ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > オプタテシケ山

オプタテシケ山(おぷたてしけやま)

基本情報
標高 2012.5m
場所 北緯43度28分12秒, 東経142度45分05秒
山頂

オプタテシケ山の日の出・日の入り時刻

01/20(金) 01/21(土) 01/22(日) 01/23(月) 01/24(火) 01/25(水) 01/26(木)
日の出 6時47分 6時46分 6時45分 6時45分 6時44分 6時43分 6時42分
日の入り 16時35分 16時36分 16時37分 16時38分 16時40分 16時41分 16時42分

オプタテシケ山 (標高2012.5m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
-14.2
平均気温
-17.7
最低気温
-23
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 2.3 時間/日
降水量 3 mm/日
最深積雪 79 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

オプタテシケ山
美瑛富士からオプタテシケ山を望む
憧れのオプタテシケ山頂。
オプタテシケ山
オプタテシケ山とトムラウシ山

山の解説 - [出典:Wikipedia]

オプタテシケ山(オプタテシケやま)は北海道上川郡美瑛町と新得町の境界に位置する標高2,013mの山である。
大雪山国立公園内にあり、十勝岳連峰の火山群の北端に位置する山。日本三百名山に選定されている。山頂付近は溶岩の砂礫が積み重なった森林限界のハイマツ帯でには高山植物が自生しており、ピラミダルな山容である。
山の名の意味はアイヌ語で「槍がそこにそり立っている山」または「槍がそれた山」など諸説ある。アイヌ民族は『この山は雌阿寒岳と夫婦山だったが、離婚の末に槍を投げつけ合う大喧嘩をした。最終的に雌阿寒が槍を当てられ、今でも傷から膿を流している。雌阿寒岳の火口こそが、その傷跡だ』との伝説を伝えている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「オプタテシケ山」 に関連する記録(最新10件)

大雪山
  19    45  2 
aok38, その他1人
2017年01月04日(日帰り)
十勝連峰
  37    85  4 
2016年10月02日(日帰り)
十勝連峰
  31     73  4 
2016年09月25日(日帰り)
十勝連峰
  46    38 
2016年09月25日(日帰り)
十勝連峰
  36    20 
2016年09月25日(4日間)
十勝連峰
  30    23 
tabutan, その他1人
2016年09月24日(日帰り)
大雪山
  33    7 
2016年09月23日(4日間)
十勝連峰
  5   1 
2016年09月22日(日帰り)
十勝連峰
  49    64 
2016年09月19日(日帰り)
ページの先頭へ