ヤマレコ

記録ID: 970190 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

クラシ谷からクラシ・イブネへ〜クラシ大滝の偵察

日程 2016年09月27日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間13分
休憩
1時間15分
合計
8時間28分
S朝明駐車場07:1808:19根の平峠08:2208:43タケ沢出合09:0409:25クラシ谷出会09:2610:01クラシ谷転換点10:0211:16高昌山11:24イブネ北端12:1012:15イブネ12:20イブネ北端12:31クラシ12:3213:44クラシ谷出会14:15タケ沢出合14:49根の平峠14:5115:45朝明駐車場15:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
クラシ谷からのルートは一般登山道ではありません。 クラシ大滝まではマーク・踏み跡殆どありません。支流もいくつかありますので地図読みができないと迷います。
クラシ大滝取り付きからは斜面の崩落が酷く、前日までの雨で地盤が緩んでいることから、大滝まで行くのは断念して北尾根まで直登しました。 トラバースルートは斜面崩落で流出していました。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

タケ谷は水量が多く靴を脱いで渡りました。 もう、水はかなり冷たいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タケ谷は水量が多く靴を脱いで渡りました。 もう、水はかなり冷たいです。
2
ここからクラシ大滝を目指します。 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからクラシ大滝を目指します。 
かなり水量が多く、濡れた岩は滑ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり水量が多く、濡れた岩は滑ります。
1
滝は高巻きしていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝は高巻きしていきます。
クラシ大滝取り付き。ここで暫く行くかどうか考えます。 左岸の崩落が激しく安全に通行できる確証が無いのでここまですることにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラシ大滝取り付き。ここで暫く行くかどうか考えます。 左岸の崩落が激しく安全に通行できる確証が無いのでここまですることにしました。
1
ここまでもかなり荒れてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでもかなり荒れてます。
クラシ大滝は見えてましたが、危険と判断して北尾根にトラバースします。 ここも、急登で注意が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラシ大滝は見えてましたが、危険と判断して北尾根にトラバースします。 ここも、急登で注意が必要です。
2
ここまでが一番大変でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでが一番大変でした。
2
連日の雨でコケもモフモフ(^^♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連日の雨でコケもモフモフ(^^♪
1
久しぶり(^^♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶり(^^♪
4
ふかふかです。(^^♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふかふかです。(^^♪
8
回りはガスで真っ白。 誰にも会いませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回りはガスで真っ白。 誰にも会いませんでした。
クラシから下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラシから下山します。
1
北東尾根でクラシ谷へ行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北東尾根でクラシ谷へ行きます。
1
相変わらずの激下りです。 マークは殆どありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずの激下りです。 マークは殆どありません。
タケ谷のちょっと手前で渡渉。 ここだと靴を脱がずに渡れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タケ谷のちょっと手前で渡渉。 ここだと靴を脱がずに渡れました。
2
連日の雨で水量は多いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連日の雨で水量は多いですね。
1
後は降りるだけです。この先危険個所は無し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は降りるだけです。この先危険個所は無し。
1

感想/記録

前からずっと気になっていたクラシ大滝の偵察に行ってきました。 クラシ大滝に行くにはクラシ谷から谷を詰めていきますが、マークも踏み跡も殆どありません。 また支流もいくつかあり、都度地図で確認しながら進みますのでちょっと時間がかかってます。 大滝取り付き付近では斜面の崩落が激しくこれ以上進むのは危険と判断して北尾根にトラバースしました。 足場がもう少ししっかりしていれば大滝までは行けたと思いますが、安全を優先しました。 また、いつかチャレンジしてみます。 イブネ・クラシはガスで真っ白。 展望はありませんでしたが貸し切りでのんびりできました。
訪問者数:548人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 急登 渡渉 左岸 崩落 高巻き 直登
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ