ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1011469 全員に公開 沢登り奥秩父

東のナメ沢

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー Lynn_Kato, その他メンバー1人
天候午前快晴、昼から薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西沢渓谷P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間57分
休憩
1時間35分
合計
11時間32分
S西沢渓谷入口バス停05:3406:00二俣吊橋06:10鶏冠谷出合06:1408:07東のナメ沢08:4611:50大滝七段目上12:2412:41二段滝上(脱渓)14:31鶏冠尾根第一岩峰下登山道14:4015:02チンネノコル15:0316:11鶏冠谷出合16:1616:30二俣吊橋16:3317:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アプローチ
長い。崩壊のため、切れ落ちて怖い所があった。
雨後増水のため、沢靴で来て正解だった(足濡れまくり)。

スラブ大滝 
ロープは50m、靴はフラットソール。
前日は雨だったので水量が多かった+濡れていた。
濡れるとヌメって滑るので難易度が一気に上がる。
ただし南向きの開けた沢なので晴れればすぐ乾き始める。
残置は古いものが結構あった。
大きめのカムが重宝した。ナッツ類はイマイチ。
ピトンは1度だけ使用。

上の滝2つ
時間の関係とお腹いっぱい感から
右のガレから2つとも巻いた。

詰め
上の滝2つが終わった所で、一の沢手前の尾根を登った。
所々シャクナゲがうるさいがたいしたことはない。
岩峰が出て来るたびに左側を巻くが、
最後から2つめの大きな岩壁を右巻きしたら悪かった。
最後は右巻きで稜線登山道合流。

下山
第一岩峰下co1920mで鶏冠尾根登山道に合流。
急で滑りやすい長い登山道だけど、
ピンクテープと標識、ガイドロープ類は豊富。

時期的なもの
今回、前日は雨でしたが、幸いにも気温が高く、
氷点下にはならず、雪も氷もなかったけれど、
時期的には本当にギリギリだと思われます。
その他周辺情報いつもの白龍閣(500円)

写真

駐車場からヘッデンで歩いて東沢の河原で日の出。オハヨー\(^o^)/
2016年11月20日 06:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からヘッデンで歩いて東沢の河原で日の出。オハヨー\(^o^)/
ホラ貝ゴルジュ入り口。今年は行けなかったなぁ。( ;∀;)
2016年11月20日 06:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホラ貝ゴルジュ入り口。今年は行けなかったなぁ。( ;∀;)
1
上の山の神。無事に帰れますように。
2016年11月20日 07:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の山の神。無事に帰れますように。
2
到着。青空\(^o^)/
2016年11月20日 08:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着。青空\(^o^)/
あれかー。濡れてる..。(;・∀・)
2016年11月20日 08:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれかー。濡れてる..。(;・∀・)
支度して出発。濡れてる。( ;∀;) 濡れてると遡行グレード亀UPするらしい。やばい。(;・∀・)
2016年11月20日 08:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支度して出発。濡れてる。( ;∀;) 濡れてると遡行グレード亀UPするらしい。やばい。(;・∀・)
1
1段目登ったけど、滑りまくり。どうしましょ。(;・∀・) 
2016年11月20日 08:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1段目登ったけど、滑りまくり。どうしましょ。(;・∀・) 
1
2段め途中の段差でお助けもらった。(;・∀・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2段め途中の段差でお助けもらった。(;・∀・)
1
ビチョビチョ。3段目までフリーでスタスタとかムリ。( ;∀;)
2016年11月20日 08:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビチョビチョ。3段目までフリーでスタスタとかムリ。( ;∀;)
靴底が濡れると全然効かないので、靴を脱いで水流を渡る。
2016年11月20日 08:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靴底が濡れると全然効かないので、靴を脱いで水流を渡る。
1
ヌメには裸足がかなり(・∀・)イイ!!ことを発見し、そのまま裸足で行くことにw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌメには裸足がかなり(・∀・)イイ!!ことを発見し、そのまま裸足で行くことにw
2
三段目、裸足登攀完了。素足がよく効いてゴキゲンw 
2016年11月20日 08:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段目、裸足登攀完了。素足がよく効いてゴキゲンw 
2
登ってきた太陽に照らされてだんだん乾いてきた。\(^o^)/
2016年11月20日 08:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた太陽に照らされてだんだん乾いてきた。\(^o^)/
2
この勢いで四段目も裸足フリーでw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この勢いで四段目も裸足フリーでw
2
裸足登攀という新しいジャンルの誕生ww
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裸足登攀という新しいジャンルの誕生ww
3
途中から壁が立って来たので、隊長に先に行ってもらった。
2016年11月20日 09:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から壁が立って来たので、隊長に先に行ってもらった。
4
4段目の途中で支点をとって、私は念のためロープをもらいました。
2016年11月20日 09:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4段目の途中で支点をとって、私は念のためロープをもらいました。
1
ビレイ点。そこからは私がリードさせてもらいました。
2016年11月20日 09:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビレイ点。そこからは私がリードさせてもらいました。
1
マルチピッチ楽しい♡ このすぐ上の段のところでピッチを切りました。残置ピトンx1+リングボルトx2
2016年11月20日 09:17撮影 by FinePix XP200/XP210, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルチピッチ楽しい♡ このすぐ上の段のところでピッチを切りました。残置ピトンx1+リングボルトx2
1
4段目の上段からは隊長がリード。
2016年11月20日 09:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4段目の上段からは隊長がリード。
2
残置の古びたペツルを経て右へトラバース。
2016年11月20日 09:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残置の古びたペツルを経て右へトラバース。
1
広いし長いのでどこでピッチ切るか悩ましい所。
2016年11月20日 09:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広いし長いのでどこでピッチ切るか悩ましい所。
1
ここに落ち着いた模様。
2016年11月20日 09:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに落ち着いた模様。
1
ニシゼンを思い出す。ぽかぽか暖かくて気持ち良い。
2016年11月20日 09:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニシゼンを思い出す。ぽかぽか暖かくて気持ち良い。
2
フォローする私。スタートの段差が核心。ハイステップで苦労しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フォローする私。スタートの段差が核心。ハイステップで苦労しました。
終了点は残置ピトンx2+ナッツ。
2016年11月20日 09:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終了点は残置ピトンx2+ナッツ。
1
そこからまた5段目下部は私がリード。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからまた5段目下部は私がリード。
1
6段目の基部に行きたかったけど、支点入れられなさそうだったので、戻ってきて左端の凹角でピッチを切った。カム2つ+灌木1
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6段目の基部に行きたかったけど、支点入れられなさそうだったので、戻ってきて左端の凹角でピッチを切った。カム2つ+灌木1
1
5段目上部トラバース部分は隊長リード。
2016年11月20日 10:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5段目上部トラバース部分は隊長リード。
2
ヌメヌメで、ここまでで一番怖かったセクション。
2016年11月20日 10:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌメヌメで、ここまでで一番怖かったセクション。
2
無事に6段目の基部へ。
2016年11月20日 10:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に6段目の基部へ。
2
フォローする私。ヌメなのでもちろん裸足ですw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フォローする私。ヌメなのでもちろん裸足ですw
3
6段目は私がリード。しかし10mほど登ったら何もないツルンとしたお椀状になったので、びびってピッチを切った。(;・∀・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6段目は私がリード。しかし10mほど登ったら何もないツルンとしたお椀状になったので、びびってピッチを切った。(;・∀・)
2
フォローする隊長。
2016年11月20日 11:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フォローする隊長。
1
すぐ先に残置ピトンがあったのに全然気付かず、左上に残置リングボルトがあったのも気づかなかったOrz
2016年11月20日 11:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ先に残置ピトンがあったのに全然気付かず、左上に残置リングボルトがあったのも気づかなかったOrz
2
残置ボルト付近。ここを超えると斜度が緩む。
2016年11月20日 11:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残置ボルト付近。ここを超えると斜度が緩む。
1
ロープがスルスル伸びたり止まったりするが、上が見えないのでのんびり待つ。
2016年11月20日 11:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープがスルスル伸びたり止まったりするが、上が見えないのでのんびり待つ。
1
6段目上段に出てびっくり。隊長、7段目を左側(控蕁砲ら一気に抜けてた。Σ(゜Д゜)
2016年11月20日 11:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6段目上段に出てびっくり。隊長、7段目を左側(控蕁砲ら一気に抜けてた。Σ(゜Д゜)
2
7段目の核心部。今回唯一打ったピトンを回収。ハンマー忘れたので、回収用セットがくくり付けてあったw
2016年11月20日 11:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7段目の核心部。今回唯一打ったピトンを回収。ハンマー忘れたので、回収用セットがくくり付けてあったw
2
回収終わって7段目の最後。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回収終わって7段目の最後。
1
登攀所要時間は3時間5分。惜しい。3時間切れなかったのは私があちこちでモタモタしたからだなぁ。(´・ω・`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登攀所要時間は3時間5分。惜しい。3時間切れなかったのは私があちこちでモタモタしたからだなぁ。(´・ω・`)
2
休憩後、上部の2段滝を巻く。もうお腹一杯で攀じる気にならない。(;・∀・)(時間もないし。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩後、上部の2段滝を巻く。もうお腹一杯で攀じる気にならない。(;・∀・)(時間もないし。)
1
一の沢の横のリッジから脱渓し、鶏冠尾根に向かう。
2016年11月20日 12:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の沢の横のリッジから脱渓し、鶏冠尾根に向かう。
1
ところどころシャクナゲが薮ヤブしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころシャクナゲが薮ヤブしい。
超かっこいい岩尾根が見えた。隣の東オツクリ沢の頭で、オツクリの窓と言われてるらしい。(CSが挟まってて下部に空間がある。)
2016年11月20日 13:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
超かっこいい岩尾根が見えた。隣の東オツクリ沢の頭で、オツクリの窓と言われてるらしい。(CSが挟まってて下部に空間がある。)
1
最後から2つめにでてきたこのボロボロの岩壁を右から巻いたら崖で超怖かった。( ;∀;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後から2つめにでてきたこのボロボロの岩壁を右から巻いたら崖で超怖かった。( ;∀;)
1
ヒィヒィ言いながら無事に鶏冠尾根の登山道に到着。狙った通りの第一岩峰下。良かった♡
2016年11月20日 14:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒィヒィ言いながら無事に鶏冠尾根の登山道に到着。狙った通りの第一岩峰下。良かった♡
1
チンネのコル。グループ・どっぺるさん、ありがとうございます。
2016年11月20日 15:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チンネのコル。グループ・どっぺるさん、ありがとうございます。
ヒィヒィ言いながら降りて、無事に鶏冠谷出合まで戻ってきた。足が痛いよー。
2016年11月20日 16:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒィヒィ言いながら降りて、無事に鶏冠谷出合まで戻ってきた。足が痛いよー。
最後の徒渉。冷たい水でアイシングして悶絶w
2016年11月20日 16:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の徒渉。冷たい水でアイシングして悶絶w
1
鶏冠尾根おそるべし。(;・∀・) この後、下の山の神にお礼をして、ヘッデンを出すことなく、無事に車に到着しました。\(^o^)/
2016年11月20日 16:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠尾根おそるべし。(;・∀・) この後、下の山の神にお礼をして、ヘッデンを出すことなく、無事に車に到着しました。\(^o^)/
2
ビデオと写真を解析した結果。私が短くピッチを切るものだから7ピッチになってますが(;・∀・)、うまく切れば4ピッチでいけると思いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビデオと写真を解析した結果。私が短くピッチを切るものだから7ピッチになってますが(;・∀・)、うまく切れば4ピッチでいけると思いました。
1

感想/記録

土曜日は雨で予定変更を余儀なくされましたが、
日曜日は晴れ予報だったので、
マルチ+ナメ沢が楽しめる東のナメ沢へ。
日が短いこんな時期でしたが、明るいうちに
無事に登って帰ってくることができました。
遡行に際し、レコの皆様の記録を参考にさせていただきました。
ありがとうございました。m(_ _)m

※その中でもとくに、krkdxさんの去年の記録の、
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-756105.html
第一岩峰下に抜けるルートの記載、有難かったです。
※岩は、左左で巻いて、最後だけ右、と記憶してたのに、
最後から2つめ、隊長が岩峰を右に巻いたー!( ;∀;)
「右は崖です」って書いてくれてたのにww
結果、超切れ落ちた崖の悪いトラバースとなり、
怖がりの私はロープ出してもらいました(;・∀・)
でもこの尾根の詰めは楽しかったです。
------------

スラブ大滝の登攀はとても楽しかったです。
が、詰めと鶏冠尾根の下りが急で長くて印象が強く、
さらに言うなら往路も長く部分的に怖かったので、
メインのスラブ部分の印象がかなり薄れてしまった・・・
あれえ、コンナハズジャヽ(`Д´)ノウワァァァン
訪問者数:124人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ