ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 916444
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
白馬・鹿島槍・五竜

雨の白馬三山 登山

2016年07月09日(土) 〜 2016年07月10日(日)
 - 拍手

コースタイム

■コース日程: 2016/07/09-07/10
■コース概要: 猿倉 〜 白馬鑓温泉小屋 〜 鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳 〜 大雪渓 〜 猿倉
小屋がオープンしてハイシーズンを迎える前の週末を狙って北アルプス後立山エリアの白馬三山を登ってきた。初日は雨に打たれ続けるも温泉で癒され、二日目は快晴の中、お花畑と北アルプスの大パノラマを楽しみながら稜線歩きを満喫してきた。
天候 雨のち晴れ
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図
■2016/07/09
初日は猿倉からテン場となる白馬鑓温泉小屋を目指す。昨夜から雨が降り続いているが翌日は梅雨の中休みで晴れの予報なので、初日の温泉と二日目の快晴を期待して出発。
■2016/07/09
初日は猿倉からテン場となる白馬鑓温泉小屋を目指す。昨夜から雨が降り続いているが翌日は梅雨の中休みで晴れの予報なので、初日の温泉と二日目の快晴を期待して出発。
展望がない雨の中、黙々と歩き続けていたが、しばらくするとニッコウキスゲが群生しており、気持ちが紛れる瞬間だったりする。
展望がない雨の中、黙々と歩き続けていたが、しばらくするとニッコウキスゲが群生しており、気持ちが紛れる瞬間だったりする。
サンジロを過ぎると沢筋のトラバースが続く。いつかこんな落石があったのか・・・と思いながら素早く通過。
雪渓トラバースの最適ルートは状況により変化するので慎重に見極めなければならない。特に小屋オープン前には登山道整備が十分でなく注意が必要だ。
サンジロを過ぎると沢筋のトラバースが続く。いつかこんな落石があったのか・・・と思いながら素早く通過。
雪渓トラバースの最適ルートは状況により変化するので慎重に見極めなければならない。特に小屋オープン前には登山道整備が十分でなく注意が必要だ。
杓子沢、落石沢、崩沢を超え、雨があがらないまま昼過ぎには小屋に到着。この後、初日はのんびり温泉を満喫してテントに潜り込んだ。
杓子沢、落石沢、崩沢を超え、雨があがらないまま昼過ぎには小屋に到着。この後、初日はのんびり温泉を満喫してテントに潜り込んだ。
■21016/07/10
二日目、暗い内にテントをたたんで出発。雨は昨夜あがってくれた。出発するとさっそく鎖場となる。あちこちで雪解け水や雨水が登山道にヒタヒタと流れ込んでくる中での鎖場が続く。
■21016/07/10
二日目、暗い内にテントをたたんで出発。雨は昨夜あがってくれた。出発するとさっそく鎖場となる。あちこちで雪解け水や雨水が登山道にヒタヒタと流れ込んでくる中での鎖場が続く。
大出原手前で御来光を迎える。見事な雲海で、昨日は雨の中ガマンして登ってきて良かったと思える心洗われる瞬間だ。
2
大出原手前で御来光を迎える。見事な雲海で、昨日は雨の中ガマンして登ってきて良かったと思える心洗われる瞬間だ。
大出原のお花畑を楽しみながら登りきると稜線に。一座目の鑓ヶ岳はすぐそこだ。ただ先ほどまでカールを吹き降ろしてくる風がやや強いのが気になっていて、やはり稜線に出ると帽子が飛ばされそうなくらいの強風が吹いている。
大出原のお花畑を楽しみながら登りきると稜線に。一座目の鑓ヶ岳はすぐそこだ。ただ先ほどまでカールを吹き降ろしてくる風がやや強いのが気になっていて、やはり稜線に出ると帽子が飛ばされそうなくらいの強風が吹いている。
風の冷たさと強さから防風対策が必要な状況だったのでエバーブレスフォトンを上下着用して山頂を目指すことにした。
風こそ強いものの展望バツグン。穂高連峰から剱岳まで最高の展望が続いている。
1
風の冷たさと強さから防風対策が必要な状況だったのでエバーブレスフォトンを上下着用して山頂を目指すことにした。
風こそ強いものの展望バツグン。穂高連峰から剱岳まで最高の展望が続いている。
続く二座目の杓子岳へと向かう。
・・・ここの最大の心の誘惑は巻き道ではなかろうか。楽をしたければ巻き道をどうぞ、と言わんばかりの明確なトレースが目に飛び込んでくる。
続く二座目の杓子岳へと向かう。
・・・ここの最大の心の誘惑は巻き道ではなかろうか。楽をしたければ巻き道をどうぞ、と言わんばかりの明確なトレースが目に飛び込んでくる。
・・・とは言え梅雨時にも関わらず、こんな快晴の中でこの区間を歩けるのはチャンスとばかりに予定通りに山頂を通過する。更にその先には三座目の白馬岳も。
・・・とは言え梅雨時にも関わらず、こんな快晴の中でこの区間を歩けるのはチャンスとばかりに予定通りに山頂を通過する。更にその先には三座目の白馬岳も。
丸山を通過する頃には風も弱まり、白馬山荘は目前。この後、山荘にザックをデポして、白馬岳山頂からの展望をしばらく楽しんでから昼食にありついた。
丸山を通過する頃には風も弱まり、白馬山荘は目前。この後、山荘にザックをデポして、白馬岳山頂からの展望をしばらく楽しんでから昼食にありついた。
さて、あとは大雪渓を下るだけ。アイゼンを装着して白馬尻小屋までイッキに高度を下げる。
2
さて、あとは大雪渓を下るだけ。アイゼンを装着して白馬尻小屋までイッキに高度を下げる。
白馬尻小屋を過ぎ、猿倉までの残り1ピッチを歩き通し、二日目は快晴の中、白馬三山を楽しむことができた。
1
白馬尻小屋を過ぎ、猿倉までの残り1ピッチを歩き通し、二日目は快晴の中、白馬三山を楽しむことができた。

装備

個人装備
●トップス:スキンメッシュロングスリーブ+シルクスピンコンフォ+エバーブレスフォトン
●ボトム:スキンメッシュタイツ+シルクスピンムーブボクサー+カミノパンツ+エバーブレスフォトンパンツ
●ソックス:メリノスピンソックス5本指
●就寝時:ポリゴンシールド+ポリゴンネスト1×1
※この山行記録は以下の投稿キャンペーンに参加しています。
「山とエバーブレスと私」写真投稿キャンペーン by finetrack(ファイントラック)
お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:863人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら