ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 御神楽岳

御神楽岳(みかぐらだけ)

基本情報
標高 1387m
場所 北緯37度31分18秒, 東経139度25分33秒
山頂

御神楽岳の日の出・日の入り時刻

01/20(金) 01/21(土) 01/22(日) 01/23(月) 01/24(火) 01/25(水) 01/26(木)
日の出 6時47分 6時47分 6時46分 6時46分 6時45分 6時44分 6時44分
日の入り 17時1分 17時2分 17時3分 17時4分 17時5分 17時6分 17時7分

御神楽岳 (標高1387m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
-5.7
平均気温
-8.2
最低気温
-11.6
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 1.4 時間/日
降水量 11.8 mm/日
最深積雪 192 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

そこから少し左の山塊 左が御神楽岳のよう
御神楽岳
御神楽岳のよう
鍋倉山の背後に御神楽岳
やっと御神楽岳頂上

山の解説 - [出典:Wikipedia]

御神楽岳(みかぐらだけ)は、新潟県東蒲原郡阿賀町の南東部にある山。標高は1,386.5m。
越後山脈に位置し、浅草岳とともに、新潟県側と福島県側の分水嶺になる主要な山。急峻な尾根や岩壁から、「下越の谷川岳」とも称される。山頂付近および東側の尾根は緑色凝灰岩が露出する岩壁からなる。なお、山頂には二等三角点「御神楽岳」が設置されている。周辺にはブナの原生林が残り、野生の動物相も豊かで、県境の本名御神楽(ほんなみかぐら:標高1,266m)の稜線付近は、林野庁の「奥会津森林生態系保護地域」の保存地区に設定されている。
山頂からは、南に本名御神楽・貉ヶ森山・会津朝日岳。南西に浅草岳・守門岳。西に矢筈岳・東に笠倉山と県境の山々が見渡せる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「御神楽岳」 に関連する記録(最新10件)

東北
  64    44  6 
2016年11月18日(日帰り)
甲信越
  52    17 
2016年11月05日(日帰り)
甲信越
  19   19 
2016年10月30日(日帰り)
甲信越
  7   9 
2016年10月22日(日帰り)
甲信越
  52   1 
2016年10月22日(日帰り)
甲信越
  268     232  8 
Forest21, その他1人
2016年10月16日(日帰り)
甲信越
  42     17 
2016年10月15日(日帰り)
甲信越
  14    9 
dk_hal, その他16人
2016年10月15日(日帰り)
甲信越
  59     47  14 
2016年10月14日(日帰り)
甲信越
  24    11  2 
2016年10月14日(日帰り)
ページの先頭へ