ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1001683 全員に公開 ハイキング中国山地西部

ブナ純林の山 〜 比婆山連峰縦走

日程 2016年11月04日(金) [日帰り]
メンバー chikah
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場:広島県立県民の森 〜 無料
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間16分
休憩
1時間12分
合計
8時間28分
S広島県民の森(時計回り)07:0907:31展望園地08:18立烏帽子山駐車場・避難小屋08:37竜王山08:4208:58立烏帽子山駐車場・避難小屋09:12立烏帽子山09:26池の段09:3109:46越原越10:09比婆山10:1410:47大膳原10:5011:21吾妻山11:5912:22大膳原12:2512:52烏帽子山13:21出雲峠13:50毛無山13:5514:25伊良谷山14:2914:36牛曳山14:4015:28牛曳山登山口15:37広島県民の森G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・登山ポストなし(あったのかもしれないが見つけられなかった)
・登山道はよく整備されており危険個所は特にありませんでした。
その他周辺情報・お風呂:県民の森の日帰り入浴利用 19:00迄 \400
     (比婆山を水源とする水を使用したお風呂だそうです。)

写真

広島県民の森からスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広島県民の森からスタート。
麓はまだ紅葉が残っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓はまだ紅葉が残っている。
1
第1キャンプ場付近からが登山道の始まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1キャンプ場付近からが登山道の始まり。
彩り豊かな道を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彩り豊かな道を歩く。
展望園地より〜三国山かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望園地より〜三国山かな?
紅葉の明るさに目が奪われた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の明るさに目が奪われた。
竜王山への道。
緩やかな登りが続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王山への道。
緩やかな登りが続く。
第一座、竜王山到着。
石板は朝露に濡れていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一座、竜王山到着。
石板は朝露に濡れていた。
1
竜王山山頂からの比婆山(御陵)。なだらかな連峰が一望だ。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王山山頂からの比婆山(御陵)。なだらかな連峰が一望だ。

立烏帽子山駐車場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立烏帽子山駐車場。
そう、ブナ純林の山なのだ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そう、ブナ純林の山なのだ♪
山頂付近はすでに落葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近はすでに落葉。
第二座、立烏帽子山到着。
比婆山連峰最高峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二座、立烏帽子山到着。
比婆山連峰最高峰。
1
次なるポイント、池の段。
空 青いなぁ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次なるポイント、池の段。
空 青いなぁ♪
山から山への距離は長くはない。山頂までもう少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山から山への距離は長くはない。山頂までもう少し。
1
第三座、池の段到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三座、池の段到着。
さぁ、次は比婆山(御陵)だぁ。
ヽ(^。^)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、次は比婆山(御陵)だぁ。
ヽ(^。^)ノ
ブナ純林の中を歩く。
落葉後の枝並も美しい♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ純林の中を歩く。
落葉後の枝並も美しい♪
なだらかな道がつづく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな道がつづく。
神話伝説、イチイの巨木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神話伝説、イチイの巨木。
第四座、比婆山(御陵)到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第四座、比婆山(御陵)到着。
次は大膳原へ。近道があるらしいので行ってみる。(結果それほどショートカットではなかった)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は大膳原へ。近道があるらしいので行ってみる。(結果それほどショートカットではなかった)
大膳原からの比婆山(御陵)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大膳原からの比婆山(御陵)。
穂先が落ちても輝くススキ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂先が落ちても輝くススキ♪
次なる山、吾妻山への道。大膳原からは直登するような道筋が見え「なんたる急登!」と ひるんだが、実際は蛇行した緩やかな登山道が隠れていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次なる山、吾妻山への道。大膳原からは直登するような道筋が見え「なんたる急登!」と ひるんだが、実際は蛇行した緩やかな登山道が隠れていた。
第五座、吾妻山到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第五座、吾妻山到着。
1
山頂からは中国地方の山々が見渡せる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは中国地方の山々が見渡せる。
今までの山頂で一番賑わっていたなぁ。近郊の方々からも親しまれている山のようだ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今までの山頂で一番賑わっていたなぁ。近郊の方々からも親しまれている山のようだ♪
吾妻山から折り返して、第六座、烏帽子山到着。この分岐点が山頂なのかと思ったら、少し先に山頂と思われる広場があった。なんとまぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻山から折り返して、第六座、烏帽子山到着。この分岐点が山頂なのかと思ったら、少し先に山頂と思われる広場があった。なんとまぁ。
烏帽子山たる所以、烏帽子岩。うん、納得のフォルム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子山たる所以、烏帽子岩。うん、納得のフォルム。
1
烏帽子から出雲峠へ。
標高が下がったので紅葉あらわる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子から出雲峠へ。
標高が下がったので紅葉あらわる。
またまた登り返し
第七座、毛無山到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた登り返し
第七座、毛無山到着。
次なる山は伊良谷山。
さぁ、降って登るぞ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次なる山は伊良谷山。
さぁ、降って登るぞ!
第八座、伊良谷到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第八座、伊良谷到着。
第九座、牛曳山到着。
やったぁー全山踏破!
(≧∇≦)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第九座、牛曳山到着。
やったぁー全山踏破!
(≧∇≦)
1
牛曳山の下山道は途中から細い沢筋と合流。時々小さな流れを渡渉。ちょっと楽しい♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛曳山の下山道は途中から細い沢筋と合流。時々小さな流れを渡渉。ちょっと楽しい♪
小滝発見、と思ったら・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝発見、と思ったら・・・
少し大きな滝もすぐ近くに。
牛曳滝かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し大きな滝もすぐ近くに。
牛曳滝かな。
降るほどに紅葉が色濃くなる。きれいだわぁー(≧∇≦)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降るほどに紅葉が色濃くなる。きれいだわぁー(≧∇≦)
終盤の〆はシラカバ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終盤の〆はシラカバ。
牛曳山登山口。
お疲れさま。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛曳山登山口。
お疲れさま。
ここからはおまけの車窓の旅。翌早朝、三次駅より三江線に乗車。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはおまけの車窓の旅。翌早朝、三次駅より三江線に乗車。
1
江の川の流れに沿ってひた走る単線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江の川の流れに沿ってひた走る単線。
日本海に抜けるまで江の川と並走する。今回は時間の都合で中程で折り返したが、景色は楽しめた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海に抜けるまで江の川と並走する。今回は時間の都合で中程で折り返したが、景色は楽しめた。
警笛は昔ながらの響き。
「ホッホォー」ヽ(^。^)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
警笛は昔ながらの響き。
「ホッホォー」ヽ(^。^)ノ

感想/記録
by chikah

山の雑誌で比婆山連峰のことを読んで行ってみたくなった。
ブナ林が豊かな山。
頑張れば1日で連峰全てを周回できるという。
で、かんばってみた。o(^_^)o

1200m前後の山並みを周回する。
アップダウンにバテるかも・・・と思っていたが、想像していたよりも
緩やかな連なりで一定のペースで歩くことができた。
道の整備が良く、起伏の緩やかだ。
トレランも楽しめるコースかもしれない。
吾妻山前後の道では多くの人で賑わっていたが、烏帽子から牛曳山までは
行き交う人も少なく静かな山歩き。
牛曳山の下りルートは沢や滝、シラカバ林など変化に富んでおり、
後半の疲れを忘れさせる楽しい道だったなぁ。

この山は全てのピーク又はピーク付近で県民の森へ降りる道が付けられている。
時に計画通りに進めないこともあるので、細かくエスケープルートがあると安心だ。
多くの人が楽しく山歩きができるよう配慮されているのだろうな。(^-^)

山頂から中腹にかけては既に落葉していたが、中腹から麓までは
黄葉・紅葉が残っており山頂から見下ろすと、彩り豊かな木々が
山裾にむかって盛り上がっていた。
山歩きの間は始終、木の良い香りが漂っていたなぁ。
気持ちの良い山歩きだった。
季節を変えてまた訪れてみたい。


〜おまけ〜
広島の単線列車に乗ってみた。
以前から機会があればJR木次線の電車に乗ってみたかった。
広島から島根への山間部を縦断する単線で、廃線の危機もあったが
観光を取り入れることにより存続を可能にしたそうだ。
観光列車「奥出雲おろち号」や、3段式スイッチバックなどが有名。
比婆山のすぐ横を走っているので、せっかくだから乗ってみようと
調べていると、広島にはいくつかの単線あることを知った。

その中のひとつ、三江線に興味が湧いた。
三江線は江の川(ごうのかわ)の流れと共に日本海まで抜ける単線だ。
山は比婆山で堪能できるし、川を眺めるようと思い、三江線に乗車することに。
この路線は今年の9月に全線廃止が発表され、1〜2年後を目途に廃線が実施
されるらしい。

そのためなのか、1両編成の車両の大半が鉄道ファンの方だった。
ちなみに私はいわゆる「鉄ちゃん」ではないのだがσ(^_^;)
「にわか鉄ちゃん」と化して車窓の旅を楽しんだ。
流れる景色をぼんやり眺めるのもいいもんだ♪
のんびりできたよ 三江線。
訪問者数:150人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ