ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 新燃岳

新燃岳(しんもえだけ)

最終更新:2014-02-06 00:09 - take1104
基本情報
標高 1421m
場所 北緯31度54分34秒, 東経130度53分11秒
 現在、霧島山(新燃岳)の噴火警戒レベルは2です。

 ※平成25年10月22日18時00分に立入規制区域を火口から半径2キロメートルから半径1キロメートルに縮小していますが、これまで立入規制のかかっていた登山道については安全が確認されるまで利用できません。

http://www.city-kirishima.jp/modules/page060/index.php?id=13
山頂

新燃岳の日の出・日の入り時刻

12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火)
日の出 6時57分 6時58分 6時58分 6時59分 7時0分 7時1分 7時1分
日の入り 17時20分 17時20分 17時20分 17時20分 17時20分 17時21分 17時21分

新燃岳 (標高1421m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
4.4
平均気温
-0.8
最低気温
-5.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.2 時間/日
降水量 3.3 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

新燃岳(しんもえだけ)は、九州南部の霧島山中央部に位置し、有史以降も噴火を繰り返している標高1,421mの活火山である。三等三角点は山頂のカルデラ縁にあり、噴火口およびカルデラは鹿児島県霧島市域に位置する。尾根筋は宮崎県小林市にまたがる。
霧島山最高峰である韓国岳と霧島山東部に聳える霊峰高千穂峰の中間付近に位置し、獅子戸岳と中岳の間に割り込むようにして聳えるなだらかな円錐台形の火山であり、山頂に直径750mの円形火口を擁する。火口底には平成噴火前まで直径150m、水深30mの青緑色を呈する火口湖の新燃池が存在していた。地質は輝石安山岩からなる基盤山体の上に火砕丘が重なった構造となっている。
火口壁の南側に2つの岩峰が屹立しており、「兎の耳」と呼ばれている。山域は1934年(昭和9年)3月16日に、霧島屋久国立公園の特別保護区域に指定されている。
平成噴火前まで高千穂河原から中岳を経由した登山道が整備され、山頂付近の植生はススキを中心とした草原となっており、所々に低木のミヤマキリシマ群生地が散在していた。当時も火山活動によってしばしば登山禁止の措置がとられる。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「新燃岳」 に関連する記録(最新10件)

霧島・開聞岳
  6    2 
2010年05月03日(日帰り)
霧島・開聞岳
  42   3 
2010年05月03日(日帰り)
霧島・開聞岳
  
2010年05月03日(日帰り)
霧島・開聞岳
   
redtalecat, その他3人
2010年04月30日(日帰り)
霧島・開聞岳
  23    5 
2010年02月27日(日帰り)
霧島・開聞岳
  23    2  3 
tenmou, その他2人
2010年02月06日(日帰り)
霧島・開聞岳
  2    3 
osktele2, その他1人
2010年01月01日(日帰り)
霧島・開聞岳
  14   
kogito, その他1人
2009年12月30日(日帰り)
ページの先頭へ