ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 893796 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

西上州/品塩山と御巣鷹山 +チャリ

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
■車は「浜平温泉しおじの湯」に駐車。温泉は下山後に利用。
■チャリは中之沢林道・大蛇倉支線の入口にデポ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間20分
休憩
30分
合計
7時間50分
Sスタート地点05:2507:35品塩山08:40トンネル手前の梯子09:301,594mピーク09:4510:45御巣鷹山11:0012:45大蛇倉支線入口13:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■大蛇倉支線入口〜しおじの湯は、チャリ利用。
コース状況/
危険箇所等
■しおじの湯〜品塩山
急登。尾根歩きだったのと、踏み跡・テープが続いていたので迷わなかった。下山に利用する場合、尾根分岐があるので迷いやすいかもしれない。

■品塩山〜中之沢支線
品塩山南峰近くの鉄塔のところにある岩場で、どう歩くか迷った。稜線を伝って行こうと思ったけど、踏み跡らしきものが全くない。すぐに西側に逃げたら踏み跡らしきものがあったけど歩きにくい。どう歩くのが正解だったのかは不明。又尾山前後の稜線は、中之沢支線を使って巻いたので、どんなルートかは不明。

■中之沢支線〜中之沢林道
林道。支線は崩落箇所が数箇所。

■中之沢林道〜御巣鷹山
中之沢林道からコンクリート法面の梯子を登った直後が急斜面。1,496mピークは西側に巻いたけど、巻き道は進むほど歩きにくくなったので、ピークを通った方が楽だったのかも。1,594mピーク南側の痩せた岩稜はやや危険。1,747mピークから御巣鷹山に向かう稜線には尾根分岐があるので注意。御巣鷹山は南側の岩場を登った。下りでは、意図せずに登りとは異なるルートに入ってしまい、下りるのに難儀した。登り返せばよかった。

■御巣鷹山〜沢
沢に下りるまではボロボロと土が崩れる急斜面。歩きやすいところ選んだつもりだったけど、高さ5mくらいの急斜面にぶつかり、ロープを生木にかけて下りた。大蛇倉支線に続く沢は、歩きにくいものの危険ではなかった。

■大蛇倉支線
ところどころに落石跡のある林道。約3kmあるけど、新緑・大蛇倉沢・巨岩を眺めながら歩いたので、退屈でウンザリ、ということはなかった。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

しおじの湯の道路を挟んで向かい側。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しおじの湯の道路を挟んで向かい側。
はじめは林道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめは林道。
一旦、なだらかな林に出てから、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦、なだらかな林に出てから、
いきなりの急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの急登。
1
たまに足場が悪い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに足場が悪い。
1
トヤノツムジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トヤノツムジ
ひたすら尾根歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら尾根歩き。
家倉(三叉分岐)。各方面への踏み跡は明瞭です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
家倉(三叉分岐)。各方面への踏み跡は明瞭です。
1
1,204mピーク。あれが品塩山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,204mピーク。あれが品塩山?
1,204mピークからは急な下りだったので、杖代わりの木の枝を捨てた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,204mピークからは急な下りだったので、杖代わりの木の枝を捨てた。
品塩山北峰への激急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
品塩山北峰への激急登。
1
たぶん、品塩山北峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶん、品塩山北峰。
品塩山南峰へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
品塩山南峰へ。
品塩山南峰。特に何も無いのでスルー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
品塩山南峰。特に何も無いのでスルー。
1
南峰から南へ下るとすぐに鉄塔がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰から南へ下るとすぐに鉄塔がある。
鉄塔のすぐ南にある岩場を登って見下ろしたところ。ここは道ではない気がする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔のすぐ南にある岩場を登って見下ろしたところ。ここは道ではない気がする。
稜線上を歩くのは厳しそうだったので、西側へ逃げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上を歩くのは厳しそうだったので、西側へ逃げる。
岩稜の西側を巻いた後、再び稜線に戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜の西側を巻いた後、再び稜線に戻る。
稜線は地図に無い林道(中之沢支線)で寸断されてた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線は地図に無い林道(中之沢支線)で寸断されてた。
稜線の東側から林道に下りる。「止まれ」の場違い感が良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の東側から林道に下りる。「止まれ」の場違い感が良い。
「止まれ」の後ろ辺りから、東側斜面に踏み後があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「止まれ」の後ろ辺りから、東側斜面に踏み後があった。
林道が気になったので、稜線の西側へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が気になったので、稜線の西側へ。
待避所もろとも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待避所もろとも。
中之沢支線を歩いて、中之沢林道に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中之沢支線を歩いて、中之沢林道に合流。
中之沢林道を御巣鷹山トンネルに向かって歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中之沢林道を御巣鷹山トンネルに向かって歩く。
地図に無いトンネル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図に無いトンネル。
立入禁止。御巣鷹山の北側にある調圧水槽に向かってるのかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立入禁止。御巣鷹山の北側にある調圧水槽に向かってるのかな。
トンネル手前のコンクリ法面の梯子を上る。梯子を使わなくても、その横の踏み跡を辿って登れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル手前のコンクリ法面の梯子を上る。梯子を使わなくても、その横の踏み跡を辿って登れる。
梯子を登った後、急斜面を登って稜線へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子を登った後、急斜面を登って稜線へ。
1,496mピーク付近の岩。この岩場は西に大きく巻いたけど、巻き道がしんどかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,496mピーク付近の岩。この岩場は西に大きく巻いたけど、巻き道がしんどかった。
1,594mピークへの登り。明瞭すぎて怪しい踏み跡。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,594mピークへの登り。明瞭すぎて怪しい踏み跡。
1,594mピークでさくっと昼食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,594mピークでさくっと昼食。
1
1,594mピークから御巣鷹山トンネルの入口を見下ろせる。ここは南側が切れ落ちてるので、覗き込まない方がいいと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,594mピークから御巣鷹山トンネルの入口を見下ろせる。ここは南側が切れ落ちてるので、覗き込まない方がいいと思います。
1,594mピーク南側の短い岩稜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,594mピーク南側の短い岩稜。
1,747mピークへの登りは木の枝が少し邪魔だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,747mピークへの登りは木の枝が少し邪魔だった。
1,747mピークの北側を巻いて、御巣鷹山へ。途中、尾根の分岐がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,747mピークの北側を巻いて、御巣鷹山へ。途中、尾根の分岐がありました。
御巣鷹山の基部。右手の南側にテープがあったので、そっちから登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御巣鷹山の基部。右手の南側にテープがあったので、そっちから登る。
山頂。狭い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。狭い。
標識は2個あった。御巣鷹山の下りでは、登りと違う道に入ってしまい難儀した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識は2個あった。御巣鷹山の下りでは、登りと違う道に入ってしまい難儀した。
1
御巣鷹山から下りた後、南側の沢へ向かってそのまま下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御巣鷹山から下りた後、南側の沢へ向かってそのまま下る。
沢へ降り立つ。ここまでは崩れやすい急斜面で、一度ロープを出した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢へ降り立つ。ここまでは崩れやすい急斜面で、一度ロープを出した。
沢を下って、大蛇倉支線に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を下って、大蛇倉支線に合流。
大蛇倉支線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蛇倉支線。
時々、巨岩があって楽しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々、巨岩があって楽しい。
でかい。立派なカメラを持ったグループがいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でかい。立派なカメラを持ったグループがいました。
1
大蛇倉支線入口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蛇倉支線入口。
ここからチャリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからチャリ。
1
しおじの湯で、イワナ丼と豚トロ。オススメ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しおじの湯で、イワナ丼と豚トロ。オススメ。
2
地図に無い林道がいくつかありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図に無い林道がいくつかありました。

感想/記録

 
以前、上野村のカイト山に登ったときに、地元の方に御巣鷹山の日航機墜落事故当時の話を聞きました。その後、墜落場所を調べてみると、墜落したのは高天原山の尾根で、御巣鷹山はその隣。だけど、飛行機が墜落した尾根は「御巣鷹の尾根」と命名されてしまった。高天原山の「御巣鷹の尾根」は慰霊・登拝のための道が整備されているけど、「御巣鷹山」に登る人はほとんどいない。それで御巣鷹山に興味を持ちました。
 
当初の計画は、御巣鷹山に登った後、大蛇倉山を経由して、御巣鷹の尾根を下るというものでした。だけど、慰霊のための道を、レジャー目的で使うことに若干の抵抗がありました。そこで、御巣鷹山登山について更に調べてたら、御巣鷹山の南側に、地図に無い中之沢林道・大蛇倉支線があることを知り、下山はこの大蛇倉支線を使用することに。
 
今回通ったコースは、藪は皆無だったけど、ところどころ岩場があり、西上州らしい静かな山歩きが楽しめました。
 
 
参考にさせて頂いた登山記録は以下のとおりです。

■TNHCねくらハイキング
・浜平付近からトヤノツムジ・品塩山
http://www.k2.dion.ne.jp/~tnhc/toysim/toysim.html
・中之沢林道付近から舟留
http://www.k2.dion.ne.jp/~tnhc/nakafu/nakafu.html
・スゲノ沢から高天原山(蟻ヶ峰)・大蛇倉山・御巣鷹山周回
http://www.k2.dion.ne.jp/~tnhc/stoos/stoos.html
(※全体の計画はこの3つの記録を参考に作成)
 
■等高線の狭間から
・御巣鷹山
http://himalaicus.hiho.jp/yamaseireki/2005/osutaka/osutaka.html
(※中之沢林道から尾根への取り付きについて)
 
■激藪の隙間より
・上信国境南部 御巣鷹山(1639.4m)、東沢(1933m)
http://www.gekiyabu.sakura.ne.jp/public/2015/150530%20osutakayama/osutakayama.html
(※御巣鷹山への取り付きについて)
 
■その空の下で。。。
・2015年6月28日 西上州 神流川 大蛇倉沢
http://sonosoranoshitade.web.fc2.com/sonosoranoshitade7-2/newpage24.html
(※大蛇倉支線の位置について)
 
訪問者数:478人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ