ヤマレコ

記録ID: 963694 全員に公開 ハイキング大雪山

旭岳〜北鎮岳〜愛別岳〜裾合平

日程 2016年09月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間57分
休憩
22分
合計
9時間19分
S姿見駅06:1307:36金庫岩07:3907:51大雪山08:08裏旭キャンプ指定地08:31間宮岳分岐08:33間宮岳分岐08:33間宮岳08:47中岳分岐08:4909:03中岳09:17北鎮岳分岐09:2109:35北鎮岳09:4010:30比布岳10:3310:45安足間岳10:4611:40愛別岳11:4312:34安足間岳12:3513:49当麻乗越14:28裾合平15:31姿見駅15:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

登山客が大勢いて安心です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山客が大勢いて安心です。
旭岳石室。お菓子みたいで可愛らしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳石室。お菓子みたいで可愛らしいです。
1
姿見の池。今日は旭岳が写っていません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿見の池。今日は旭岳が写っていません。
地獄谷を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷を振り返る。
1
頂上まであと一歩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上まであと一歩。
十勝岳連峰。むこうからもこちらが見えているんでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十勝岳連峰。むこうからもこちらが見えているんでしょうね。
2
遠方にトムラウシ山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠方にトムラウシ山。
2
先を急ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を急ぎます。
こういう景色好きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう景色好きです。
2
間宮岳。高さを間ません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間宮岳。高さを間ません。
1
旭岳に次ぐ北海道第2の高峰、北鎮岳に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳に次ぐ北海道第2の高峰、北鎮岳に向かいます。
中岳。ここも高さを感じません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳。ここも高さを感じません。
1
比布岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比布岳です。
2
愛別岳。険しそうでせう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛別岳。険しそうでせう。
2
愛別岳頂上。
山名の標識がなくて寂しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛別岳頂上。
山名の標識がなくて寂しいです。
1
今回の目的地に到着して安心。ここから帰ります。
バックは愛別岳分岐にデポして身軽にして登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の目的地に到着して安心。ここから帰ります。
バックは愛別岳分岐にデポして身軽にして登りました。
2
愛別岳からの眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛別岳からの眺め。
青空だたら気持ちいいのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空だたら気持ちいいのに。
1
紅葉はもう少しです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉はもう少しです。
1
ピウケナイ沢は飛び石伝いで足元を濡らさなくて行けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピウケナイ沢は飛び石伝いで足元を濡らさなくて行けます。
1
木道は気持ちいいです。
木道の大半は朽ちています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道は気持ちいいです。
木道の大半は朽ちています。
やっと戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと戻ってきました。
1

感想/記録
by atreyu

前日の夕方7時頃旭岳駐車場に到着。
駐車場にはすでに20台以上の車が停まっていました。

6時始発のロープウェイは満員でした。
旭岳を超えるのは今回が初めてで未知の世界です。
山と高原地図のコースタイムだと旭岳から北鎮岳、愛別岳に回って17:30発のロープウェイに乗るのは無理だったので、不安がありましたが、実際歩いてみると、時間に余裕があったのは予想外でした。
予想外のペースで気を良くしたのか、比布岳を過ぎ安足間岳あたりで、愛別岳はどこだっけ?と後方を眺めると愛別岳分岐を見逃したのに気がつき、やれやれと引き返しました。
標識が小さいし、ガスが出ていると愛別岳も見逃してしまうので、注意です。
遠くから眺めるとあんなところいけるの?と不安になりましたが稜線を歩いて人の姿を見てあとに続きました。
あの時人影がなかったら、きっと行っていなかったでしょう。
分岐を降りて少しするとちょっとした岩場があって滑り落ちそうで少し怖かったです。
戻ってくる時、ここで畳んだトレッキングスティックの前3分の1を落としていました。

当麻岳からロープウェー駅までは果てしなく長く、足元はドロドロで疲れてしまいました。

紅葉はまだ少し早かったです。
1週間後には最高の見頃になっていそうです。
訪問者数:431人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 紅葉 高原 ロープウェイ デポ 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ