ヤマレコ

記録ID: 978528 全員に公開 沢登り谷川・武尊

マチガ沢

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ケーブルカー7時より運行のため、その前は手前の無料駐車場に誘導。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間0分
休憩
0分
合計
10時間0分
S土合口駅/谷川岳ベースプラザ06:3007:00巌剛新道登山口07:40見晴らし台下降点08:30マチガ沢大滝下14:30谷川岳(トマノ耳)16:30天神平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

未明のガスがとれて、白毛門に朝日が。
2016年10月10日 06:23撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
未明のガスがとれて、白毛門に朝日が。
富士5合目のような喧騒を離れ、マチガ出合。
2016年10月10日 06:58撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士5合目のような喧騒を離れ、マチガ出合。
ガンゴウ新道でひとしきり汗をかいた。
2016年10月10日 07:41撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガンゴウ新道でひとしきり汗をかいた。
大滝ズーム。
貸切りのようだ。
2016年10月10日 07:42撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝ズーム。
貸切りのようだ。
大滝はやはり右リッジが魅力的。
2016年10月10日 08:25撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝はやはり右リッジが魅力的。
1
岩は硬くスッキリしていて楽しい。
今日イチの登り。
2016年10月10日 08:28撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩は硬くスッキリしていて楽しい。
今日イチの登り。
1
ロープ出すなら、要所に残置あり。
2016年10月10日 08:31撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ出すなら、要所に残置あり。
ナメがでると、
2016年10月10日 08:47撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメがでると、
1
シンセン沢が出合う。
左俣、面白かった遠い記憶が。
2016年10月10日 08:48撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シンセン沢が出合う。
左俣、面白かった遠い記憶が。
快適。
2016年10月10日 08:57撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適。
釜のある滝。
2016年10月10日 08:58撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜のある滝。
1
ゴルジュを見上げて大休止。
2016年10月10日 09:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュを見上げて大休止。
1
一個目、左リッジ。
2016年10月10日 09:38撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一個目、左リッジ。
2
2個目?、右から登り、落ち口へと思ったら、トラバースできず。
結局、左壁のCSをショルダーでずりあがる。
2016年10月10日 09:47撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2個目?、右から登り、落ち口へと思ったら、トラバースできず。
結局、左壁のCSをショルダーでずりあがる。
1
3個目?中央からシャワー浴びて左壁へ。
2016年10月10日 10:09撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3個目?中央からシャワー浴びて左壁へ。
2
出口の黒いやつ、左壁から。
2016年10月10日 10:41撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出口の黒いやつ、左壁から。
続く。
2016年10月10日 10:46撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続く。
ヌルヌルの水流の中央に赤いシュリンゲが垂れている。
そちらはありえない・・。
2016年10月10日 11:10撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌルヌルの水流の中央に赤いシュリンゲが垂れている。
そちらはありえない・・。
1
右すみのチムニーから登る。
こちらにも残置あり。
2016年10月10日 10:59撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右すみのチムニーから登る。
こちらにも残置あり。
小滝が越せず、草付きから捲く。
2016年10月10日 12:14撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝が越せず、草付きから捲く。
ゲッ、東南稜があんなとこに!
注意してたのに、四の沢に入ってた・・・。
どこから間違えたかわからない・・・。
2016年10月10日 12:18撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲッ、東南稜があんなとこに!
注意してたのに、四の沢に入ってた・・・。
どこから間違えたかわからない・・・。
トラバースして復帰へ。
本谷と四の沢の中間の尾根にて、ダウン。
2016年10月10日 12:34撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースして復帰へ。
本谷と四の沢の中間の尾根にて、ダウン。
さて、復帰したものの、分岐が多すぎてどこが正解かわからず。
もうどこでも同じでしょう、と割り切る。
2016年10月10日 13:04撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、復帰したものの、分岐が多すぎてどこが正解かわからず。
もうどこでも同じでしょう、と割り切る。
トマの耳の根元にでてきた。
最後の草付き、最高に嫌らしかった。
2016年10月10日 13:56撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳の根元にでてきた。
最後の草付き、最高に嫌らしかった。
1
トマにて。
2016年10月10日 14:29撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマにて。
1
天神平からさっさと帰ろうと思ったら、大渋滞。
1時間くらいほとんど動かず。
熊穴沢避難小屋手前の鎖場が渋滞の先頭だった・・・。
2016年10月10日 15:10撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平からさっさと帰ろうと思ったら、大渋滞。
1時間くらいほとんど動かず。
熊穴沢避難小屋手前の鎖場が渋滞の先頭だった・・・。
1
撮影機材:

感想/記録

今年最後の山。スッキリ登りたいということで、マチガ沢へ。
前半は快適に登っていくが、ゴルジュで結構気合いをいないと通過も大変。
さあ、最後のツメに入ったと思ったら、四の沢の草付きで緊張。
復帰したらガスでよくわからず、適当にツメて、またも草付きにやられた。

全般的には、岩はしっかりしていて登りやすいが、欲をだしたルートを選ぶと、行き詰ることがある。謙虚に登ったほうがいいと思う。
上部では草付きに入るので、バイルなど忘れずに。
ここで一句
  「マチガ沢、上部でガスると 間違える沢」

サクッと下山しようとしたら、大渋滞にはまり、最後は天神平手前で派手に転んで、擦りむいた。

訪問者数:310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/8
投稿数: 602
2016/10/11 8:32
 はじめまして
先月マチガ沢登ったので興味をもって拝見させていただきました。
ゴルジュの2コ目の滝の右壁トラバースですが、スリングの所からそのままトラバースでなく一歩下にフットホールドがあって、そこに足がかかると落ち口に出られると思います。でも左のCSはやっぱりショルダーで越えられるのですね。次回相棒がいるときは試してみたいと思います。
同日私も中芝新道から登ってロープウェイからの下山を予定してましたが、勘が働き西黒下山大正解でした。
稜線は霧で残念でしたね。お疲れさまでした。
登録日: 2013/5/8
投稿数: 8
2016/10/11 9:27
 Re: はじめまして
コメント、ありがとうございます。
私も、落ち口から確認したら、ご指摘のルートに気がつきました。
テラスに上がらずに、手前からトラバースみたいですね。
テラスから更に登って超えるルートもあるようですが、確保されてても行きたくないです・・。
天神尾根の渋滞はひどく、最後尾のカップル、家族連れの人達、
渋滞中に日没もありえそうでした。
ライト持ってない人も沢山いるだろうし・・・。
ロープウエイも最後の人まで回収するには、かなりの延長になると思うけど、
どうなったのやら。
勘が働いての西黒の下山、さすがです!

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 鎖場 避難小屋 左俣 ゴルジュ 出合
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ