ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 904700 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

北八周回

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り、標高の高い所はガス濃い
微風、弱風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みどり池入口駐車場利用。到着時(4:40頃)の気温12℃、出発時(10:40頃)の気温15℃。キャパは20台くらいか、早朝はガラガラに空いていたが、帰りの時点では8割方埋まっていた。が、ここからは八ヶ岳方面の主要なピークへは遠く、使う人は限られるだろうから、最盛期であっても早めの時間に到着すれば駐車場所に困ることはないと思う。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間11分
休憩
13分
合計
5時間24分
Sミドリ池入口05:0205:33こまどり沢 水場05:56しらびそ小屋05:5706:02中山峠・本沢温泉分岐06:45中山峠06:4806:51見晴らし台07:06中山07:10中山展望台07:53高見石小屋07:5707:58高見石08:20白駒荘08:2310:23ミドリ池入口10:2510:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
5:02みどり池入口-5:55みどり池-6:45中山峠-7:08中山展望台-7:53高見石小屋-8:20白駒池-10:22みどり池入口
コース状況/
危険箇所等
・みどり池入口-しらびそ小屋-中山峠:しらびそ小屋までは緩やかな登りが支配的。本沢温泉との分岐を過ぎて中山峠方面へ向かうと急登区間が現れるがそれほど長くない。
・中山峠-中山展望台:このルートで唯一の稜線区間だが樹林帯の中のため、天気が良くても展望は得られないと思われる。反対に風の強い日には稜線でも樹木に守られてしのぎやすい。
・中山展望台-高見石小屋-白駒池:丸い岩が多く、この日は特に湿っていて気を遣いながら歩いた。乾燥していてもそこそこ厄介な道。白駒池付近は木道が多く、この日はやはり湿っていてスリップ要注意な状態。
・白駒池-みどり池入口(しゃくなげ尾根経由):白駒池からは一旦少し登りになるが標高差は大したことはない。しゃくなげ尾根は緩やかで膝に優しいが、出入り口は駐車場なので要注意。
・登山者は高見石小屋や白駒池周辺は見掛けたが、その他ではあまり見掛けず。とくに登りの中山峠へ至るルートと下りのしゃくなげ尾根では全く見掛けなかった。これは時間的な問題もあるだろう。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

みどり池
2016年06月26日 05:56撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みどり池
3
中山峠。ガスで真っ白。
2016年06月26日 06:45撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠。ガスで真っ白。
イワカガミが咲いていた。花はこれだけだったような。
2016年06月26日 06:52撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミが咲いていた。花はこれだけだったような。
中山展望台
2016年06月26日 07:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山展望台
ガスで真っ白、何も見えず。
2016年06月26日 07:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで真っ白、何も見えず。
高見石小屋
2016年06月26日 07:53撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石小屋
白駒池付近は恐怖の濡れた木道
2016年06月26日 08:19撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒池付近は恐怖の濡れた木道
2
白駒荘
2016年06月26日 08:21撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒荘
白駒池ではボートに乗れる
2016年06月26日 08:22撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒池ではボートに乗れる
1
白駒池1
2016年06月26日 08:22撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒池1
白駒池2
2016年06月26日 08:23撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒池2
白駒池3
2016年06月26日 08:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒池3
1
白駒湿原1
2016年06月26日 08:37撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒湿原1
白駒湿原2
2016年06月26日 08:38撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒湿原2
白駒湿原3
花は特に咲いていなかった
2016年06月26日 08:38撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒湿原3
花は特に咲いていなかった
NEW NAKAYAMA?
2016年06月26日 08:51撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
NEW NAKAYAMA?
しゃくなげ尾根入口
2016年06月26日 10:21撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しゃくなげ尾根入口
駐車場は余裕あり
2016年06月26日 10:22撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は余裕あり

感想/記録

北八周辺の未踏ルートを歩いてきたが、ルートを間違えたり展望がなかったりとあまり良いことはなかった。

みどり池入口駐車場には4:40頃に到着。夏冬合わせて3回目なので、ここまでの道ももう間違えようもない。食事と準備をして5:00出発を目論んだが2分遅れた。大した遅れでは全くないが歩き始めの際にろくに地図を見ることもなかった。これが後で思えば失敗だった。今日は本来はしゃくなげ尾根を登りに利用して稜線へ上がり、白駒池まで周回して再び同じ尾根で戻る算段をしていた。が、歩き始めて20分ほどして林道が終わり本格的な登山道が始まるあたりで地図を良く見直したところ、しゃくなげ尾根の入口は駐車場にあるではないか。完全にミス。スタートに戻って再度歩き始めることも一瞬考えたが、これでは30分以上遅れるのでさすがに億劫だし、それより何より今のルートであったも同様のコースが取れそうなのでそのまま進むことに。出発から1時間かからずにみどり池に到着。ここまで人は誰とも出会わず。写真だけ撮って先に進み分岐を経て中山峠への登りにとりかかる。ここは地図を見ても等高線が混んでいるので急登が想像できたがやはりそのとおりであった。でも距離も標高差も短いので大した負荷にはならなかった。それよりも深刻なのは天気で、回復傾向であるはずだが標高を上げるに従い風が強くなり樹林帯にいてもガスが濃くなっていくのがよく分かった。既に日の出は過ぎていて樹林帯と言えども明るくなるはずだったが、この登りの区間だけは別でヘッドライトを出そうかと思ったくらいに暗かった。そうこうしているうちに無事中山峠に到着。案の定真っ白で何も見えない。おまけに風も強くて体が冷える。稜線とは言えまだ樹林帯なのが幸い。風のしのげるところで休憩した後は稜線に沿って歩くが、ずっと真っ白のガスの中で展望は全く得られない。樹林帯を歩いているのと何ら変わりがない。中山は気付かずうちに通り過ぎ、展望台までくるがここも真っ白、この日はガスの展望台にしかならなかった。ここで登山道は直角に折れて高見石小屋方面への下りになる。登りは案外楽だったがこの下りは湿っているし、丸い岩も多いしで楽ではなかった。慎重に下るのみ。高見石小屋を過ぎても登山道の状態はあまり変わらず、湿った道と丸い岩が続いた。白駒池付近まで降りてくると周辺は木道が張り巡らされており、今日は湿っていて滑り易いことこの上なかった。ここも慎重に進むのみ。白駒池を4分の1周ほどした後は少し登りの区間をこなしてしゃくなげ尾根の方角に向かう。道標やマーキングは完備だが、登山道があちこちに張り巡らされているので、しっかり見て確認してから進まないと誤った方向に進みかねない。しゃくなげ尾根というくらいだから季節には花が咲くのだろうが、既に終わったと見えて葉だけしかなかった。もう7月になるのだから仕方ない。この尾根は急な箇所が少なくて登りも下りもどちらに使っても良さそうだった。出発から5.5時間かからずに駐車場に無事戻る。しゃくなげ尾根の出入り口は駐車場にあったようで、それを出発時は全く見落としていた。が、結果的には問題はなかったし、自分の好きな周回ルートを取ることもできたので、ルートミスは反省点だが、これはこれで良かったとしたい。ただ、歩行中はほぼずっとガスの中だったのは心残り。

八ヶ岳周辺もだいぶルートが繋がってきて、残りは北八と蓼科方面を繋げれば一般ルートはほぼ繋がることになる。
訪問者数:204人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 急登 イワカガミ 林道 道標 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ