ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 775021 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿の秘境、奥の畑谷から清水の頭・雨乞岳へ、イブネも欲張って行こう!

日程 2015年11月29日(日) [日帰り]
メンバー yukisumireyoshikun1ecopaso, その他メンバー3人
天候☆曇りベース
アクセス
利用交通機関
車・バイク
☆セブンイレブン東近江永源寺店に集合、この辺りでは唯一のコンビニです。
(滋賀県東近江市青野町 4710番。電話番号:0748-27-0288)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間55分
休憩
1時間8分
合計
9時間3分
Sスタート地点07:0607:30杉谷善住坊のかくれ岩07:3207:59甲津畑、避難小屋08:10大峠分岐(仮称)08:1408:25蓮如上人旧跡08:2810:26清水頭10:2811:03南雨乞岳11:0511:15雨乞岳11:2112:11杉峠12:2512:33杉峠の頭12:3412:48佐目峠13:01イブネ13:2713:42佐目峠13:4313:55杉峠の頭14:08杉峠14:53蓮如上人旧跡15:0015:11大峠分岐(仮称)15:23甲津畑、避難小屋16:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
☆18キロ余りの長めのコース、昼間の時間も短いので早出がマストです。
☆奥の畑谷から清水の頭に詰めるコースは一般的ではありません。踏み跡やテープは薄く、途中から消えてしまいます。
☆今回は二度目でしたが、一度大きく道を間違えてしまいました。清水の頭に出るまでテープを探して回りをキョロキョロし通しです。渡渉が何度もあるのですが、渡渉ポイントに特徴が無く、ここで良かったのか?と本当に迷います。
☆目をつぶってでも歩けるようになるにはもう二三回くらい修行が必要ですね。
その他周辺情報☆一番近い日帰り温泉は・・・
永源寺温泉『八風の湯』
http://www.happuno-yu.com/eigenji/
土日祝は何と1500円ですが、噂によるとかなり豪華な施設だそうです。混雑も必至でしょうか。(値段か高いので行ったことがありません。)
モンベルカード提示で500円OFF(グループ)

☆少し離れますが・・・
クレフィール湖東内にある『至福の湯』
http://crefeel.co.jp/shifukunoyu/
土日祝は700円、ゆっくりと入れます。

☆替え麺、ライス何杯でも無料の台湾料理店『台湾美食屋 』
(滋賀県東近江市中戸町703 )
愛東マーガレットステーションの向かいにあります。平日の昼間はサラリーマンのおじさん(私も)で賑わっています。

過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

今年は何度もお世話になっています林道岩ヶ峰線の入り口です。
2015年11月29日 07:30撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は何度もお世話になっています林道岩ヶ峰線の入り口です。
3
3人の女性とは今回が初めて。途中でもう登れな〜い、歩けない、と言われたらどうしよう・・・杞憂でした。(笑)
2015年11月29日 07:31撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3人の女性とは今回が初めて。途中でもう登れな〜い、歩けない、と言われたらどうしよう・・・杞憂でした。(笑)
3
歴史好きのecopasoさんによる勉強会も随時織り交ぜて・・・
2015年11月29日 07:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歴史好きのecopasoさんによる勉強会も随時織り交ぜて・・・
2
桜地蔵、地域の人が頼りにした街道だったんですね。
2015年11月29日 08:16撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜地蔵、地域の人が頼りにした街道だったんですね。
3
蓮如上人さんの第二避難小屋の手前、このプレートを見て真っ直ぐ行かず、右にハンドルを切ります。
2015年11月29日 08:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮如上人さんの第二避難小屋の手前、このプレートを見て真っ直ぐ行かず、右にハンドルを切ります。
岩を削って道を作ったんでしょうね。
2015年11月29日 08:50撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を削って道を作ったんでしょうね。
2
何度も何度も渡渉を繰り返します。
2015年11月29日 08:54撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も何度も渡渉を繰り返します。
4
奥の畑の下部に到着、たくさん栗の木があり、この辺り畑等に使っていたのでしょう。
2015年11月29日 09:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の畑の下部に到着、たくさん栗の木があり、この辺り畑等に使っていたのでしょう。
1
目印となるものがほとんど無い沢をどんどん詰めていきます。
2015年11月29日 09:10撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印となるものがほとんど無い沢をどんどん詰めていきます。
1
奥の畑の上部、ぱっと開けます。杉の大木が一つの目印です。
2015年11月29日 09:29撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の畑の上部、ぱっと開けます。杉の大木が一つの目印です。
4
奥の畑の主「シオジの大木」
2015年11月29日 09:32撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の畑の主「シオジの大木」
4
名古屋のばんちゃんが一度ドボン!されましたが、何んとかセーフのようでした、良かった。
2015年11月29日 09:45撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名古屋のばんちゃんが一度ドボン!されましたが、何んとかセーフのようでした、良かった。
3
そうこうしている内に清水の頭のある稜線が右手に迫ってきます。さぁ、ここからは踏み跡が一切無い笹の急登を一気に登ろう。
2015年11月29日 10:16撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうこうしている内に清水の頭のある稜線が右手に迫ってきます。さぁ、ここからは踏み跡が一切無い笹の急登を一気に登ろう。
2
笹の急登の中腹辺りで振り返って大展望!!みんな大歓声でした。
2015年11月29日 10:21撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の急登の中腹辺りで振り返って大展望!!みんな大歓声でした。
1
更に更に登りますよ。雪の時期、面白いだろうなぁ。
2015年11月29日 10:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に更に登りますよ。雪の時期、面白いだろうなぁ。
2
やりました!奥の畑峠に出ました。清水の頭と南雨乞岳間、稜線の一番低い所にピッタリ、ドンピシャでした。
2015年11月29日 10:40撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やりました!奥の畑峠に出ました。清水の頭と南雨乞岳間、稜線の一番低い所にピッタリ、ドンピシャでした。
6
童心に帰るyukisumireさん、絶対にそのお歳には見えません、笑
2015年11月29日 10:42撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
童心に帰るyukisumireさん、絶対にそのお歳には見えません、笑
3
清水の頭に足を運ばないと絶対に味わえない雨乞岳の新たな一面です。
2015年11月29日 10:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水の頭に足を運ばないと絶対に味わえない雨乞岳の新たな一面です。
3
山に登ると子供に帰れますね。みんな、月曜日には小難しい顔をして仕事していることでしょう。
2015年11月29日 10:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山に登ると子供に帰れますね。みんな、月曜日には小難しい顔をして仕事していることでしょう。
6
誰かが新調したプレート
2015年11月29日 10:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰かが新調したプレート
2
ワ〜イ!
2015年11月29日 10:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワ〜イ!
3
清水の頭の大きな楽しみの一つは・・・鎌を眺めながら歩けること。
2015年11月29日 10:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水の頭の大きな楽しみの一つは・・・鎌を眺めながら歩けること。
2
南雨乞岳への急登手前から清水の頭を眺めました。綿向山がガスで見えません。
2015年11月29日 11:03撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雨乞岳への急登手前から清水の頭を眺めました。綿向山がガスで見えません。
1
雨乞岳名物?笹漕ぎ
2015年11月29日 11:31撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳名物?笹漕ぎ
4
山頂到着、モザイク加工していますが!?、みんな良い顔していますよ。
2015年11月29日 11:42撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着、モザイク加工していますが!?、みんな良い顔していますよ。
8
今度は晴れの日に来たいですね。
2015年11月29日 11:42撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は晴れの日に来たいですね。
5
大峰では雪が積もっているとのことですが、鈴鹿はさっぱり。
2015年11月29日 11:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰では雪が積もっているとのことですが、鈴鹿はさっぱり。
でも山頂部には霧氷がありました。
2015年11月29日 11:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも山頂部には霧氷がありました。
2
今日は期待していなかった。
2015年11月29日 11:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は期待していなかった。
1
こんな天気なのに山頂は登山者で一杯!杉峠でお昼ご飯としましょう。
2015年11月29日 12:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな天気なのに山頂は登山者で一杯!杉峠でお昼ご飯としましょう。
1
杉峠、あと1本になってしまいました。
2015年11月29日 12:08撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠、あと1本になってしまいました。
1
お昼タイム
2015年11月29日 12:20撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼タイム
3
さぁ、イブネへ。ガスが少し上がり国見岳と御在所岳が見えました。
2015年11月29日 12:45撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、イブネへ。ガスが少し上がり国見岳と御在所岳が見えました。
そして再び鎌も。
2015年11月29日 13:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして再び鎌も。
雪が降る前に宮妻峡から入道、イワクラ尾根を通って水沢へ。鎌がどんどん迫ってくる鎌尾根を歩きたくなってきましたよ。
2015年11月29日 13:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が降る前に宮妻峡から入道、イワクラ尾根を通って水沢へ。鎌がどんどん迫ってくる鎌尾根を歩きたくなってきましたよ。
1
イブネ
2015年11月29日 13:21撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ
2
三人さんのパワーはすごかった!
2015年11月29日 13:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三人さんのパワーはすごかった!
3
コンデジではこれが限界
2015年11月29日 13:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンデジではこれが限界
3
イブネからで無いと見ることのできない雨乞岳の全景、ガスが取れて良かった。
2015年11月29日 14:20撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネからで無いと見ることのできない雨乞岳の全景、ガスが取れて良かった。
2
モグラの仕業のようです。
2015年11月29日 14:21撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モグラの仕業のようです。
3
国見と御在所がスキッと見えて、イブネを後にしました。
2015年11月29日 14:24撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見と御在所がスキッと見えて、イブネを後にしました。
18キロのロングを歩いて乾杯!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18キロのロングを歩いて乾杯!!
4

感想/記録

☆千種街道、蓮如上人旧跡がある第二避難小屋の手前から右手に進むと、そこには奥の畑谷という扇状地状に広がったエリアがあります。昔はここで畑として土を耕し、作物を育てていたんでしょうね。

☆この奥の畑谷を詰め、清水の頭の稜線に抜ける登山道は山高地図に破線すら載っていない超マイナーなルートですが、稜線に出た時景色が360度一気に開けるあの感覚は歩けば歩くほど癖になりそうな魅力があります。

☆踏み跡がどんどん薄くなり、やがて全く見えなくなってしまう、テープも同様です。何度も何度も渡渉を繰り返し、時に方向感覚が分からなくなってしまいます。谷の広さとしてはそれ程では無く、基本右へ右への感覚で進むと清水の頭のどこかの稜線にぶつかるため、余程ガスで視界が利かないことが無い限り何とか稜線に辿りつくことはできそうですが、なかなかワイルドです。

☆自分の感覚を研ぎ澄ませて道を歩んで行く楽しみがこのルートには存在します。次は積雪時に足を踏み入れてみたいものです。

感想/記録

 また、いいルートを歩かさせて頂きました。それも賑やかに。
雨乞いの笹漕ぎですが、歩けば歩くほど楽しくなってくるものですね。
笹に滑ってすってんころりとこけましたが。
適度な距離と、高さ、漕ぎ分けるとそこに頂上があります。
 話は変わりますが、今朝の夜明け前も綺麗に月と金星の下に伊吹山、南は霊仙というシチュエーション。たまりません。齢をかさねるごとに感動多き日々に感謝!
訪問者数:607人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/7
投稿数: 543
2015/12/6 21:43
 イブネへ行く時はこのルート
こんばんは!
今回、イブネへ行こうか悩みましたが、やはり天気のいい時に行ってみたいと思い諦めました
やっぱり何度見てもいいところにみえますね

イブネへ行く時はこのルートが面白そうですね
でもyoshikun1さんがいないと迷いそうですね・・・笑

少し長いので日が長い時に行くのが理想的ですね
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1735
2015/12/6 22:06
 案内ご苦労様でした。
yoshikun1さん 今晩は。

絶景とはいきませんでしたね。
それでもこの稜線は素敵です。
奥の畑谷を苦労して登りつめた後だけに、より感じるものは
大きいですね。

概略の地形は掴まれたようなので、いよいよ積雪期が楽しみですね。
登録日: 2012/9/30
投稿数: 1142
2015/12/6 22:41
 Re: イブネへ行く時はこのルート
busanさん、こんばんはー
このコースは本当にややこしいです。
派手なテープでそこら中に巻いてやろうか❗と思うほどです。
もし快晴のときに行こうと思われたら是非❗声をかけてください。喜んでご案内します。
登録日: 2012/9/30
投稿数: 1142
2015/12/6 22:45
 Re: 案内ご苦労様でした。
こんばんはー
レコでも書きましたが、最後の笹の急登の半分まで来て振り返った時のみんなの歓声は凄かったです。奥の畑峠から空荷で清水の頭に向かう時など子供のように走り出してホント最高でした。鎌も見えましたしね🎵
積雪期が楽しみです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ