ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768368 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20151123 風吹岩 - 金鳥山 - 八幡谷 - ツブレ池往復、ヤマレコの練習

日程 2015年11月23日(月) [日帰り]
メンバー toshi_a_2014
天候
アクセス
利用交通機関
徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間36分
休憩
3分
合計
2時間39分
S岡本八幡神社09:2209:27日栄橋09:29八幡谷 - 金鳥山ルート入口の小屋09:39座福ケ原堰堤09:54進めない脇道の分岐10:00ツブレ池分岐10:14旧金鳥山ステーション跡休憩所10:38風吹岩10:4010:57旧金鳥山ステーション跡休憩所11:08ツブレ池分岐11:25倒木脇を左へ下るところ11:27ツブレ池11:2811:32倒木脇を右へ進むところ11:40ツブレ池分岐12:01岡本八幡神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
金鳥山 - 八幡谷ルートとツブレ池との間の行き来は、ツブレ池側からの登り道はわかりにくい。金鳥山 - 八幡谷ルートからツブレ池の方へ下りる方がわかりやすい。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 サブザック 非常食 飲料 保険証 携帯 時計 タオル

写真

岡本八幡神社の左上へ登ります(保久良神社西側、裏参道へは、右の橋を渡ってすぐの公園を通ります。)
2015年11月23日 09:22撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岡本八幡神社の左上へ登ります(保久良神社西側、裏参道へは、右の橋を渡ってすぐの公園を通ります。)
5 分登ると日栄橋、渡って左上へ登ります。
2015年11月23日 09:27撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5 分登ると日栄橋、渡って左上へ登ります。
八幡谷 - 金鳥山ルートの入口。奥に小屋が見えます。
2015年11月23日 09:29撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷 - 金鳥山ルートの入口。奥に小屋が見えます。
1
堰堤(座福ケ原堰堤とその下の副堰堤)の下の分岐。奥の二本の木と手前の木の間を左へ登ります。これはこの堰堤を越えるための巻き道のようです。直進する踏み跡もあり、多分、直登できると思われます。
2015年11月23日 09:35撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤(座福ケ原堰堤とその下の副堰堤)の下の分岐。奥の二本の木と手前の木の間を左へ登ります。これはこの堰堤を越えるための巻き道のようです。直進する踏み跡もあり、多分、直登できると思われます。
座福ケ原堰堤のきわに直登路の登り切りと思われる踏み跡があります。
2015年11月23日 09:37撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
座福ケ原堰堤のきわに直登路の登り切りと思われる踏み跡があります。
1
座福ケ原堰堤のすぐ上、左へ曲がって登ります。前方は鉄塔巡視道が反時計回りに 1 周して合流してくる道です。
2015年11月23日 09:39撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
座福ケ原堰堤のすぐ上、左へ曲がって登ります。前方は鉄塔巡視道が反時計回りに 1 周して合流してくる道です。
八幡谷 - 金鳥山ルートの途中の鉄塔。
2015年11月23日 09:51撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷 - 金鳥山ルートの途中の鉄塔。
一番下の視界が開けるところと、2 回目に視界が開けるところ(最も視界が開ける)の間のプラスチック階段。一昨日、昨日と分岐(写真中央左へ)を見つけたところです。帰路に入ってみましたが、3 分ほど進んで、奥のピンクテープの先へ 10m ほど行ってみましたが、その先は急な斜面で滑り、下は岩の崖のようで、進めません。
2015年11月23日 09:54撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番下の視界が開けるところと、2 回目に視界が開けるところ(最も視界が開ける)の間のプラスチック階段。一昨日、昨日と分岐(写真中央左へ)を見つけたところです。帰路に入ってみましたが、3 分ほど進んで、奥のピンクテープの先へ 10m ほど行ってみましたが、その先は急な斜面で滑り、下は岩の崖のようで、進めません。
2 番目に視界が開けるところ。斜面の左端を進みます。
2015年11月23日 09:55撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2 番目に視界が開けるところ。斜面の左端を進みます。
振り返って市街地を撮影。
2015年11月23日 09:57撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って市街地を撮影。
1
登るとすぐに左への分岐(ツブレ池分岐)があります。木に赤の塗料で何か描いてあるのと、ピンクテープが目印です。
2015年11月23日 09:59撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るとすぐに左への分岐(ツブレ池分岐)があります。木に赤の塗料で何か描いてあるのと、ピンクテープが目印です。
1
ツブレ池分岐の奥をのぞいています。帰路にツブレ池に向かうことにします。
2015年11月23日 09:59撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツブレ池分岐の奥をのぞいています。帰路にツブレ池に向かうことにします。
分岐の少し上から見下ろします。下山の場合は、写真下中央から左奥へ下ります。右側に 2 - 3 本のピンクテープがあり、分岐の入口の目印になります。
2015年11月23日 10:01撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐の少し上から見下ろします。下山の場合は、写真下中央から左奥へ下ります。右側に 2 - 3 本のピンクテープがあり、分岐の入口の目印になります。
一番上の視界が開けるところにさしかかります。右は斜面で視界が開けるところ。中央の木のすぐ左は藪に分け入る道があります。この先で合流するようです。
2015年11月23日 10:04撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番上の視界が開けるところにさしかかります。右は斜面で視界が開けるところ。中央の木のすぐ左は藪に分け入る道があります。この先で合流するようです。
視界のよい斜面の左端を進んで、中央の 2 本の細い木の間に進みます。
2015年11月23日 10:05撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界のよい斜面の左端を進んで、中央の 2 本の細い木の間に進みます。
振り返って撮影。左の斜面の端を進んできました。右側に藪から出てくるような踏み跡があります。
2015年11月23日 10:05撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って撮影。左の斜面の端を進んできました。右側に藪から出てくるような踏み跡があります。
金鳥山への道標(黒色)です。登りですので、左手側にあります。
2015年11月23日 10:10撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金鳥山への道標(黒色)です。登りですので、左手側にあります。
1
風吹岩から眺める大阪湾。途中は省略しています。
2015年11月23日 10:38撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩から眺める大阪湾。途中は省略しています。
1
旧金鳥山ステーションの西側を下山します。先ほどの道標(黒色)の下に、もう一つ道標(緑色)が右手にあるのに気づきました。
2015年11月23日 11:05撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧金鳥山ステーションの西側を下山します。先ほどの道標(黒色)の下に、もう一つ道標(緑色)が右手にあるのに気づきました。
2
裏は金鳥山上りと書かれています。
2015年11月23日 11:05撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏は金鳥山上りと書かれています。
1
ツブレ池分岐に来ました。下りですので右手にある分岐の目印の木に何か書かれています。
2015年11月23日 11:09撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツブレ池分岐に来ました。下りですので右手にある分岐の目印の木に何か書かれています。
分岐へ入って進みます。
2015年11月23日 11:09撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐へ入って進みます。
トラバース道です。
2015年11月23日 11:10撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道です。
まっすぐな木があります。目印に覚えておきます。
2015年11月23日 11:12撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まっすぐな木があります。目印に覚えておきます。
左手に鉄塔が見えてきました。
2015年11月23日 11:13撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に鉄塔が見えてきました。
写真手前下から進んできました。鉄塔は左手の明るい方、トラバース道は、右手への暗い方で、この写真では、右下の角のところを右へです。
2015年11月23日 11:13撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真手前下から進んできました。鉄塔は左手の明るい方、トラバース道は、右手への暗い方で、この写真では、右下の角のところを右へです。
鉄塔への分岐から鉄塔までは、歩いた感覚では約 15m くらいでしょうか。鉄塔の周り、西 - 北 - 北東の辺にはピンク色のひもが張られています。その下の北の方にピンクテープ 2 本や、白いビニールシートで包まれた資材を積んだようなもの 2 ケが見えますが、そちらには行けない、というか行くなということでしょう。
2015年11月23日 11:15撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔への分岐から鉄塔までは、歩いた感覚では約 15m くらいでしょうか。鉄塔の周り、西 - 北 - 北東の辺にはピンク色のひもが張られています。その下の北の方にピンクテープ 2 本や、白いビニールシートで包まれた資材を積んだようなもの 2 ケが見えますが、そちらには行けない、というか行くなということでしょう。
鉄塔から 15m 戻り、分岐を北(鉄塔からの戻りでは左)へ、ツブレ池の方へ進みます。
2015年11月23日 11:18撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔から 15m 戻り、分岐を北(鉄塔からの戻りでは左)へ、ツブレ池の方へ進みます。
ピンクテープが要所にあります。
2015年11月23日 11:18撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクテープが要所にあります。
下りにさしかかります。写真(ピンぼけ)下中央から右に進んで中央左奥へ下ります。
2015年11月23日 11:21撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りにさしかかります。写真(ピンぼけ)下中央から右に進んで中央左奥へ下ります。
右左と数 m ずつ折り返しながら下り、前方に倒木が見えてきました。この倒木のところは、左へ下ります。ピンクテープ 2 - 3 本が目印です(帰りの上りは、この倒木を見て、登りですから右手に見えるピンクテープの方へ登ります。以前、ツブレ池側から登ろうとして、この倒木を越えて直登しようとして、迷って引き返したことがあります)。
2015年11月23日 11:22撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右左と数 m ずつ折り返しながら下り、前方に倒木が見えてきました。この倒木のところは、左へ下ります。ピンクテープ 2 - 3 本が目印です(帰りの上りは、この倒木を見て、登りですから右手に見えるピンクテープの方へ登ります。以前、ツブレ池側から登ろうとして、この倒木を越えて直登しようとして、迷って引き返したことがあります)。
さらに折り返しながら下ります。
2015年11月23日 11:24撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに折り返しながら下ります。
小岩がゴロゴロしたルート上に落ち葉が積もり、滑りやすい。ここは、写真下手前から左へカーブ。
2015年11月23日 11:25撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小岩がゴロゴロしたルート上に落ち葉が積もり、滑りやすい。ここは、写真下手前から左へカーブ。
さらに下って
2015年11月23日 11:26撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに下って
ツブレ池に出ました。
2015年11月23日 11:27撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツブレ池に出ました。
1
一人橋(一人ずつ渡るようにと書かれています)。ここを渡って左上に登れば、すぐ八幡谷尾根ルートがあります。
2015年11月23日 11:27撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一人橋(一人ずつ渡るようにと書かれています)。ここを渡って左上に登れば、すぐ八幡谷尾根ルートがあります。
八幡谷 - 金鳥山ルートの方へ引き返します。写真下手前から、左手にツブレ池を見ながら、右へ。
2015年11月23日 11:28撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷 - 金鳥山ルートの方へ引き返します。写真下手前から、左手にツブレ池を見ながら、右へ。
ツブレ池を離れるとすぐにこういう登り口になります。右上へ。
2015年11月23日 11:29撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツブレ池を離れるとすぐにこういう登り口になります。右上へ。
この木を越えて、
2015年11月23日 11:29撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木を越えて、
写真下手前から左へカーブ。
2015年11月23日 11:30撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真下手前から左へカーブ。
このような登り道を 3 - 4 分ほど登ります。前方に倒木が見えます。
2015年11月23日 11:30撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような登り道を 3 - 4 分ほど登ります。前方に倒木が見えます。
先ほどのピンクテープが右手に見えます。右を見るとトラバース道が見えます。倒木の方へは行かないように。
2015年11月23日 11:32撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどのピンクテープが右手に見えます。右を見るとトラバース道が見えます。倒木の方へは行かないように。
帰りの登り道はこんな感じに見えます。
2015年11月23日 11:37撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの登り道はこんな感じに見えます。
前方に八幡谷 - 金鳥山ルートが見えてきました。今日の記録はここまでです。
2015年11月23日 11:40撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に八幡谷 - 金鳥山ルートが見えてきました。今日の記録はここまでです。

感想/記録

八幡谷 - 金鳥山ルートとツブレ池との行き来は、八幡谷 - 金鳥山ルートから行った方がわかりやすい。過去 2 回、ツブレ池から登ろうとして、倒木脇を右へ進むトラバース道がわからずに迷った。
訪問者数:126人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ