ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 776068 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

裏同心ルンゼ、石尊稜

日程 2015年12月05日(土) 〜 2015年12月06日(日)
メンバー Tomahawk, その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間53分
休憩
50分
合計
5時間43分
S美濃戸山荘06:5407:35堰堤広場07:3708:22赤岳鉱泉09:0209:07大同心沢(大同心ルンゼ)分岐09:0909:11ジョウゴ沢11:50大同心11:5612:34大同心沢(大同心ルンゼ)分岐12:37赤岳鉱泉
2日目
山行
5時間14分
休憩
1時間33分
合計
6時間47分
赤岳鉱泉05:1908:42石尊峰09:2709:29鉾岳09:3109:34日ノ岳09:4109:44二十三夜峰09:52地蔵の頭10:15行者小屋10:31赤岳鉱泉11:0911:38堰堤広場12:01美濃戸山荘12:0212:06赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

氷絶賛発達中!
今日は裏同心ルンゼへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷絶賛発達中!
今日は裏同心ルンゼへ
2
F1 ここから登攀開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1 ここから登攀開始
1
3段の滝
最後の滝からロープを出した
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3段の滝
最後の滝からロープを出した
1
赤岳鉱泉でまったり
→テントに戻って泊
2015年12月05日 16:21撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉でまったり
→テントに戻って泊
2日目取付きに近づく
コルから見えていたのは立山、剱!
2015年12月06日 07:11撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目取付きに近づく
コルから見えていたのは立山、剱!
1
翌日石尊稜1P目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日石尊稜1P目
ガイドパーティ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガイドパーティ
2P目は草付を攻める
2015年12月06日 07:11撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2P目は草付を攻める
コンテで行く
今日は天気が良い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンテで行く
今日は天気が良い!
2
後立山が見えた!
右端が五竜かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山が見えた!
右端が五竜かな
1
美しき穂高連峰!
2015年12月06日 08:31撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しき穂高連峰!
2
御嶽の存在感
2015年12月06日 08:31撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽の存在感
1
中山尾根、次回はあそこ!
2015年12月06日 08:10撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山尾根、次回はあそこ!
ポーズ取ってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ポーズ取ってます
2
3P目、こちらの支点は腐っていた
2015年12月06日 08:30撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3P目、こちらの支点は腐っていた
3P目、アンカーを自作
2015年12月06日 08:50撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3P目、アンカーを自作
1
隣に朽ちたアンカー
2015年12月06日 08:50撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣に朽ちたアンカー
もうすぐ稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ稜線
赤岳、阿弥陀見えた!
2015年12月06日 09:20撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳、阿弥陀見えた!
2
地蔵
2015年12月06日 09:51撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵
1
地蔵尾根下る
2015年12月06日 10:01撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根下る
カモシカがベロ出してた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカがベロ出してた
2
グリグリ
2015年12月06日 10:04撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グリグリ
2
あれが小同心クラックか!こちらも次回!
2015年12月06日 10:25撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが小同心クラックか!こちらも次回!
1
八にしては温かい一日でした〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八にしては温かい一日でした〜
撮影機材:

感想/記録

12/5(土)

赤岳鉱泉のFBで裏同心ルンゼが凍ったと情報を得て、意気揚々と八ヶ岳へ。
暖冬で遅くなりましたが、ようやくのウィンターシーズン開始です。
初日は美濃戸山荘まで車で入る。所々凍結しているが、4WD+スタッドレスで問題ない。これだけでもアプローチがだいぶ楽になる。

1時間半歩いて赤岳鉱泉に幕を張り、準備を済ませて裏同心へ。
アプローチに自信がなかったが、既に先行者のトレースがあり、わかりやすい。助かりました。
最初の氷結した滝でアイゼンを履き、登攀開始。
ここで先行パーティの方を追い抜いたので、本日一番乗りになりました。

F1はロープを出さずに登る。次の3段の滝も2段目までそのまま登り、やや急になる3段目からロープを出した。
リードで登り、短いのでそのまま次の滝も登る。
そこからロープをしまわずに2つ滝を越え、最後の短くやや傾斜のある滝を相方がリード、大同心横の岩壁に出る。
場合によっては小同心クラックにつなげたかったが、稜線付近は風が強く、視界も無いため、この日は断念した。
大同心稜までトラバースし、歩いて下降。
鉱泉に到着し、初日の登攀を終えた。

時間が余ったので、鉱泉でレモネードを飲みながら漫画を読み、まったり過ごす。
夕飯の豪華ラーメンを食してテントで就寝。

12/6(日)

昨晩は厳冬期用シュラフが暑いくらいで、熟睡できた。
朝食を済ませ、5時半前に予定通り石尊稜に向かう。

行者小屋に向かう道を進み急坂が始まる手前の橋で沢に入った。
トレースがあったが、どうやら前日のもののようで、先行パーティはいなかった。
沢を詰めるとそれらしい尾根が出てきたので、これに取り付く。
間もなく向かって右側にアンカーが2つ出現したので、ここから登攀を開始。
ちょうど明るくなって初めてのルートに取り付くには最高の環境だ。

1P目は岩と草付を絡めて、15mくらい上のアンカーまで伸ばす。
最初のボルトからルートを少し左に外れてしまったので、プアプロに終始し、少し緊張した。
後続の1パーティは向かって左側の草付へ、もう1パーティ(ガイドパーティ)はドライな岩場を直登していた(細かいが意外と簡単だという)。
2P目は相方が草付と木を絡めて稜線まで。
そこからコンテのまま稜線をしばらく歩いた。
この後、石尊稜では他のパーティに会わなかった。
3P目は簡単な岩からリッジに出て、雪が溜まった場所に出る。ランナーはカムで取った。
クライマーズライトに岩壁があり、その下に腐ったアンカーがあった。
直登ルートも考えられたが、リッジ側に出て、ピナクルでビレイ。
4P目は相方がリッジを登り、左側へ出て、ぐんぐんロープ一杯までを伸ばす。
フォローで登ったが、岩は最初だけであとは傾斜のない雪壁だった。
そのままリードのビレイに切り替えてもらい、少し登ると稜線に出た。

御嶽山、後立山、これまで見えなかった富士山、赤岳、南アルプス、奥秩父が見渡せ最高の展望。
山に来て良かった、と思えるような最高の週末になった。

まだ午前中だったので、赤岳主稜なら登れるかな、とも思ったが、早く帰ればそれなりのメリットがあるので、そのまま稜線を歩き、地蔵尾根を下る。
幕を畳んで、美濃戸山荘へ。
帰りの林道はかなり雪が解けていてた。
2日間通じて比較的暖かく、末端には優しい環境だったが、帰って風呂に入ると指先がジンジンした。身体、末端を大事にしながらシーズンを過ごしたいですね。



訪問者数:211人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2008/6/16
投稿数: 1261
2015/12/18 13:27
 アイスいいですね!
トマホークさん、こんにちは。
この時期限定のアイス、いいですね。
これから雪が積もっていったら、アプローチが大変になってきます。
帰りの懸垂とかの支点は、立ち木でしたか?
それとも、アバラコフとか作られましたでしょうか?
 
さて、2月末にロジャーズパスへ行く予定が決まりました。
一時期、秋山さんとこも考えましたが、ようやく催行確定されました。
タケさんがサブに付けるかどうかは参加人数次第でしょうね。
トマホークさんが豪雪で撃退された分も滑ってきますよ
いまいましいでしょう(笑)!
クマ
登録日: 2011/11/17
投稿数: 158
2015/12/20 21:51
 Re: アイスいいですね!
クマさん

返信遅れました!
雪が積もると埋まっちゃいますからね〜。
キャンモア周辺は雪が少ないからいいですよね。
場所によっては雪崩リスクがありますが。

帰りは、大同心稜を歩いて下りられました。
本当に歩きだけなので、懸垂は不要でしたよ。

ロジャースパスいいですね、、、
いまいましいですね〜(笑)!!!
タケさんはこないだロジャースパス滑ってましたよ!
今年はカナダが良いみたいですね〜。
ヤマレコ楽しみにしてます!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ