ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1012545 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峰山脈北端

日程 2016年11月19日(土) 〜 2016年11月21日(月)
メンバー OSLKS
天候曇時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:近鉄吉野駅
復:洞川温泉バス停→近鉄下市口駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間6分
休憩
14分
合計
4時間20分
S金峯山寺09:0409:58吉野水分神社09:5910:07高城山10:0910:16奥千本口バス停10:21金峯神社10:3110:47青根ヶ峰12:28四寸岩山12:43足摺の宿跡12:4413:24二蔵宿小屋
2日目
山行
6時間50分
休憩
19分
合計
7時間9分
二蔵宿小屋07:0008:01大天井ヶ岳08:0308:57五番関09:1111:24洞辻茶屋11:31陀羅尼助茶屋11:3211:59西の覗岩12:26山上ヶ岳12:58レンゲ辻13:0014:06稲村小屋14:09山上辻
3日目
山行
2時間12分
休憩
5分
合計
2時間17分
稲村ヶ岳08:2608:43大日山08:4408:57稲村小屋08:58山上辻09:0009:30パオーン杉09:50法力峠10:41母公堂10:4310:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
稲村ヶ岳泊となっているのはGPSのスイッチを入れ忘れたからで、実際は稲村ヶ岳山荘前にテントを張っています。稲村ヶ岳はテント泊・食事禁止です
コース状況/
危険箇所等
五番関から洞辻茶屋にかけて急な鎖場あり
その他周辺情報洞川温泉バス停から歩いて五分の場所に公営温泉あり

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ポール テント テントマット シェラフ 軽アイゼン スパッツ
備考 防水スパッツは前日に購入したが、始終雨か雲の中だったため大活躍した。軽アイゼンは500gもするが流石に要らなかった

写真

吉野駅から徒歩で出発。紅葉が見頃
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉野駅から徒歩で出発。紅葉が見頃
1
早速大峯奥駈道の行場がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速大峯奥駈道の行場がある
行程中一番しんどかったのは初っ端の吉野の坂だったかもしれない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行程中一番しんどかったのは初っ端の吉野の坂だったかもしれない
1
奥千本を超えると山道に入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥千本を超えると山道に入る
四寸岩山からの風景。全行程を振り返るとまだマシな天候だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四寸岩山からの風景。全行程を振り返るとまだマシな天候だった
足摺小屋、中は祭壇と土間のみで完全に行場なので、避難以外では泊まらない方がいいかもしれない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足摺小屋、中は祭壇と土間のみで完全に行場なので、避難以外では泊まらない方がいいかもしれない
1
ニ蔵宿小屋に泊まるつもりが、11月から3月末まで閉鎖とのこと…仕方なくテント泊。水場は離れてて足場が悪い。テントを張った15時頃から夜半にかけて雨、テントは泥まみれに。この写真の場所は水はけが悪く避けた方が良かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニ蔵宿小屋に泊まるつもりが、11月から3月末まで閉鎖とのこと…仕方なくテント泊。水場は離れてて足場が悪い。テントを張った15時頃から夜半にかけて雨、テントは泥まみれに。この写真の場所は水はけが悪く避けた方が良かった
1
二日目は出発直後から大天井ヶ岳へ、完全にガスの中。頂上からは何も見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目は出発直後から大天井ヶ岳へ、完全にガスの中。頂上からは何も見えない
2
五番関へ降りてくると流石にこの高度ならガスは晴れている。色々とややこしそうな門
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五番関へ降りてくると流石にこの高度ならガスは晴れている。色々とややこしそうな門
1
大峯寺へ向かって登り始めるとまたガスの中。濡れた鎖場が怖かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峯寺へ向かって登り始めるとまたガスの中。濡れた鎖場が怖かった
1
鐘掛岩迂回路も階段が多くなかなかおっかない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘掛岩迂回路も階段が多くなかなかおっかない
景色は見えなくとも、霧に包まれた山寺は中々雰囲気があった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色は見えなくとも、霧に包まれた山寺は中々雰囲気があった
1
無人の稲村ヶ岳山荘前へテントを張る。昨日に引き続き風雨はあったが寒さはそこまでなかった。氷点下いってなかったかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無人の稲村ヶ岳山荘前へテントを張る。昨日に引き続き風雨はあったが寒さはそこまでなかった。氷点下いってなかったかも
1
三日目の朝、山荘前に荷物を置き稲村ヶ岳へ。この日も8時を過ぎた頃からガスが出て、展望は半ば諦めかけていたがガスの切れ間からちょっとした雲海を拝むことができた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目の朝、山荘前に荷物を置き稲村ヶ岳へ。この日も8時を過ぎた頃からガスが出て、展望は半ば諦めかけていたがガスの切れ間からちょっとした雲海を拝むことができた。
1
午前のうちに下山、洞川温泉の母公堂側登山口へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前のうちに下山、洞川温泉の母公堂側登山口へ
1
山上はすっかり禿げ上がっていたが洞川温泉の紅葉はまだ見頃だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山上はすっかり禿げ上がっていたが洞川温泉の紅葉はまだ見頃だった。
1

感想/記録
by OSLKS

二泊三日の山行が初めてだったので行程は短めに設定した
訪問者数:124人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 雲海 ガス 鎖場 水場 紅葉 テン 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ