ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 青年小屋

青年小屋(せいねんごや)

最終更新:2016-06-10 14:19 - hhosaka
基本情報
標高 2380m
場所 北緯35度56分40秒, 東経138度20分54秒
分岐
テント場 600円
山小屋 宿泊 ¥4,800 (2食付¥7,800)
トイレ
水場 乙女の水 徒歩5分
食事

青年小屋の日の出・日の入り時刻

01/21(土) 01/22(日) 01/23(月) 01/24(火) 01/25(水) 01/26(木) 01/27(金)
日の出 6時45分 6時45分 6時44分 6時44分 6時43分 6時43分 6時42分
日の入り 17時12分 17時13分 17時14分 17時15分 17時16分 17時17分 17時18分

青年小屋 (標高2380m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
-7.1
平均気温
-10.9
最低気温
-16.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 5.6 時間/日
降水量 1.4 mm/日
最深積雪 29 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

編笠山(あみがさやま)は、八ヶ岳連峰の最南端に位置する標高2,524mの山。1964年(昭和39年)6月1日に八ヶ岳中信高原国定公園に指定され、山梨百名山に選定されている。
編笠を伏せたなだらかな山容が山名の由来とされている。山頂は森林限界のハイマツ帯で、北斜面などに大きな岩塊がある。西山麓に武田信玄が開設した「棒道」が残る。権現岳に向かう登山道上には「ノロシバ」と呼ばれる小ピークがあり、16世紀後半に高坂弾正が狼煙台を置いた場所とされている

付近の山

この場所を通る登山ルート

「青年小屋」 に関連する記録(最新10件)

八ヶ岳・蓼科
  36    26  2 
2017年01月17日(3日間)
八ヶ岳・蓼科
  50     98  6 
2017年01月10日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  107     244  32 
2017年01月07日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  45    16 
2017年01月07日(日帰り)
未入力
   1 
2017年01月07日(2日間)
八ヶ岳・蓼科
  27    35  2 
2017年01月04日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  52    12 
2017年01月04日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  49    40  4 
2017年01月04日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  39    18 
2017年01月02日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  42    10  2 
aonisai, その他1人
2016年12月31日(2日間)
ページの先頭へ