ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 758276 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

鬼ヶ島から有馬の小ピーク巡り

日程 2015年11月03日(火) [日帰り]
メンバー MDfreak
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間59分
休憩
35分
合計
6時間34分
S神戸電鉄有馬口駅09:2810:25鬼ヶ島10:4611:03水無山11:0511:25高尾山11:2811:48湯槽谷山11:4911:56湯槽谷峠11:5712:56極楽茶屋跡13:03極楽渓の岩場13:0413:14六甲石ころ亭フードテラス13:16六甲ガーデンテラス13:2216:02八幡谷入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

神鉄有馬口駅から
2015年11月03日 09:27撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鉄有馬口駅から
踏切を渡って住宅街を進み、高速の高架下を通って進む、こちらから。
2015年11月03日 09:44撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏切を渡って住宅街を進み、高速の高架下を通って進む、こちらから。
しばらく往くとこんな案内表示が。
かなり傷んでいて今ひとつ判然としませんが、この日の時点で現在地と鬼ヶ島の文字は確認できる。
2015年11月03日 09:53撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく往くとこんな案内表示が。
かなり傷んでいて今ひとつ判然としませんが、この日の時点で現在地と鬼ヶ島の文字は確認できる。
3
直進します。
2015年11月03日 09:53撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進します。
ここが分岐であるよう。
2015年11月03日 09:57撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが分岐であるよう。
こちらから。
2015年11月03日 09:57撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらから。
けっこう急な登りが続きます。
2015年11月03日 10:11撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこう急な登りが続きます。
1
六甲山第2のマザーツリーちゅうやつですね。
2015年11月03日 10:25撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲山第2のマザーツリーちゅうやつですね。
3
ここが鬼ヶ島。
今更ながら、なんで島なんやろう。
2015年11月03日 10:29撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが鬼ヶ島。
今更ながら、なんで島なんやろう。
3
水無山へ進みます。
2015年11月03日 10:46撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水無山へ進みます。
水無山の手前あたりで唯一眺望が開けているところがありました。
2015年11月03日 11:04撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水無山の手前あたりで唯一眺望が開けているところがありました。
1
水無山
2015年11月03日 11:05撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水無山
1
水無山と高尾山の鞍部。
2015年11月03日 11:10撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水無山と高尾山の鞍部。
1
なるほど、先の鞍部は水無峠ということか。
2015年11月03日 11:24撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるほど、先の鞍部は水無峠ということか。
高尾山
2015年11月03日 11:27撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山
1
最高峰から続く稜線が見えてます。
2015年11月03日 11:42撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰から続く稜線が見えてます。
湯槽谷山と湯槽谷峠の分岐。
ここから極楽茶屋跡へ向かうんですが、
2015年11月03日 11:44撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯槽谷山と湯槽谷峠の分岐。
ここから極楽茶屋跡へ向かうんですが、
直ぐみたいなんで湯槽谷山をピストンします。
2015年11月03日 11:44撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐみたいなんで湯槽谷山をピストンします。
湯槽谷山
2015年11月03日 11:49撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯槽谷山
1
分岐に戻って、極楽茶屋跡方面へ。
2015年11月03日 11:52撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に戻って、極楽茶屋跡方面へ。
こちらが湯槽谷峠なのかな。
2015年11月03日 11:58撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが湯槽谷峠なのかな。
この先が番匠屋畑尾根ちゅうわけか。
2015年11月03日 11:59撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先が番匠屋畑尾根ちゅうわけか。
1
こちらで長い目の休憩を。
2015年11月03日 12:33撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらで長い目の休憩を。
極楽茶屋跡
2015年11月03日 12:56撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽茶屋跡
2
京阪神間方面が眺めやれまして。
2015年11月03日 12:58撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京阪神間方面が眺めやれまして。
2
石切道って歩いたことがないはずなんで、予定を変更してここから五助堰堤辺りに出て、岡本駅へ降りるべく更に打越峠方面へ回りこんで下山しました。
2015年11月03日 13:21撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石切道って歩いたことがないはずなんで、予定を変更してここから五助堰堤辺りに出て、岡本駅へ降りるべく更に打越峠方面へ回りこんで下山しました。
5

感想/記録

最近よく耳にする鬼ヶ島へ行ってみるべく、いつになく有馬側からアプローチする。
有馬方面って、会の歩荷訓練にて芦屋川駅〜一軒茶屋〜有馬までもしくはピストンするばかりで、以外では足を向けたことがなかったり。実は有馬三山というのも歩いていません。

最近は遠出する際、磁北線入りの地形図も持ち出すようにするものの、六甲でだと会で読図講習する折くらい。
マイナールートということなので、今回は磁北線を入れた二万五千分の一の地形図も用意して臨むもルートはけっこう明瞭でした。
まあ、地形図と見比べながら歩いてみると、わかりやすかったんで良かったんですが。

私が所持する2008年版の山と高原地図には鬼ヶ島の表記があるのみでルートは記載されてません。ヤマプラを見てみますと水無川沿いあたりから破線になりますも、ルートが記されています。現行版の地図だと記載されているのかな。
水無山についてはどちらにも表記なしか。
いずれにしても、地図は破れてボロボロ、そろそろ新しいのに買い替えねば。

阪急を利用すれば芦屋川駅までは30分もかからず、休日は少しの暇があれば出向いているものの、同じところばかり。
これからの時期、六甲は歩きやすいんで、地形図を眺めながら名前の表記がない小ピークを巡ってみたら面白いかも。
訪問者数:251人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ