ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 加牟那塚古墳

加牟那塚古墳(かむなづかこふん)

最終更新:2014-08-26 13:34 - yoneyama
基本情報
場所 北緯35度41分04秒, 東経138度32分36秒
昭和42年、所有者が壊すところを県が買い取り、昭和43年県史跡に指定された。一帯の地名千塚はかつて古墳が多数あったことに由来する。周囲には証文塚、薬師塚、お天神塚、子泣き塚、若宮塚、猫塚があったが開墾でほとんどなくなった。
有段円墳、石を積み上げた三重の段がある。かつては掘もあった。石槨(せっかく)は不整形の長方形。南西にあいた横穴石室がある。長軸は16.7m、羨道6.36m、玄室10.3m。槨口部の幅1.52m、奥壁の幅3.34m、中央部の高さ2.63m。蓋石には7枚の巨石を使い、奥壁は巨大な一枚岩。
県内では御坂の姥塚に次ぎ大きい円墳。東日本では指折りの大きさ。
背後の天狗山には県内最大の積石塚古墳があり、その山麓には大宮七社明神がある。この三つをご神体とその麓の古墳という関係に見ることができる(京大・上田正昭説)。朝鮮からの渡来人に由来するものとみることもできる。
「山梨の古代」(山梨日日新聞社1983より)
展望ポイント

加牟那塚古墳 (基準標高307.9m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
10.9
平均気温
4.5
最低気温
-0.6
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 6.5 時間/日
降水量 1 mm/日
最深積雪 1 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

この町内は地蔵古墳だけでなく、万寿森古墳、加牟那塚古墳などもすぐそばにあります

山の解説 - [出典:Wikipedia]

加牟那塚古墳(かんなづか(かむなづか)こふん)は、山梨県甲府市千塚にある古墳。6世紀後半の横穴式石室を持つ円墳。山梨県指定史跡「加牟那塚」。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「加牟那塚古墳」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  2    29 
yoneyama, その他30人
2016年05月22日(日帰り)
奥秩父
  1    7 
2016年05月07日(日帰り)
甲信越
  46    22  6 
2016年04月30日(日帰り)
甲信越
  2    25 
2015年12月26日(日帰り)
甲信越
    21 
2015年11月15日(日帰り)
甲信越
  26    20 
2015年08月23日(日帰り)
甲信越
  3    25 
yoneyama, その他30人
2015年05月17日(日帰り)
甲信越
  59    45  6 
2014年11月28日(日帰り)
甲信越
  30    30 
2014年10月28日(日帰り)
ページの先頭へ