ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766771 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒 黒戸尾根 ピストン

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー take217
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白川渓谷駐車場
前日22:00時点で1台のみ、帰着時には半分ほど
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間47分
休憩
1時間21分
合計
12時間8分
S尾白川渓谷駐車場04:4504:50竹宇駒ヶ岳神社06:23笹の平分岐06:3007:36刃渡り07:51刀利天狗08:24五合目小屋跡08:29屏風小屋跡08:3009:11七丈小屋09:56八合目御来迎場09:5711:16甲斐駒ヶ岳12:0012:29八合目御来迎場13:02七丈小屋13:0713:48屏風小屋跡13:4913:53五合目小屋跡13:5414:20刀利天狗14:3014:49刃渡り15:29笹の平分岐15:4016:39竹宇駒ヶ岳神社16:53尾白川渓谷駐車場16:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
少し修正
コース状況/
危険箇所等
暗いうちは、駐車場から神社、吊り橋まで少し分かりにくいかも。駐車場から、日向山登山口の方へ行かないように。神社を正面に左手の脇を進むと吊り橋あり。
分岐までは落ち葉が多く、迷うことはないかと思うがこまめに確認した方が良いかと。分岐まではとにかく長い…飽き性には辛かった…
分岐からが、これまた長い。誰にも会わなく心細くなっていたら、めっちゃ大きな鳥が藪の中から飛んで行ってビビった。何だったんだろう??
刃渡りからは、展望もきいたりはしごや鎖場あったりで面白くなってくる。刃渡りは、濡れてたり凍ってなければ大丈夫。問題なし。むしろ問題なのは、黒戸山巻いてから五合目小屋まで下ること。登りはまだいいが、下山時に登らなきゃいけないのが…
五合目小屋から、一登りすると七丈小屋へ。水出てました。
小屋からは、後ろに八ヶ岳を眺めながら着々と標高を稼いでいきます。山頂までの間に、一か所か二か所ほど少し難しい岩場ありますが、鎖をうまく使えば大丈夫でしょう。
11月下旬と言うことで雪あるかと思いアイゼン持っていきましたが、ほとんどありませんでした。雪も氷も申し訳程度にほんの少し岩陰などに残っているだけ。アイゼンは、全く出番なし。トレーニングの為の重りでした。気温も高く、動いていれば暑いほど。風当たると少し寒いですが、強風ではありませんでした。おかげで山頂で1時間ほどゆっくりして下山へ。
下山は、分かってはいても長い。。。とにかく長い。。。

もし、雪や氷が残っている状況であれば私みたいな初心者(どこまでが初心者で、どこからが中級者かは分かりませんが...)には、アイゼンがあっても厳しいと思います。今後の天候には十分注意してください。
また、七丈小屋まででも人によっては時間がかかることも想定されます。小屋到着16:00までらしいので注意してください。
その他周辺情報尾白の湯
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アルパインウェア ダウンジャケット インナー(上) インナー(上 予備) 防寒着(上) パンツ インナー(下) インナー(下 防寒着(下) ニット帽 フェイスマスク ネックウォーマー インナーグローブ アウターグローブ 靴下 タオル サングラス 登山靴 アイゼン ザック ファーストエイドキット エマージェンシーシート 地形図 コンパス 携帯電話 携帯電話用充電器 カメラ ヘッドライト 電池 バーナー ガス缶 コッヘル マグ 昼食 行動食兼非常食 飲料 ナイフ 石付ライター
備考 多すぎ、何でもかんでも持っていくものじゃない。
水4L持っていって、2.5L消費、バカみたい…

写真

吊り橋、神社左側から
2015年11月21日 04:52撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋、神社左側から
吊り橋
2015年11月21日 04:52撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋
尾根道
2015年11月21日 06:19撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道
横手との分岐、ここまで長い…
2015年11月21日 06:23撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横手との分岐、ここまで長い…
日の出ですね
2015年11月21日 06:28撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出ですね
4
長いこと笹の中を行きます
2015年11月21日 06:44撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長いこと笹の中を行きます
1
表情変わって、苔むした道になります
2015年11月21日 07:38撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表情変わって、苔むした道になります
2
左手に鳳凰
2015年11月21日 07:41撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に鳳凰
1
いい天気、11月下旬なのに寒くない
2015年11月21日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気、11月下旬なのに寒くない
1
鳳凰と富士
2015年11月21日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰と富士
刃渡り、凍っていたり濡れていなければ危険ではない
2015年11月21日 07:44撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡り、凍っていたり濡れていなければ危険ではない
1
黒戸尾根からの八ヶ岳は素晴らしい
2015年11月21日 07:45撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒戸尾根からの八ヶ岳は素晴らしい
4
甲府盆地は雲の中
2015年11月21日 07:45撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲府盆地は雲の中
梯子が出てきます、とてもよく整備されています
2015年11月21日 07:54撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子が出てきます、とてもよく整備されています
また樹林帯
2015年11月21日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また樹林帯
山頂手前
2015年11月21日 10:48撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前
1
北の北まで見えました
2015年11月21日 11:11撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の北まで見えました
2
八ヶ岳
2015年11月21日 11:11撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳
1
北岳方面
2015年11月21日 11:13撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳方面
1
鳳凰と富士
2015年11月21日 11:15撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰と富士
5
撮影機材:

感想/記録

とても11月の2900mとは思えないような、天気でした。
心配していた雪も氷もなく、無事に山頂まで。少し雪があることを期待していたので残念でしたが、もし雪や氷が岩についていれば私には登れなかったと思います。
周回コースで、一日の累計標高差2500行けたので大丈夫だと思い黒戸尾根に来ましたが、ピストンと周回では違いました。キツカッタ。これだけ登りが続いて、下りが続くとさすがに足にきますね。
長いとは聞いていた黒戸尾根ですが、想像以上に長かった。神社から刃渡りの間が、飽き性には辛かったです。
ただ、上に出れば北から八、富士、鳳凰に北、中央に御岳とまさに360°の展望でした。また行きたい場所ですね。

途中、ソロの方に声かけられて上まで良いペースで連れて行って頂きました。最後まで一人だったらもっと遅くなってしまったでしょう。ありがとうございました!!
訪問者数:505人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 鎖場 ピストン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ