ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 羅漢寺山(弥三郎岳)
最終更新:2013-03-08 08:20 - yoneyama
基本情報
標高 1058.3m
場所 北緯35度44分50秒, 東経138度33分34秒
山頂
展望ポイント

羅漢寺山(弥三郎岳)の日の出・日の入り時刻

12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木) 12/16(金) 12/17(土)
日の出 6時39分 6時40分 6時41分 6時42分 6時42分 6時43分 6時43分
日の入り 16時40分 16時40分 16時40分 16時40分 16時41分 16時41分 16時41分

羅漢寺山(弥三郎岳) (標高1058.3m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
6.1
平均気温
0.3
最低気温
-4.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 6.8 時間/日
降水量 0.8 mm/日
最深積雪 7 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

羅漢寺山にて
羅漢寺山方面
羅漢寺山山頂
羅漢寺山標柱
【羅漢寺山】

山の解説 - [出典:Wikipedia]

弥三郎岳(やさぶろうたけ)は、山梨県甲府市にある、奥秩父山地の南(西)部に位置する山。
標高は1,058m。弥三郎岳・展望台・パノラマ台を総称して羅漢寺山(らかんじやま)と呼び、国土地理院発行地形図では羅漢寺山で表記されており山梨百名山リストでも記載名は羅漢寺山である。東の麓 御岳昇仙峡 を挟んだ向こう側は水ヶ森-帯那山の山脈。観光地として整備されている部分が多い。うぐいす谷という断崖がある。仙娥滝近辺からパノラマ台(縁は断崖)まで、昇仙峡ロープウェイで行くことが出来る。
ロープウェイの駅近くに八雲神社と茶店がある。頂上の下に弥三郎権現がある。山頂へは鎖場があり、岩場・断崖絶壁となっている。弥三郎の名は、武田家などにも納めていた酒造りの名人の名であるという。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「羅漢寺山(弥三郎岳)」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  12    3 
2016年12月07日(日帰り)
甲信越
  42   3 
2016年11月28日(日帰り)
関東
  50    17  4 
babo2000, その他2人
2016年11月26日(日帰り)
奥秩父
   1 
shala, その他3人
2016年11月23日(日帰り)
甲信越
  30    21 
2016年11月23日(日帰り)
甲信越
  86    73 
2016年11月20日(日帰り)
奥秩父
  9    6 
nkmrya3, その他1人
2016年11月06日(日帰り)
奥秩父
  21    7 
2016年11月05日(日帰り)
甲信越
  
2016年11月04日(日帰り)
ページの先頭へ