ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 763817 全員に公開 ハイキング大峰山脈

白屋岳の狩猟区域に迷い込んだ?・・・・西河〜青根ヶ峰

日程 2015年11月15日(日) [日帰り]
メンバー ta_chanm
天候曇り〜小雨少々
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間42分
休憩
36分
合計
3時間18分
Sスタート地点08:2710:14青根ヶ峰10:5011:45スタート地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログは往路のみ
コース状況/
危険箇所等
先ず白屋地区(廃村)は鹿除けゲートありますが手で開閉可能です
が、本日より狩猟解禁のため猟銃持った人がたくさん入り込むようです
何が危険って、銃で撃たれることほど危険なものはない!!!!
歩くには登山道なので危険はありません!!!!!!!!!!!
その他周辺情報狩猟解禁されたなら猟師でない一般人が入れる区域である以上、行政(警察)が告知するべきではないでしょうか?
偶然猟師に声掛けされなかったら、なにも知らないまま登山道を歩いていて散弾銃で撃たれていたかもしれません☠
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

朝7時過ぎの白屋地区(廃村)です
住民は居ないので、豪華なブリッジは私のように他所から訪問した者が渡るために在ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝7時過ぎの白屋地区(廃村)です
住民は居ないので、豪華なブリッジは私のように他所から訪問した者が渡るために在ります
6
ダム湖の反対側です
この坂道は旧道ですね(現:通行止め)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダム湖の反対側です
この坂道は旧道ですね(現:通行止め)
1
そしてこちらへ旧道は繋がっていた模様
いずれにせよ、ダム湖に沈んでいます・・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてこちらへ旧道は繋がっていた模様
いずれにせよ、ダム湖に沈んでいます・・・・
1
幻想的な画となりました
登ろうと靴ひもを締めて準備していたら、猟師に声掛けされました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的な画となりました
登ろうと靴ひもを締めて準備していたら、猟師に声掛けされました
9
散弾銃で撃たれるのは御免なので白屋岳登りは断念!
帰る前に住人の居なくなった廃村を撮影します
悲しい画です、いつ来ても気分が沈みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
散弾銃で撃たれるのは御免なので白屋岳登りは断念!
帰る前に住人の居なくなった廃村を撮影します
悲しい画です、いつ来ても気分が沈みます
1
R169から入ってすぐの山幸彦てくてく館?
道の駅ぽいが、そうではない?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R169から入ってすぐの山幸彦てくてく館?
道の駅ぽいが、そうではない?
1
そのまま林道を行けるとこまで行ってやれと、アスファルト道がそのまま登山道に変化するところまで突っ込みました 笑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま林道を行けるとこまで行ってやれと、アスファルト道がそのまま登山道に変化するところまで突っ込みました 笑
ちゃんとしたところへ停めます(当たり前!)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちゃんとしたところへ停めます(当たり前!)
1
約3キロ・・・・
1時間程度で行けるかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約3キロ・・・・
1時間程度で行けるかな
歩き易そうで安心
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き易そうで安心
3
右下からずっとせせらぎを聞きながら歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右下からずっとせせらぎを聞きながら歩きます
1
また上部からも来ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また上部からも来ます
4
マガリ谷口らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マガリ谷口らしい
トビロ谷出合らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トビロ谷出合らしい
渡りますが、鉄板がフワフワなので怖いです〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡りますが、鉄板がフワフワなので怖いです〜
2
この木製橋上はすごく滑ります
ずっと降雨だったので濡れているというより、水をたっぷりと吸い込んだ木なんです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木製橋上はすごく滑ります
ずっと降雨だったので濡れているというより、水をたっぷりと吸い込んだ木なんです
3
Uターンに近い形で曲がります
ここからはすこし急登りとなります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Uターンに近い形で曲がります
ここからはすこし急登りとなります
1
あの天辺が青根ヶ峰ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの天辺が青根ヶ峰ですね
3
いま歩いてきた斜面
離れて眺める方がキレイです(綺麗というほどでもないか)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いま歩いてきた斜面
離れて眺める方がキレイです(綺麗というほどでもないか)
4
林道に合流するようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に合流するようです
車道に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道に出ました
向かい側の階段を上がれと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かい側の階段を上がれと
たぶんあの上が青根ヶ峰のはず!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶんあの上が青根ヶ峰のはず!
1
ああ、こういう感じだったな、と
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、こういう感じだったな、と
4
前回、金峯神社から来たのは右からです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回、金峯神社から来たのは右からです
1
しとしと降っています
上の庇様なのは傘です
湯も沸かさずにふつうにおにぎり3個と出汁巻き・漬物と水で食事済ませました
降雨ではこういう制約があるから辛いですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しとしと降っています
上の庇様なのは傘です
湯も沸かさずにふつうにおにぎり3個と出汁巻き・漬物と水で食事済ませました
降雨ではこういう制約があるから辛いですね
1
自撮り!
なにかというとザックカバーがちゃんと収まっているか確認のための撮影です
決してザックカバーを記念撮影したかった訳ではありません!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自撮り!
なにかというとザックカバーがちゃんと収まっているか確認のための撮影です
決してザックカバーを記念撮影したかった訳ではありません!!
3
淡々と歩いてどうにか戻りました
1時間以内で戻りましたよ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡々と歩いてどうにか戻りました
1時間以内で戻りましたよ〜
1

感想/記録

先週は大又林道まで進み、降雨を考慮して勇気ある撤退したので今日は2週間ぶりの歩きとなります。

先ず、タイトルなんですが今日は好天でもないため白屋岳でも上がろうと行きました。
クルマ走行中も、歩き出す準備している間も雨は降りそうにないのできちっと靴紐を結んでいたら1台のクルマが上がって来ました。
まあ、誰か登りに来たんだろうと思ったが向こうから声掛けしてきました。
「兄ちゃん、猟師か?」
「は??」「兄ちゃん猟師ちゃうんか?」
「いや、登ろうかと思ってるが」
「今日から猟解禁になって、訳解からん奴居るから気を着けなあかん」
「イノシシかなにか?」「いやシカや」
「食べるんじゃなく、(害獣?)・・・・」
「いや食べる!」
「今日からということは、たくさん来るんじゃない?」
「そうや、そんな目立たない服(黒色ジャージ!!)は危ないからオレンジ色羽織っていかな」
「この上は水色しかないな」
「俺は引き金引くときは何度も確認している」
助手席には猟銃が置いてあった!
「これも下(白屋地区までの道)で持ってたら捕まるけど、柵の中(鹿除けゲート内方)やから出してるんや」
「初めて本物の銃を見るわ! 登山道歩いていても危ないか?」
「なにしよるか判らんのが居るからな」「明るい色着て、気付けて行きや」
「ああ、おおきに」
というやりとりしましたがな!!!!

こんな会話して「さあ、気にせず行こか」には成れません!
暫く立ち止まり「どうしようか」・・・・「止めよ!」
登山靴履いたままで、すぐに白屋集落から出ることにします。
じゃあ、かわりにどうすべ?
仕方ない、五條市まで戻りダイトレでも歩こうかとクルマを走らせます。
降雨覚悟でココまで来たが、こういう形での撤退って無いんじゃない?

R169を走らせていてふと「←大峯奥駈道・・・」「←・・・登山口」??
ん? なんか登山口ってあるぞ!?
地図見てUターンしてそちらへ入って行きます。
どうやら青根ヶ峰(大峯奥駈道)へのルートがあるようです。
吉野から順峯で歩いたことのある区間ですが、まあこういうルートで歩くことは今後二度とないというか、初めての歩きなのでチャレンジします。
クルマで行けるとこまで行ってしまおうと本当に、クルマが通れない道幅になるまで突き進みました〜\(^o^)/
さすがにそのままバックして戻りました〜〜〜 なにしてんだか!!!

歩き出しますが、今日は渓谷歩きではないがそういう雰囲気のままでずっと進みます。
登山道はしっかりしているし、表示もあるしでほとんど確認しないでも歩けます。
まあ今日は2週間ぶりなので、急登・長距離は無理だろうしなにより明日は仕事だからあまり時間を掛けないつもりです。
結果的にはそれほど急登ないし、全6キロ3時間程度の散歩でしたね。
1週抜くと歩きに厳しさを感じてしまい、なるべく楽しようとか直ぐに舞い戻ろうとか考えてしまいます。

今日は狩猟区域に入ってしまったが、ちゃんとした猟師に声掛けしてもらえ「今日も生きて帰れたな」を久々に味わいました。
今後のこともあるので、狩猟区のことを調べます。
っていうか、皆さんはそんなこと十分に知り得ているんですか?
私だけが、安易に何も考えていないんですか?
こういう危険があるというのを、身をもって今日初めて感じましたが。

貴重な経験ですが、やはり物騒ですね。
訪問者数:250人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2015/11/16 22:42
 ご無事で何よりです
ta_chanmさん、こんばんは。

狩猟ですか。
付近の住民には回覧板とかでもちろん連絡しているんでしょうけど、
登山する人の家までは回覧板は回ってこないですもんね。

私も去年に弥山から八経ヶ岳までの間で銃声を何回か聞きました。
怖かったですね。猟師の声も聞こえましたからそんな遠くでも
なかったはずです。
冬の三峰山の避難小屋でも銃を持った人を見かけたことがあります。

登山口や駐車場には告知のポスター等を貼っておいて欲しいですね。

でも日曜日に山歩きは珍しい!
やっぱり2週も空くと体がウズウズしますよね。
登録日: 2013/11/16
投稿数: 260
2015/11/17 4:56
 Re: ご無事で何よりです
おはようございます! 朝5時前ですが・・・・。

私にとってはいま巷では流行りのルーティンなんですね。
ふつう月曜日から金曜日まで仕事するのがルーティンであり、土曜日になれば山へ向かうこともルーティンなんですね。
でも五郎丸のように儀式はしません!

猟銃初めて目にしました。
狩りも銃も否定しませんが、自分が撃たれる可能性があるということにかなり引っ掛かります。
また猟師と一般人(?)の声掛けの方法とかもないのでしょうか?
なにか「〇〇!」と声掛けし、「△△」と答えれば問題なしとか。
答えないから撃たれたというのは論外で、「△△」はお互いが敵じゃないぞという意味での声掛けが存在すればいいと思うが。
こういうのもルーティン(習慣)になってほしいです。

ちなみに次回は土曜日はまたまた留守番です orz
しかし翌日曜日は大手を振って出掛けますよ〜
3連休の中日だから早出しないとね。
どこがいいかな?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ