ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 773533 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

宝剣岳

日程 2015年11月29日(日) [日帰り]
メンバー kei23776(SL), yuki24d(CL), inattisachiyo-shinocodaigakuchancerrokazu1043kawamitu, その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.7〜1.8(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間20分
休憩
2時間22分
合計
5時間42分
S千畳敷駅09:4210:47極楽平11:17サギダルの頭11:1811:31三ノ沢分岐13:1713:20サギダルの頭13:2113:28極楽平13:55千畳敷駅14:2914:59北御所登山道入り口バス停15:22菅ノ台バスセンター・駐車場15:23駒ヶ池バス停15:24菅ノ台バスセンター・駐車場15:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【11/28(土)】20:30三ノ宮、JR尼崎⇒29日1:00菅の平バスセンター駐車場(幕営)
【11/29(日)】6:30起床、8:15菅の平バスセンター駐車場⇒9:10千畳敷駅(装備整え)→9:40千畳敷駅出発→10:45極楽平→11:15サギダルの頭→13:20三の沢分岐→13:30極楽平→13:55千畳敷駅⇒15:00北御所登山口バス停⇒菅の平バスセンター
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

山行の無事を祈ります。
2015年11月29日 09:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山行の無事を祈ります。
5
稜線に出ると風が強くなった為、アイゼンとバラクラバを付けます。
2015年11月29日 10:48撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると風が強くなった為、アイゼンとバラクラバを付けます。
4
さて、誰でしょう?
2015年11月29日 11:35撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、誰でしょう?
1
残念ながら時間切れで、宝剣岳登頂ならず。
2015年11月29日 12:37撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら時間切れで、宝剣岳登頂ならず。
4
来た道を戻ります。
2015年11月29日 12:52撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を戻ります。
2
天気が良く、富士山も見えます。
2015年11月29日 13:06撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良く、富士山も見えます。
2
帰りのバスの中から撮影。
2015年11月29日 15:02撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りのバスの中から撮影。
1

感想/記録

今回は木曽駒ヶ岳は新雪が多過ぎ、滑落停止訓練には適さないということで、宝剣岳を目指すことになりました。
全く雪のない菅の平からバスに乗り、千畳敷ロープウェイを降りると、なんと一面の銀世界。もう空の青さが違う。今年もこの景色を見られてよかった。それになんと宝剣岳が目の前に! すごいぞ、ロープウェイ。このときは、今日は楽勝だと思っていました。
祠に今日の山行の無事をお祈りしてから、埋もれた登山道を、やわらかい雪に足を取られながらツボ足で登っていきます。いい雪です。
空もブルー、ピッケルであいた雪の穴もブルー。青い世界に白い富士山や八ヶ岳が浮かんで見えます。景色が最高!
登りは暑いくらいですが、稜線に出るとさすがに風が出て寒くなってきたので、ここでバラクラバ(目出し帽)とアイゼンを装着。雪に交じって岩がゴツゴツ顔を出してきました。
夏山とは感じの違う稜線をしばらく行くと、見覚えのあるピカピカの鎖が出てきました。そろそろ岩稜歩きの始まりです。アイゼンを足にひっかけないように気を付けて、鎖を持って慎重に。
危険なところにはロープを張ってもらって安全に通過。けれど手袋をつけての作業には思いのほか時間がかかりました。
寒さ対策で今年思い切って買った、あったかミトンにカラビナが噛みつきます。スリングがこんがらがります。雲も出てきて待っているのも寒くなり、はたしてどこまでいけるのかなと思いだしたころ、ここでタイムアウト。来た道を引き返しました。ちょっと残念。
次回は宝剣岳頂上にも行ってみたいし、その先にも行ってみたい。そんな気持になりました。
ただし今回のようにあんまり寒くなければ、でしょうけど。
富士山をバックにお正月用の待ち受けにする写真も撮ってもらい、良いお土産までできました。雪山はいいですね。(MU)
<コース状況>岩稜帯では雪に埋もれ、足場が分かりづらいところがあった。まったく雪のないバスセンター駐車場で幕営。楽ちんでした。
<感想>登山学校の生徒さんに混ぜてもらっての山行、とても楽しかったです。
訪問者数:556人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ