ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1008181 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走近畿

高島トレイル〜寒風→水坂峠〜

日程 2016年11月12日(土) 〜 2016年11月13日(日)
メンバー OSLKS
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:マキノ駅→マキノコミュニティバス→マキノ高原温泉さらさ
復路:保坂バス停→JR西日本バス→近江今津駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間7分
休憩
34分
合計
6時間41分
Sマキノ高原温泉さらさ09:2909:39寒風・大谷山登山口10:10西山林道出合10:1310:26展望ベンチ11:13寒風11:1411:47大谷山11:4811:58白石平11:5912:34抜土12:5313:54近江坂分岐13:5514:31大御影山14:3915:38大日尾根分岐16:10宿泊地
2日目
山行
5時間26分
休憩
5分
合計
5時間31分
宿泊地06:4107:34三重嶽07:3609:40武奈ヶ嶽09:4211:43水坂峠11:4412:06保坂交差点12:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

マキノスキー場から登り始める。いきなりの急登がきつい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マキノスキー場から登り始める。いきなりの急登がきつい
寒風へ登るまでに結構な体力を使った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒風へ登るまでに結構な体力を使った
抜土で給水、地元の人に声をかけられる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜土で給水、地元の人に声をかけられる
福井と滋賀の県境を進む。稜線上は平坦でどこでもテントを張れそうだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福井と滋賀の県境を進む。稜線上は平坦でどこでもテントを張れそうだった
三重嶽への分岐点にテントを張る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三重嶽への分岐点にテントを張る
三重嶽手前の大蛇の木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三重嶽手前の大蛇の木
湖北武奈ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖北武奈ヶ岳
今回は水坂峠で終わり。里へ近づくに連れて道が道でなくなっていくのはどうかと思う。ほとんど崖みたいな地形を降りた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は水坂峠で終わり。里へ近づくに連れて道が道でなくなっていくのはどうかと思う。ほとんど崖みたいな地形を降りた

感想/記録
by OSLKS

水場が抜土以外になく、その後の稜線まで上がる道を水を担いで登ったためかなり体力を消耗した。水が無ければ三重嶽をキャンプ地とできたかもしれない
訪問者数:147人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

テント 急登 水場 テン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ