ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 祖母山

祖母山(そぼさん)

最終更新:2015-05-23 15:14 - Raccoon-dog
基本情報
標高 1756m
場所 北緯32度49分41秒, 東経131度20分49秒
山頂
分岐
展望ポイント

祖母山の日の出・日の入り時刻

01/16(月) 01/17(火) 01/18(水) 01/19(木) 01/20(金) 01/21(土) 01/22(日)
日の出 7時10分 7時10分 7時9分 7時9分 7時9分 7時8分 7時8分
日の入り 17時40分 17時41分 17時42分 17時43分 17時44分 17時45分 17時46分

祖母山 (標高1756m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
-2
平均気温
-5.9
最低気温
-9.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 3.6 時間/日
降水量 2.7 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

祖母山(そぼさん)は、大分県と宮崎県の県境にある標高1,756mの山で、宮崎県の最高峰である。日本百名山の一つに選定されている。
祖母山は熊本県、大分県ならびに宮崎県の3県にまたがる祖母連山の主峰で、山頂部は大分県豊後大野市、竹田市および宮崎県西臼杵郡高千穂町の境にある。火山活動によって形成された山であるため巨大な花崗岩が随所に見られ、低山部では渓谷、中高山部では断崖が多い地形である。
ブナ、ツガなどの原生林に覆われており、低地は照葉樹林帯、中腹は針葉樹林帯、山頂付近はスズ竹、ブナ帯が見られる。ウバタケニンジンは祖母山系と四国の一部にしか見られない植物で、祖母山を別名、姥岳(ウバタケ)と呼ぶことから、発見者の牧野富太郎がこのように名付けた。ミヤマキリシマやリンドウ、モミジも自生している。特別天然記念物のニホンカモシカの生息南限地帯とされているほか、ヤマネ、ニホンジカも見られる。
祖母山周辺は銅、錫、鉛やマンガン、水晶などの鉱物資源が豊富で江戸時代から昭和中期まで採掘が行われていた。祖母山の麓に遺構が残る尾平鉱山は、元和3年(1617年)に開鉱され、昭和29年(1954年)に閉山されるまで日本有数の鉱山として栄えた。このほかにも大分県側に九折鉱山、木浦鉱山、宮崎県側に見立鉱山、土呂久鉱山などがあった。
登山ルートは整備されたコースから、断崖を登りながら進むコースまであり、四季を通じて登山客が訪れる。頂上付近はどのコースを辿っても急な岩登りコースがあらわれる。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「祖母山」 に関連する記録(最新10件)

祖母・傾
  89    21 
2017年01月06日(日帰り)
祖母・傾
  37    10 
2017年01月02日(日帰り)
祖母・傾
  30    13 
2016年12月31日(日帰り)
祖母・傾
  19    10 
2016年12月30日(日帰り)
祖母・傾
  15    10 
2016年12月29日(日帰り)
祖母・傾
  40    20 
2016年12月23日(日帰り)
祖母・傾
  19    14 
2016年12月23日(日帰り)
祖母・傾
  41     28  2 
MINE74, その他1人
2016年12月03日(日帰り)
祖母・傾
  17    12 
2016年12月03日(日帰り)
ページの先頭へ