ヤマレコ

記録ID: 953475 全員に公開 ハイキング北陸

剱岳 早月尾根 ✩感動の初登頂✩

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候ピカピカの晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
馬場島の無料駐車場は既に満車だったので、少し手前の駐車場に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間56分
休憩
49分
合計
12時間45分
Sスタート地点04:3605:09松尾平07:59早月小屋08:1810:59カニのハサミ11:0811:14剱岳11:3411:42カニのハサミ11:4314:03早月小屋16:49松尾平17:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

星がキラキラ輝く中、ヘッデン装着して出発です!
2016年09月03日 04:42撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星がキラキラ輝く中、ヘッデン装着して出発です!
1
だんだん空が明るくなってきました。この稜線にワクワクが止まりません!
2016年09月03日 05:14撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん空が明るくなってきました。この稜線にワクワクが止まりません!
2
赤い実をつけたナナカマドかな?
2016年09月03日 05:32撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い実をつけたナナカマドかな?
1
200mごとのある看板。終始、励みになりました♪
2016年09月03日 05:45撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
200mごとのある看板。終始、励みになりました♪
1
標高1200m地点。手前に標高1200mの中山が見えました。中山から見る剱岳も素敵ですよ♪
2016年09月03日 06:04撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1200m地点。手前に標高1200mの中山が見えました。中山から見る剱岳も素敵ですよ♪
1
左手(北側)に大猫山から猫又山に続く東芦見尾根が良く見えました。ここも行きたい・・
2016年09月03日 06:36撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手(北側)に大猫山から猫又山に続く東芦見尾根が良く見えました。ここも行きたい・・
2
馬場島方向は、早月川が遠方まで見られました。
2016年09月03日 07:03撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬場島方向は、早月川が遠方まで見られました。
一旦下ってひょうたん池。右上に小さく写っているのが、ずっとご一緒して頂いたお父さんです♪ お茶目でとっても面白いお父さんでした。
2016年09月03日 07:35撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下ってひょうたん池。右上に小さく写っているのが、ずっとご一緒して頂いたお父さんです♪ お茶目でとっても面白いお父さんでした。
5
大きな一枚の岩が寝ています。この上を歩きますが、ロープに掴まらなくても大丈夫でした。
2016年09月03日 07:53撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな一枚の岩が寝ています。この上を歩きますが、ロープに掴まらなくても大丈夫でした。
1
大日岳から奥大日岳までがよく見えるようになりました♪雲一つない青空です!
2016年09月03日 08:04撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳から奥大日岳までがよく見えるようになりました♪雲一つない青空です!
3
朝日に照らされる小窓尾根。ギザギザのシルエットが奇妙なくらい峻険です!
2016年09月03日 08:04撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に照らされる小窓尾根。ギザギザのシルエットが奇妙なくらい峻険です!
2
左から赤谷山、白萩山、赤ハゲ、白ハゲ。赤谷山にも行きたい・・
2016年09月03日 08:05撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から赤谷山、白萩山、赤ハゲ、白ハゲ。赤谷山にも行きたい・・
3
毛勝山、猫又山。ここも行きたい・・
2016年09月03日 08:05撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝山、猫又山。ここも行きたい・・
2
早月小屋が見えてきました。
2016年09月03日 08:05撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早月小屋が見えてきました。
1
素晴らしい景色の中、登山道正面には、剱岳山頂が見えてきました!でも、あの尾根を越えなくてはならない・・

2016年09月03日 08:05撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい景色の中、登山道正面には、剱岳山頂が見えてきました!でも、あの尾根を越えなくてはならない・・

2
ザックをデポしてアタックザックに、ヘルメットを装着して出発です。早月小屋のご主人に「小屋のベンチの隅っこにザックを置かせて下さい。」とお願いしたら、快く「どうぞ。」と。
感謝です♪
2016年09月03日 08:38撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックをデポしてアタックザックに、ヘルメットを装着して出発です。早月小屋のご主人に「小屋のベンチの隅っこにザックを置かせて下さい。」とお願いしたら、快く「どうぞ。」と。
感謝です♪
1
この時間、テントはわずかでした。
2016年09月03日 08:38撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時間、テントはわずかでした。
3
振り返ると早月小屋が小さくなりました。
2016年09月03日 09:01撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると早月小屋が小さくなりました。
1
早月川、富山平野、富山湾まで見下ろす事が出来ました♪
2016年09月03日 09:11撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早月川、富山平野、富山湾まで見下ろす事が出来ました♪
1
室堂平と薬師岳が小さく見えてきました。
2016年09月03日 09:13撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂平と薬師岳が小さく見えてきました。
3
物凄く迫力の剱岳。少しだけ近付きましたが、まだまだです。
2016年09月03日 09:13撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物凄く迫力の剱岳。少しだけ近付きましたが、まだまだです。
2
美しくも険しい池の谷と小窓ノ王や小窓。絶壁地帯にもコースがあるので、びっくりです(@_@;) ご一緒したお父さんは、このコースを何度も登った事があるそうです。凄い岳人です!
2016年09月03日 09:15撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しくも険しい池の谷と小窓ノ王や小窓。絶壁地帯にもコースがあるので、びっくりです(@_@;) ご一緒したお父さんは、このコースを何度も登った事があるそうです。凄い岳人です!
6
左に小さく唐松岳。
2016年09月03日 09:42撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に小さく唐松岳。
1
標高2,600mです。この辺でずっとご一緒していただいたお父さんが少しお疲れになり、先に行く事に。ここからは1人です。気を引き締めて登ります!
2016年09月03日 09:42撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2,600mです。この辺でずっとご一緒していただいたお父さんが少しお疲れになり、先に行く事に。ここからは1人です。気を引き締めて登ります!
1
「あともう少し。頑張って!」とトリカブトが優しく励ましてくれました♪
2016年09月03日 09:49撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「あともう少し。頑張って!」とトリカブトが優しく励ましてくれました♪
1
途中の岩間から見える絶景を励みに、あと少し頑張ります!
2016年09月03日 10:19撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の岩間から見える絶景を励みに、あと少し頑張ります!
2
標高2,800m。ここから早月尾根の核心部に突入です。緊張感が高まってきました。
2016年09月03日 10:33撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2,800m。ここから早月尾根の核心部に突入です。緊張感が高まってきました。
1
標高2,800mを超えると、遂に剱岳の後酸味、岩の殿堂に入ります。
この場所からしばらく歩くと、岩場が多くなるので、スリップ、落石に注意しながら山頂を目指します。
2016年09月03日 10:34撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2,800mを超えると、遂に剱岳の後酸味、岩の殿堂に入ります。
この場所からしばらく歩くと、岩場が多くなるので、スリップ、落石に注意しながら山頂を目指します。
1
早月小屋から歩いてきた稜線。小屋が豆粒に・・
2016年09月03日 10:42撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早月小屋から歩いてきた稜線。小屋が豆粒に・・
1
遂に来ました獅子頭の岩場です!
足もとが切れ落ちていて高度感がありますが、クサリが整備されいているので慎重に行動すれば大丈夫です。
「集中!集中!」と言い聞かせていました・・
2016年09月03日 10:53撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遂に来ました獅子頭の岩場です!
足もとが切れ落ちていて高度感がありますが、クサリが整備されいているので慎重に行動すれば大丈夫です。
「集中!集中!」と言い聞かせていました・・
3
「あともう少しですよ。頑張って!」と何人もの方に励まされました。本当に有り難かったです(^o^)
2016年09月03日 10:54撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「あともう少しですよ。頑張って!」と何人もの方に励まされました。本当に有り難かったです(^o^)
2
写真でよく見る一本ボルト。少し緊張しました・・
2016年09月03日 10:58撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真でよく見る一本ボルト。少し緊張しました・・
3
立山方面、アルペンルートは見えましたがだんだんガスがかかってきて大好きな槍ヶ岳、穂高連峰は見えませんでした・・
「違うー!そこじゃなくて右、右!」と別山尾根を登る登山者の声がよく聞こえました。
2016年09月03日 11:13撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山方面、アルペンルートは見えましたがだんだんガスがかかってきて大好きな槍ヶ岳、穂高連峰は見えませんでした・・
「違うー!そこじゃなくて右、右!」と別山尾根を登る登山者の声がよく聞こえました。
3
この標識が見えた瞬間、涙が出てきました(;_;)
2016年09月03日 11:13撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識が見えた瞬間、涙が出てきました(;_;)
5
下りは間違って別山尾根に降りないようしないと!
2016年09月03日 11:13撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは間違って別山尾根に降りないようしないと!
1
祠が見えてきました。いよいよ山頂です!
2016年09月03日 11:19撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠が見えてきました。いよいよ山頂です!
1
登山を始めた2年前からずっと憧れで、いつかは絶対登りたいと思っていた剱岳の山頂に立つ事が出来ました。感動で涙が止まらなく、大号泣でした。「お疲れ様!おめでとう!」と声をかけて下さり、「おめでとう!」と言われたのは初めてだったので、それくらい凄い山なんだと実感しました。感無量でした。
2016年09月03日 11:25撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山を始めた2年前からずっと憧れで、いつかは絶対登りたいと思っていた剱岳の山頂に立つ事が出来ました。感動で涙が止まらなく、大号泣でした。「お疲れ様!おめでとう!」と声をかけて下さり、「おめでとう!」と言われたのは初めてだったので、それくらい凄い山なんだと実感しました。感無量でした。
9
あまりにも嬉しくて、年甲斐もなくはしゃいでしまいました。
証拠写真(笑)
2016年09月03日 11:29撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりにも嬉しくて、年甲斐もなくはしゃいでしまいました。
証拠写真(笑)
22
1時間前に着かれた方が「あと1時間早かったら360度の絶景だったのに・・」と言われ、少しガッカリしましたが、ここに来れただけで大満足でした♪
2016年09月03日 11:31撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間前に着かれた方が「あと1時間早かったら360度の絶景だったのに・・」と言われ、少しガッカリしましたが、ここに来れただけで大満足でした♪
4
はい、帰りはこっちですね!
2016年09月03日 11:52撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、帰りはこっちですね!
1
下りは登り以上に慎重に、「集中!集中!」と常に言い聞かせて、自分で自分を励まし、時々ほっぺたを平手打ちして喝を入れて長い長い早月尾根を下りました。
2016年09月03日 12:32撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは登り以上に慎重に、「集中!集中!」と常に言い聞かせて、自分で自分を励まし、時々ほっぺたを平手打ちして喝を入れて長い長い早月尾根を下りました。
2
おっ!雷鳥ちゃん!と思ったら、違いました(^_^;)
2016年09月03日 12:43撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ!雷鳥ちゃん!と思ったら、違いました(^_^;)
2
まさに試練の剱岳でしたが、達成感が半端なく、無事下山出来た事に感謝です!
2016年09月03日 17:32撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに試練の剱岳でしたが、達成感が半端なく、無事下山出来た事に感謝です!
7
撮影機材:

感想/記録

登山を始めた2年前から、いつかはきっと!と思いを募らせていて、今年の最大の目標でもある剱岳。
もう少し涼しくなったら山頂まで登る事にして、この日は早月小屋まで登ってみる事に(登山届は剱岳ピストンと記入して、一応ヘルメット、アタックザック、水を多めにザックに入れました。※登る気満々ですねぇ・・)

登山口は多くの登山者で賑わっていて、出発です!
明るくなってきた頃、10回以上も日帰りで早月尾根から剱岳に登っておられる地元のお父さんと話が弾みました。
とてもお茶目で楽しい方で、もっともっと山の話がしたいと思い、少しゆっくりペースでしたが、追い越さずにずっと楽しく話をしながら気が付くと早月小屋に到着!

あれっ!多少の疲れはあるけど、これなら山頂まで行ける!
早月小屋で休憩して準備をして、一足先に出発されたお父さんを追いかけるように出発しました。
すぐにお父さんに追いつき、また楽しく話をしながら登っていましたが、2,600m地点で少し休憩されるとの事で、先に行く事にしました。
ここからは1人です!常に集中力を絶やさずにゆっくりと進みました。

2,800mを過ぎると更に集中して鎖場を通過。
山頂に近付くにつれて、涙が溢れてきて、山頂に着いた時は大号泣でした・・
ずっと憧れだった剱岳の頂に立っている!感動で胸が一杯になりました。

あのお父さんと出会わなかったら、いつものスピードで飛ばして登って、早月小屋に着く頃には力尽きて、山頂どころか、下山もやっとかっとだったはずです。本当に感謝です(^o^)
下山時にお父さんとすれ違い、「よー頑張ったちゃ。もうどこの山でも行けっちゃ!」と富山弁丸出し・・名残惜しいですが、「お父さん、ありがとうございました♪」と挨拶をして、転ばないように慎重に慎重に下山(※最近転ぶ事が多かったので・・)

下りは、早月小屋まではまだ少し元気だったのですが、早月小屋からはもうヨレヨレ・・歩いても歩いても標高は下がらず、しまいには眠気が襲ってきて転びそうに・・
ほっぺを平手打ちして喝を入れて、何とか明るいうちに下山出来ました。

素敵な出会いがあり、憧れの剱岳の頂きに立つ事が出来ましたが、まさに試練の長い長い1日でした。
また来年、登ります!

訪問者数:695人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/6/5
投稿数: 55
2016/9/5 20:41
 お疲れ様でした
無事登頂おめでとうございます。
早月尾根は長いですよねぇ。
私の早月小屋からの下りが辛かった…。
登り終えた直後はもう満足,と思っていましたが,あそこを往復できたから,どこでも行けそう,と思って,次にどこに行こうか迷っています。
登録日: 2014/4/25
投稿数: 257
2016/9/5 21:01
 オメデトウゴザイマス(*'∇')/
好天に恵まれた空の下、登頂&無事帰還オメデトウゴザイマス!感動と達成感が伝わってくるナイスレポ。我が事のように嬉しくさせてくれましたよ。
登録日: 2014/8/19
投稿数: 129
2016/9/5 21:29
 Re: お疲れ様でした
matsupさん、コメントありがとうございます!
matsupさんも初登頂、おめでとうございます♪
あの下りには参りましたねぇ・・ 
私は、槍ヶ岳、朝日岳〜雪倉岳、登りたい山が多すぎて迷ってます。
登録日: 2013/12/21
投稿数: 1379
2016/9/5 21:37
 ついにヤッタネ!
kobutaさん、おめでと〜う!
 遂に念願の剱の山頂へ、試練の尾根を登り切って、到達しましたね〜!
ホント〜におめでとうございます。
累積標高差2,273m、日帰り登頂で見事でした。

 実は、最近、転ぶことが多いって書いていたので、少し心配していました。速く歩けることよりも、長距離歩けることよりも、絶対に転ばないことこそが登山の基本中の基本ですから。(このあたり、少し厳しく言わなきゃアカンかな〜なんて、正直、思ってたんですよ !)

 でも、頬っぺたひっぱたきながら、転ばぬように全神経集中して、よくやりましたね〜。なんか、自分のことのように嬉しいです。

 山頂の写真、嬉しさ満杯で最高に素敵でした!

でも、いくら剱岳とはいえ、山頂で大号泣している奴、見たことないな〜。 アハハ、純情〜!
登録日: 2014/8/19
投稿数: 129
2016/9/5 21:38
 Re: オメデトウゴザイマス(*'∇')/
sinmyoさん、ありがとうございます!無事に登頂、帰還出来たのも全てsinmyoさんのお陰だと感謝しています♪
危なっかしい私を優しく、時には厳しく、色々な事を教えて下さいました。ありがとうございました  
常に緊張感を忘れずに、これからも山旅を続けたいと思います。 
登録日: 2014/8/19
投稿数: 129
2016/9/5 22:05
 Re: ついにヤッタネ!
f15eagleさん、ありがとうございます!
早月小屋までのつもりだったのですが、ご一緒したお父さんのお陰で山頂まで行くことが出来ました。f15eagleさんに何となく似ていて素敵な紳士でしたよ

転ばない事こそが登山の基本ですよね。今までガツガツと登っていましたが、色んな事を考えさせられる剱岳でした。
下りの早月尾根の長い事・・暗くなる前に下山しないと!と焦りますが、足がなかなか動かずゆっくりペースに・・ ゆっくり歩いていると睡魔が襲ってきて何十回もほっぺをペチペチしていました(笑)

大号泣、笑っている人もいました(^_^;) でも、本当に嬉しくて、感動で胸が一杯になって、どうしても抑えきれませんでした・・
単純なおばちゃんで困ります
登録日: 2013/11/10
投稿数: 1504
2016/9/5 23:35
 やったね〜!
最大の目標達成、おめでとうございます
登山始めて2年目で達成なんて凄いですよ
でも、試練の早月尾根…胸いっぱいの感動と達成感が伝わってきました♪
下りの長さも半端ないですよね!無事に帰還できたことが何よりです
お疲れ様でした。
登録日: 2014/8/19
投稿数: 129
2016/9/6 8:31
 Re: やったね〜!
wakabon7さん、ありがとうございます
wakabon7さんは、ちょうど2年前に初登頂されたのですね
あの下りの半端ない長さ・・何人にも抜かされていって、これは日没前の下山は無理かも・・と思いました

誰もがまた登りたいと思う剱岳、やはりそれくらい凄い山なのですね
登録日: 2014/2/12
投稿数: 515
2016/9/6 14:48
 早月尾根
kobuta0921さん、こんにちは。
念願の剱岳登頂おめでとうございます。
頂上で姿の写真から達成感がすごく伝わってきます。
コースタイムをみても、さすがの健脚ですね〜。

私も8月に早月尾根からチャレンジしたのですが、その時の記憶が懐かしく思い出されます。
長い山旅、お疲れ様でした☆
登録日: 2014/6/5
投稿数: 55
2016/9/6 20:20
 Re[2]: お疲れ様でした
ほんとあの下りはしんどかった…。槍ヶ岳,朝日岳〜雪倉岳,いいですねぇ。私は北アルプスは全然行ってないので,槍ヶ岳や穂高岳,燕岳から常念岳,にまず行きたいと思っています。室堂周辺を歩くのいいなぁ,と思っています。でも,北アルプスは遠くて…。そこがネックなんですよねぇ…。
登録日: 2014/8/19
投稿数: 129
2016/9/6 20:45
 Re: 早月尾根
hidanogakuさん、今晩は!
ありがとうございます♪ 
もう1時間早く家を出ていたら、hidanogakuさんが登頂された時のように360度の絶景が見られたのですが、実は寝坊してしまいました・・
来年はもっと早く出発したいと思います。
次の日は元気だったのですが、歳のせいか1日経って筋肉痛が出てきて、ロボット状態です(^_^;)
登録日: 2014/12/7
投稿数: 541
2016/9/6 21:48
 良かったね
kobutaさん、こんばんは。
お邪魔させていただきます。

は、はじめますて。
つっても、この日ね、う〜ん、おそらくkobutaさんが登りの際に早月小屋で男性のお方とご休憩された後に稜線に出た辺りで出会っているんだよね。
アナタは目がウルウルしていて誠真剣だったから、いつ、どこで、誰と遭遇したかなんて覚えていないかもしれないけれど。
でもボクは鮮明に覚えているよ。
だって、この日初めて出会った女性だったと思うから…。
いや、待てよ、今冷静になって思い出したら他にも道中で抜かしてきた女性は数人いたなぁ…。
あ〜、はっはっはっは。(人生超あいまい、人生超テキトー
いや、それでもアナタの赤ヘル姿はちゃんと覚えていたよ。
可愛くて小さなザック背負っていたのもね。
アナタが稜線に出た頃に剱の頂を見て「アソコかな〜?」って言っていたところを丁度ボクが通り掛かって「そうだよ、アソコが剱のてんぺんやねん」と話しかけたんだ。
その時のアナタには、目の前にTOKIOの長瀬君が通ろうがV6の岡田君が通ろうが嵐の二宮君が通ろうが、おそらく気づきはしなかったと思ったよ。
もう身も心も「剱の頂に捧げます」ってのがヒシヒシと感じとれましたもん。
ちなみに私はTOKIOの城島です。

ボクのその日のアップはまだしていないんだけれど、kobutaさんのアップを拝見させていただきまして「ふむふむ、そうかそうか、よ〜やった、よ〜やった」と感心しつつも、昨年ボクたち(基本夫婦二人で歩いています。この日は私の単独でしたけどね…)も初めてこの頂の辿り着いた時の感動と似た境遇だった事を思い出して思わず共感コメさせていただいた次第でありますの。
その時のウチの相方のハニーちゃん(奥方です)も頂の辿り着いた時にはその場に居合わせた皆様方からおめでとうエールを贈られながらも感極まって感動の涙を流していたのを思い出しました。
ボクらのお山歩きスタイルは頂上制覇がすべてではないんだけれど、この剱岳だけは心底PEAKを目指したくなりますね。
その達成感は他のお山にはない特別なものを感じます。
稜線から頂へ導かれる魔力もそうなんですが、花の百名山に選出されているだけあって道中のお花の豊富さも素晴らしいんでありますの。
ホント歩いていて楽しいと思える秀峰でありますね。

きっと今頃kobutaさんは筋肉痛地獄に見舞われておられると思いますけれど、身も心も虜になられたハズだと思います。
また、素敵な出会いと良い汗を流しに行こうね

※ちなみにお隣の毛勝山も剱岳と似たオーラがありますのでお勧めしちゃうわよ。
登録日: 2016/3/13
投稿数: 15
2016/9/7 19:39
 お疲れ様でした
とうとう、剱岳登っちゃいましたね。
おめでとうございます
山頂でのやりきった感いっぱいの写真、いいですね
本当に、うるうるくるレコです
細いし、小食なのに、そのパワーは一体どこからくるんですか???
体が休まったら、私達のゆるゆる登山にも付き合ってくださいね
登録日: 2014/8/19
投稿数: 129
2016/9/7 20:14
 Re: 良かったね
K-Millerさん、コメントありがとうございます
稜線で男性と話をしたのは覚えていて、K-Millerさんのレコを拝見して、そういえば・・と思い出しました  見てないようで、チラチラ見ています
少しでも気を抜くと転倒、滑落・・いつもはヘラヘラして登っているのですが、もう身も心も「剱の頂に捧げます」でした(笑)

他の山でも涙した事はあるのですが、あそこまで号泣したのは初めてで、私にとって憧れで常に目標にしていた山だったので、感極まってしまいました(;_;) 今思うと恥ずかしいです・・

翌日はリレーマラソンがあって走れるか心配でしたが、筋肉痛もさほど酷くなく、どうにか任務を遂行出来ましたが、その晩から筋肉痛が・・やはり歳を取ると時間差でやってきます・・
月曜、火曜は見るも無残なロボット状態・・ 気合を入れないと階段を降りれない(^_^;)
気合を入れないと起き上がれない・・とにかく気合の2日間でしたが、今日からは気合を入れなくても何でも出来るようになりました(笑)

早月尾根から見た毛勝、釜谷、猫又、赤谷はそれはそれは素晴らしく、試合しに行きますよ!(K-Millerの真似してごめんなさい・・)
10月を過ぎると標高の高い山は登れなくなるので、医王山や近場の低山を登っていますので、見かけたら声をかけて下さいね  赤ヘルではなく、紫の帽子をかぶってますが
登録日: 2014/8/19
投稿数: 129
2016/9/7 20:41
 Re: お疲れ様でした
artisansgoldさん、ありがとう
筋肉痛は少しマシになったのですが、疲れがなかなか取れず・・ 若いartisansgoldさんが羨しいです
私のパワーは、やはり泡でしょうか(^_^;) 
ワイワイ、のんびりと綺麗な紅葉見に行こうね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ