粒山が木間越しに見えています。
1
仁田山から有間峠への下りにかかりました。
2016年05月21日 12:49撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田山から有間峠への下りにかかりました。
有間峠と車が見えてきて、
2016年05月21日 12:54撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有間峠と車が見えてきて、
有間峠の秩父側にある第1登山口に下山しました。
2016年05月21日 12:55撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有間峠の秩父側にある第1登山口に下山しました。
第1登山口の案内標識です。
2016年05月21日 12:56撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1登山口の案内標識です。
1
撮影機材:

感想/記録

蕎麦粒山に登ったのは、2013年4月に南アルプス南部の静岡県川根本町にある蕎麦粒山でしたが、その後埼玉と東京の都県境にも同名の山があることを知りました。
南アルプスの蕎麦粒山には大礼山登山口〜蕎麦粒山南登山道口〜蕎麦粒山(1,627m)〜五樽沢コル〜高塚山(1,621m 三百名山)〜五樽沢コル〜山犬段〜大礼山登山口の長いルートをとりましたが、都県境にある蕎麦粒山は有間峠まで車で行け、しかもその近辺では割と高い山であるということで登ってみることにしました。

7時に車で自宅を出発、秩父市経由で有間峠には8時45分に着きましたが、峠付近の平らな部分は既に駐車している車で一杯で、且つそこから派生している第3登山口への林道は通行止めになっていました。
当初は第3登山口付近に駐車することを予定していたのがダメになり、且つ坂道部分に駐車しなければならなくなったため、車輪止めの石を探したりして登山開始は9時10分になってしまいました。

有間峠から第3登山口までの林道は仁田山側の斜面の崩落が何ヵ所かで見られたものの車道は通行可能な状態であり、また駐車スペースも何ヵ所も有ったため、通行止めにしなくても良いのでは?と感じながら歩きました。(第2登山口は崩落で道が消失しているようでした)

第3登山口(1,160m)からオハヤシの頭(1,340m)までなだらかな尾根道をミツバツツジやシロヤシオを眺めながらゆっくり登りましたが、駐車台数が多かったのに誰にも会わず30分ほどで着きました。
そこから蕎麦粒山とは反対側の日向沢ノ峰(ヒナタサワノウラ)を目指しましたが上り下りが殆ど無く、10分もかからずに日向沢ノ峰に着きましたが山の頂上というより尾根道上のちょっとしたコブのような感じでした。
頂上からは川苔(川乗)山が間近に眺められたほか、蕎麦粒山も眺められました。

日向沢ノ峰から蕎麦粒山までの都県境尾根道は殆ど平らで散歩している気分となりました。
蕎麦粒山手前の1,400m峰から蕎麦粒山頂上までは一旦下って登り返すことになりますが、ここが唯一山登りをしていると感じさせられました。
頂上までの途中からは奥多摩の大岳山や本仁田山が眺められ、帰りのオハヤシの頭からの下りでは大持山・小持山や西武ドームが見えたりしました。

第3登山口から林道に出るのを止めて仁田山経由で有間峠の第1登山口に下山しましたが、上りも林道歩きよりは仁田山経由で登る方が名栗湖や棒ノ峰等々が見えて良かったのではと感じました。

蕎麦粒山に向かう都県境尾根はなだらかで休憩に適した場所も多く、また危険個所も無いため子連れハイキングに適した山であると思います。
訪問者数:298人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ