ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1014367 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

金峰山

日程 2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー kenzsp(記録)
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
瑞牆山荘近く 無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
1時間30分
合計
7時間0分
S瑞牆山荘10:0011:00富士見平小屋11:1012:00大日小屋12:1012:50大日岩13:0014:00金峰山山頂14:3015:00大日岩15:1015:30大日小屋15:4016:20富士見平小屋16:3017:00瑞牆山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
駐車場到着後に仮眠のつもりが予定を大幅にオーバーしてしまい、結局10:00時過ぎに登頂を始め、14:00に山頂到着。下山は時間との勝負となり、最後はヘッドライトを装着しての下山となりました。
コース状況/
危険箇所等
8合目より積雪あり。8割以上の方がアイゼンを使用。岩場等は積雪もあり非常に滑りやすくなっています。
その他周辺情報韮崎市の天然炭酸泉、旭の湯。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ザック 昼ご飯 行動食 調理用食材 コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 針金 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ

写真

頂上付近、天気は抜群で風も少なく、コンディションとしては良好。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近、天気は抜群で風も少なく、コンディションとしては良好。
1
山頂やや手前からの写真。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂やや手前からの写真。
山頂に続く道には積雪あり。実際に登っているとこの写真よりもっと積雪が多いように感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に続く道には積雪あり。実際に登っているとこの写真よりもっと積雪が多いように感じます。
岩場の積雪は大変滑りやすく、アイゼンが必須かと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の積雪は大変滑りやすく、アイゼンが必須かと思います。
鎖場にも雪が、、、非常に滑りやすく慎重に行きましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場にも雪が、、、非常に滑りやすく慎重に行きましょう。

感想/記録
by kenzsp

積雪前に登頂すべく金峰山へ。朝5:00に瑞牆山荘へ到着時には駐車場の約3割が埋まっている状況であったが、9:00時過ぎには8割は埋まっていた。晩秋であるが人気の高い山であるからだろう。
登り始めから富士見平まではなかなかの急斜面。その後も登山道も整備され迷うことはない。しかし砂払ノ頭を超えたあたりから日陰の斜面には積雪が残り、登りの時はまだ良いが、下山時は非常に滑りやすく怖い。その後登って行くとやがて一面に雪が残り安全上アイゼンが必須と思われる。天候は晴天で風も比較的穏やかで頂上付近でも食事がゆっくり取れるくらいの天候だった。少しでも風が強くとなるとやはり、頂上では非常に寒くなり長居は厳しくなると思われます。
下山道は積雪の影響で滑りやすく、特に岩場の上はどこに足を着いても滑りやすく、周りを見渡しても通常より倍以上の時間を掛けてゆっくり下って行っていた。全体的には、やや積雪は残るものの、澄んだ空気の中充実の登山となった。
訪問者数:15人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 鎖場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ